shadow

prev

next

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
昨年10月に「チームしゃちほこ」から改名し新体制となった「TEAM SHACHI(読み方・シャチ)」が、満を持して1stシングル『Rocket Queen feat. MCU/Rock Away』をリリースする。ラウドでポップなサウンドにブラスの要素を加え、これまでにない新しい音楽の形を体現する彼女たちに、本楽曲に込めた想いはもちろん、アニバーサリーライブへの意気込みなどを聞いてきた。

私達の良さがでている曲になっているので、まずは聞いてほしいです!

写真

―― 『Rocket Queen feat. MCU』はCAPCOMの名作ゲーム「ロックマン」とのコラボ楽曲となります。最初にこのお話を聞いたとき、いかがでしたか?

咲良菜緒「絶対に嘘!って思った(笑)」

大黒柚姫「そうそう!みんな信じてなかったよね」

坂本遥奈「だってロックマンっていう名前が有名すぎて…(笑)」

秋本帆華「本当にコラボなんてできるの?って、最初は疑ってたよね(笑)。しかも、敵キャラとかでちょっとだけ出るのかなって思っていたのに、私達がメインのゲームが制作されるって聞いて、本当にうれしかったです!」

坂本「しかもロックマンとのコラボ楽曲『Rocket Queen feat. MCU』は、作詞にポルノグラフィティの新藤晴一さん、作曲に本間昭光さん、RAPにKICK THE CAN CREWのMCUさんと、本当に信じられないぐらい豪華な方々が参加してくださっています」

咲良「1stシングルとは思えない豪華さだよね。改名して私達は0才になったけど、新たな門出をいろんな方々からサポートしていただけて、ビックリするぐらいボリュームのあるシングルができました。本当に恵まれているなって思います」

秋本「しかもこの曲って、ロックマンという要素と、私達の個性でもあるラウドポップとブラスの要素が入っていて、どれも全然違うはずなのにすごく上手くまとまっているよね」

咲良「晴一さんの良さと本間さんの良さと、私達が出したい個性を上手く融合してくれているよね。今回は打ち合わせの段階から私達も入らせてもらったし、本当にプレミアムな曲になっています」

写真

―― レコーディングはいかがでしたか?

大黒「レコーディングのときは、晴一さんと本間さんが直接ディレクションしてくださったんです!」

坂本「レコーディング中に歌詞が変わったりするのは初めてだったよね」

咲良「実際にメンバーが歌ってみると、イメージと違っていたこともあったみたいで。歌詞だったり、譜割りがその場でどんどん変わっていきました」

大黒「だからこそ、より一緒に作っているって感じることができてすごく楽しかったです。その場にいる全ての人達が良いものを作ろうって力をあわせていて、それを感じることができました」

咲良「何かを変更するときに、晴一さんと本間さんの2人が、「これってどうかな?」って聞いてきてくれて、私達の意見も取り入れようとしてくださっていたのが本当にうれしかった。レジェンドな方々なのに…(笑)。私たちももっと頑張らないと!って気合が入りました」

