shadow

prev

next

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
昨年10月にグループ名を改名し、4人による新体制であらたなスタートを切ったTEAM SHACHI(読み方・シャチ)。そんな彼女たちが、グループの名前を冠したデビューミニアルバム『TEAM SHACHI』をリリース。4人の新たな可能性が随所に見られる、ラウドでポップな会心のデビュー作について話を聞いた。

4人体制で再スタートを切った「TEAM SHACHI」のデビュー作

写真

―― デビューミニアルバムを聴くと、音楽性がさらに広がった印象です。

咲良菜緒「TEAM SHACHIになって大きく変わった点として、『ブラス民』(TEAM SHACHIをサポートするホーン隊)が加わったんですよ」

坂本遥奈「曲を聴いたときに『○○さんっぽい曲だな。○○っぽい音だな』ってあるじゃないですか。私たちにもそういうわかりやすい特徴があったらいいよね、って話していたんです」

秋本帆華「そう。それで『TEAM SHACHIサウンドを作ろう!』ってことになって。トランペット、サックス、トロンボーンをプラスした楽曲が増えました」

大黒柚姫「あと、メンバーが作詞にたずさわったり、振り付けやプロデュースもやっていて、自分たちから積極的に発信することが増えました。私たち視点の曲がたくさん入っているので、本当にいろんなTEAM SHACHIの姿を見てもらえるアルバムになったと思います」

坂本「今回のデビューミニアルバムを聴けば、チームしゃちほこのときと比べて、こういうところが変わったんだなというのが、ほぼわかるんじゃないかな」

写真

―― そんな、みなさんの名刺がわりの1枚といえるデビューミニアルバム『TEAM SHACHI』の解説をよろしくお願いします。まずは壮大な幕開けを告げる『OVERTURE~ORCA~』。

大黒「これもメンバーの意見がかなり反映されているよね」

坂本「『後半になるにつれて盛り上がっていく感じを出したいです』とか、みんなで意見を言って、それを取り入れてもらいました」

秋本「ライブでは、すでにこの『OVERTURE』が流れていて、ブラス民がいるときは生演奏してもらってます」

大黒「ちなみに、『ORCA』はシャチの意味なんですよ」

秋本「そういえば、私たちのロゴも、金鯱から海のシャチに変わったんですよ。シャチは“海の王者”って言われていて、頂点に君臨しているんです」

坂本「最強の海洋生物なんだよね」

秋本「だから、私たちも上を目指してがんばろう!っていう意味が込められていて。あと、シャチはジャンプをするときに背中を丸めるけど、私たちのロゴは背中が反っていて。それは金鯱を意識してるんです」

写真

―― つづいては、勇ましいブラスサウンドが特徴のアッパーチューン『ROSE FIGHTERS』。秋本さんが初めて作詞に挑戦した曲ですね。

秋本「メンバー4人でそれぞれ歌詞を書いてコンペをしたんですけど、その中で私のものを選んでいただきました」

―― どんなイメージで作詞しましたか?

秋本「最初に曲を聴いたとき、私の耳がまだ慣れてなかったせいかブラスの音がすごくトゲトゲしく感じたんです。あと、メンバーがみんな20代になったので、大人の女性らしい歌詞にしたくて。その2つから連想したのが『バラ』でした。そこからメンバーをバラにたとえてみたり、メンバーカラーのバラの花言葉を歌詞に入れてみたりしました」

大黒「“FIGHTERS”には、現状に満足せずにこれからも戦い続けるんだ!という意味が込められていて、私たちの意思表明の曲でもあるんです」

坂本「ミュージックビデオもかっこいいよね」

咲良「最初はアイドルらしい可愛いリップシーンから始まるんだけど、サビになるとファイターになってカメラを殴りまくるんですよ。で、最終的に4人とも鼻血を流す、という展開に(笑)」

大黒「あのMVは、待ち合わせに遅刻してきた彼氏にブチ切れて殴ってる女の子、っていう設定で……」

咲良「え!? そうなの?」

大黒「私が、勝手にそういうイメージを浮かべながらMV撮影してた(笑)」

咲良「でも、鼻血を流したりするのは、どんなに格好つけてもどこか抜けているところがある私たちらしいな、って思います」

写真

―― 3曲目の『Hello,TEAM SHACHI』も4人全員が作詞にたずさわっていますね。

坂本「この曲は、私だったら帆華ちゃんについてラップで歌っている“他己紹介ソング”になっています」

咲良「もともと『フリースタイルラップで自己紹介したいね』って話してたんですよ。チームしゃちほこのときも、転調としてラップパートが入ることが多かったのでラップには馴染みがあって」

大黒「新幹線の移動中にみんなで歌詞を書いてたよね」

咲良「まず、その子をイメージする単語や形容詞を書き出して、それから韻を踏むためのアプリを参考にしながら歌詞を書きました」

―― スイートでポップなナンバー『グラブジャムン』は、作詞と振り付けを坂本さんが担当しています。

坂本「最初に曲を聴いたとき、イントロからハッピーでワクワクする感じが伝わってきたんです。これから何か楽しいことが始まりそうな予感がする!と思って、メンバーとみんなでお菓子パーティーを開くのをイメージしながら作詞しました」

咲良「ハル、かわいい!」

写真

坂本「それで、なんのお菓子にしようかな?って考えていて、ミルクレープとかシュークリームもいいけど、もっと頭に残るインパクトのあるお菓子ってないかな?って調べてたら、グラブジャムンを見つけたんですよ」

咲良「“世界一甘い”って言われているインドのお菓子なんだよね」

秋本「ドーナツを甘いシロップに浸けていて、試しに食べてみたんだけど、甘すぎてヤバかった!」

坂本「“甘い”のレベルを通り越えてた!」

咲良「食べる前と食べた後の血糖値を測りたかったもん」

秋本「あと、ハルが考えてくれた振り付けも可愛いよね」

坂本「アルバムのほかの曲がわりと激しめだから、女の子らしい振り付けにしたいなと思って。みんなも参加できるパーティー感がある曲なので、誰でもマネしやすいキャッチーな振り付けにしました!」

写真

―― パワフルでストレートな王道ロック『You!』は、クレジットに「story by 大黒柚姫」とありますね。

秋本「ゆずきが企画プロデュースした曲なんですよ」

大黒「ストーリーを作りました!最初にメロディをもらって、とりあえず思いついたことをダーッと書いて、作詞の小川(貴史)さんに渡して。それで、できあがった歌詞の気になるところを私が直して、という作業を繰り返して歌詞を完成させました」

―― どんなテーマがありましたか?

大黒「まず、かっこよくて、自信のある女の子を主人公にしたいと思ったんです。それが私の理想像でもあって。あと、TEAM SHACHIのライブにまだ来たことがない人たちに向けて、『来たら絶対に楽しいよ!』『ここで一緒に楽しもう!』っていう気持ちを伝えたかったです」

咲良「ほーちゃんのお気に入り曲なんだよね」

秋本「うん。歌詞のどのフレーズもポジティブで、まぶしい感じがする。とくに『同じこの瞬間は二度と来ないよ 今すぐにJoin us!』ってところが好き。楽しい気分になって、今すぐに何か一緒にやりたい!って思っちゃう」

咲良「ほーちゃん自身が、本当に前向きマンだからね(笑)」

写真

―― そして、デビューミニアルバムのラストを飾るのは『DREAMER』。新体制になって初の新曲でもあります。

坂本「早見あかりさんの主演ドラマ『イジューは岐阜と』の主題歌なんですけど、そのドラマも、新しい場所へ行って第二の人生を始めるっていうストーリーなんです。そういう意味でも、まさに今の私たちにぴったりの曲だと思う」

秋本「歌詞のどこを切り取っても共感できるんです。ステージでサビを歌っているとき、すごいゾクゾクする。『夢は夢で終わらせないよ』とかね」

大黒「ライブでもめっちゃ盛り上がるよね。お客さんとの一体感がハンパない!」

坂本「これから新しいことを始めようとしている方の背中を押せるような、そんな曲になったらいいなって思います」

写真

―― 4月6日(土)からは待望のホールツアー、『TEAM SHACHI 1st TOUR 2019~タイムトレインかなた~』がスタートしますね。

咲良「まだ詳しくは言えないけど、時間と時空、過去・現在・未来が関係してくる内容になりそうです」

大黒「タイムトレインだから“時間列車”って意味なんだけど、今回訪れるライブ会場が、各駅停車の“駅”のイメージなんですよ。列車っていろんな駅に停まるじゃないですか」