大黒「その意見を出し合うときも、ピリピリした感じではなくて、温かい空気感の中で進めてくださったので本当に楽しいレコーディングでした」

坂本「すごい方々だから、最初は私達も緊張していたんですけど、他愛もない話をして緊張をほぐしてくださって、私達に寄り添ってくれて本当に優しい方々でした」

写真

―― 本楽曲は、長岡・米百俵フェスの特別企画として、中越高校の吹奏楽部とコラボしたMVも制作されましたね。

坂本「そうなんです!吹奏楽部の方々と一緒にMVを作らせていただきました」

秋本「学校を舞台に撮影をしたんですけど、すごい楽しかったよね」

咲良「1つのカメラで校内を巡っていく感じのMVになっています。しかもMCUさんも登場してくださっているんです」

大黒「校内をめちゃめちゃ走って撮影したよね(笑)」

坂本「高校生のみんなも堂々とパフォーマンスをしてくれて、撮影中に演出が変わることもあったのに臨機応変に対応してくれたりして」

大黒「そうそう、本当にすごかった。とにかくレベルが高くて、振りもすぐ覚えてくれて」

秋本「誰かに言われたわけじゃないのに、自主的に練習している姿を見て本当にすごいなって思いました」

咲良「プロ意識が高かったよね」

秋本「米百俵フェスでは吹奏楽部の皆さんとコラボステージをさせていただくんですけど、今から楽しみで仕方ないです!」

坂本「高校生のみんなから学ぶことが本当にたくさんあったよね」

咲良「返事の揃い方とか、移動の速さとか、集団行動の基礎を改めて学びました」

写真

―― もうひとつの表題曲となる『Rock Away』はとても耳に残りやすい楽曲ですね。

秋本「今年はこれまで恒例だった「しゃちサマ」がない分、フェスに力を入れていこうって思っていて。だからこの曲を作ってくださった日高央さんにも、フェス向けの曲にしてくださいってお話をしていたんです。ロックフェスって、私達のことを初めて見る人達もたくさんいるので、そういう人達がすぐに盛り上がれる、乗ることができる曲を意識して作っていただきました」

坂本「アー写では私達が金髪にしていたり濃いメイクをしていたりしたので、ビジュアルが公開されたときにファンの方がすごく驚いていたよね(笑)。でもそのカッコいい見た目から想像できないようなかわいい楽曲になっていて、そのギャップがすごく好評だったからうれしかったな」

写真

―― 今年はさまざまな大型フェスにバンド体制での出演となりましたが、ステージ上での感じ方に違いなどはありましたか?

大黒「これまではほとんど音源を流してライブをしていましたけど、今回はブラス民もいて、さらにギターもベースもドラムも全て生音で奏でてもらったので、全然違いました」

咲良「安心感も違いますし、後ろから爆音が鳴っているから、空気の振動を感じるんです。踊ったり歌ったりしていると、その音で背中を押される感じで私達もより自信を持ってパフォーマンスができました」

大黒「あとMCのときに、ドラムの音があるとすごい盛り上がるよね!」

坂本「あの音いいよね!バンド体制じゃないときも、MC中はドラムの音を流せるようにしてほしい(笑)」

咲良「あとベースのブンって音もカッコいいよね!」

写真

―― 以前、バンドとしてお客さんを盛り上げる方法を探しているとお話されていましたが、フェスへの出演を重ねてTEAM SHACHIなりの盛り上げ方は見つかりましたか?

一同「見つかりました!」

咲良「バンド体制で3回ライブをやってみて、見つけることができました。最初は反省する部分もあったけど、日高さんたちと相談しながらやっていくうちに、初めて私達のライブを見てくださった方達でも、受け入れやすいステージを作ることができたんじゃないかなって」

秋本「ステージから見ていても違ったよね。お客さんたちが私達のステージに入りやすくなったんだなっていうのが伝わってきた。あきらかに初めて来てくれたんだなって人達でもスッと乗ってきてくれてたし」

坂本「サマソニは本当にその空気を感じました。これまでのフェスでは、とにかく必死に盛り上げるっていう感じだったけど、TEAM SHACHIになってから考え方も変わった。ライブが終わった後に、メンバー同士で意見を言い合って、ここがこうだったよねって話すようになったし」

咲良「そうだよね。昔は「楽しかった!はい、終わり!」って感じだったけど(笑)、今はそうじゃない」

坂本「私達の意識が変わったんだって実感しました」

秋本「サマソニのライブが終わったあとに、久しぶりに全員が納得できるライブができたよねって話したよね」

咲良「サマソニは本当に納得できたライブになった。どこがどうって言葉にするのは難しいけど、いろいろ噛み合ったときにそう感じるんだなって」

坂本「そうだね。しかもそれが初見の方もいるフェスでできたっていうのがうれしい」

大黒「100点満点のライブっていうのはないと思うんだけど、その中でも私達なりのベストスコアが出せたって思えたライブだったと思います」

写真

―― そして10月4日には再びバンド体制となる「TEAM SHACHI 1stシングル発売記念プレミアムフリーライブ」も開催されます。

秋本「またできるんだよ~!うれしい!」

大黒「そうなんだよ!しかもフリーライブ!」

秋本「私達もフリーって聞いたときビックリしたよね(笑)」

坂本「フリーライブをさせてもらえるって、私達のことを信じてもらえているってことだと思うんです」

咲良「そうそう。フリーライブって、少しでも興味を持ってくれた方に来てもらいたいっていう思いがあってやっているんですけど、それと同時に、来てくれた人達を絶対にタフ民にできるっていう自信がないとやらせてもらえないと思うんです」