坂本「あはは。当たり前でしょ!」

咲良「というか、各駅停車じゃなくてもよくない?」

秋本「急行が停まる駅でもいい(笑)」

坂本「まとめると、私たちが時間列車に乗っていろんな場所に会いに行くよ、っていう意味です」

大黒「……と、とにかく、東名阪、東海3県と計6箇所で開催されるので、みなさんぜひ遊びにきてください!」

写真

―― 「かなた」という列車の行き先は?

咲良「それについての答え合わせはツアーでできたら。TEAM SHACHIがどこへ向かうのか、楽しみにしていてほしいです」

―― では、TEAM SHACHIになって、これからどんな夢を追いかけたいですか?

秋本「一番大きな目標は、チームしゃちほこのときから変わらずナゴヤドームで単独ライブをすることです。それと、TEAM SHACHIになって新たにできた目標として、今までやって来た日本武道館、横浜アリーナ、幕張メッセなどの会場で、もう一度ライブをすること。しかも満席でやって、チームしゃちほこのとき以上に輝きたいです!」


Writing:宮田英一郎

インフォメーション

写真
super tough盤(初回限定盤)
写真
strong energy盤(通常盤A)
写真
positive exciting soul盤(通常盤B)

ALBUM

ミニアルバム『TEAM SHACHI』

2月13日(水)リリース


<全3形態>
■super tough盤(初回限定盤)(CD+Blu-ray)
WPZL-31574/5 ¥2,315(税抜)
【CD収録曲】
01.OVERTURE~ORCA~
02.ROSE FIGHTERS
03.Hello, TEAM SHACHI
04.グラブジャムン
05.You!
06.DREAMER

【Blu-ray収録曲】
●TEAM SHACHI 全速前進 2018.10.23@Zepp Nagoya
01.DREAMER
02.よろしく人類
03.OEOEO
04.そこそこプレミアム
05.ザ・スターダストボウリング
06.BURNING FESTIVAL
07.パレードは夜空を翔ける
08.colors
09.雨天決行
10.START
11.ROSE FIGHTERS
●TEAM SHACHI 全速前進なドキュメント
●TEAM SHACHI ROSE FIGHTERS Music Video
●TEAM SHACHI Making of ROSE FIGHTERS Music Video

■strong energy盤(通常盤A)
WPCL-12994 ¥1,389(税抜)
【CD収録曲】
01.OVERTURE~ORCA~
02.ROSE FIGHTERS
03.Hello, TEAM SHACHI
04.グラブジャムン
050You!
06.DREAMER
07.TEAM SHACHI RADIO 75.8?放送中止になった伝説の回篇(2019.02.04 OA)

■positive exciting soul盤(通常盤B)
WPCL-12995 ¥1,389(税抜)

【CD収録曲】
01.OVERTURE~ORCA~
02.ROSE FIGHTERS
03.Hello, TEAM SHACHI
04.グラブジャムン
05.You!
06.DREAMER
07.TEAM SHACHI RADIO 75.8~温泉女子トーク沸騰篇 (2019.01.07 OA)



LIVE

『TEAM SHACHI 1st TOUR 2019
~タイムトレインかなた~』


■日程/会場
2019年4月6日(土)愛知・豊橋市公会堂
2019年4月7日(日)岐阜・不二羽島文化センター スカイホール
2019年4月14日(日)大阪・大阪国際交流センター 大ホール
2019年4月20日(土)東京・かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール
2019年4月21日(日)三重・亀山市文化会館 大ホール
2019年4月29日(月祝)愛知・日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール

▼特設サイト
https://teamshachi.nagoya/1st_tour/

「STARDUST WEB」にてプレゼント応募受付中!

写真
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で2名様に、直筆サイン入りチェキをプレゼント!
【応募締め切り】2019/3/4(月)12:00まで
詳しくは、下記へアクセス!!
https://fc.stardust.co.jp/pc/ticket-present/

pagetop

page top