坂本「そうだよね。だからすごくうれしい!」

咲良「あと、今年の夏に一緒にフェスに出ていた13人でまたライブができるっていうのもうれしいです」

大黒「サマソニで出したベストスコアをまた更新したいね」

―― そして10月23日、29日、30日には、名古屋と東京で1st Anniversary Liveも控えています。

秋本「1周年ライブを3ヶ所でやらせてもらえるって贅沢だよね。私達としても、前回はホールツアーだったので、ライブハウスではどんな感じになるんだろうってワクワクしています!」

大黒「たしかにそうだよね。楽しみ!」

咲良「この1年間、私達を信じてついてきてくれたタフ民には本当に感謝しているので、信じてよかったって思ってもらえるような、安心してもらえるようなライブにしたいです。あと、これからのTEAM SHACHIも楽しみだなって思えるような、未来を見せてあげられるライブにしたいと思っています」

写真

―― 今後、TEAM SHACHIが目指すステージってありますか?

坂本「チームしゃちほこのときに、2回、武道館に立たせていただいたんですけど、あの光景をTEAM SHACHIでまた見たいです!」

大黒「超満員の武道館は本当にすごかったね」

秋本「もう一回見たい!」

咲良「武道館も新しく生まれ変わるし、ちょうどいいかも(笑)」

大黒「あとはガイシホールでもやりたい!」

秋本「やりたいね。TEAM SHACHIになってから、より地元密着というか、地元の企業とコラボしたりといろいろやらせてもらっているので、地元の方々にもっと愛されるグループになっていきたいです!」

咲良「あとはさ、もうちょっと時間が経ったらになると思うけど、「SHACHI FES」もやりたい」

大黒「やりたいね~!」

咲良「これからはアイドルという枠に縛られずに、いろんなアーティストさん達を呼んで、皆で楽しめるフェスをやっていきたいです」

坂本「あとは、海外ではブラスって受け入れてもらいやすいらしいので、海外も視野に入れていきたい!グループ名も英語だし(笑)」

写真

―― 最後に改めて、シングルの発売を楽しみにしているファンの皆さんへ向けてメッセージをお願いします。

咲良「この1枚にスタートダッシュをかけているので、タフ民は拡散をお願いします(笑)!」

坂本「そうだね(笑)。TEAM SHACHIっていう名前をまずは広めていかないと!それに、本当に良い楽曲ばかりなので、少しでも興味を持ってもらえたら、ぜひライブにも来てもらいたいです」

大黒「3曲とも全然違う種類のカッコよさを持っているので、絶対どれか1つは好きになってもらえると思います!ラウドでポップでブラスという私達の良さがでている曲になっているので、まずは聞いてほしいです!そしてライブでは、一緒に振りをやったり歌ったりもできるので、ぜひライブにもきてください!」

秋本「今回のシングルは全部で4形態あるんですけど、どれを買うか迷っちゃいますよね!?迷っている人達は、タイムトレイン盤とsuper tough盤を買ってもらえたらうれしいです!」

咲良「この2枚を買ったら、MVもライブ映像も全部観れるんです!」

大黒「すごいお得だよね(笑)!」

秋本「そうなの!でも、本当は全部買ってほしいけどね(笑)!」

一同「あはは(笑)」

秋本「でも本当に全部素敵な楽曲になっているので、聞いてもらえたらうれしいです!ぜひライブにも遊びにきてください!よろしくお願いします!」


Writing:makie enomoto

インフォメーション

写真
タイムトレイン盤[完全生産限定盤]
写真
super tough盤[初回限定盤]
写真
strong energy盤[通常盤A]
写真
positive exciting soul盤[通常盤B]

SINGLE

『Rocket Queen feat. MCU/Rock Away』

10月2日(水)リリース


<全4形態>
■タイムトレイン盤[完全生産限定盤]
CD+BD 6,000円(税抜)
WPZL-31656/7

[CD]
01 Rocket Queen feat. MCU
02 Rock Away
03 わたしフィーバー

[BD]
●TEAM SHACHI 1st TOUR 2019 ~タイムトレインかなた~ 2019.04.29@愛知・日本特殊陶業市民会館
・フル尺収録

■super tough盤[初回限定盤]
CD+BD 2,400円(税抜)
WPZL-31654/5

[CD]
01 Rocket Queen feat. MCU
02 Rock Away
03 わたしフィーバー

[BD]
●新曲ミュージックビデオ
●TEAM SHACHI「出張!冬の台場クリスマスライブ~全速前進 聖なる本編~」 2018.12.18@Zepp Tokyo
・8曲収録予定

■strong energy盤[通常盤A]
CD 1,200円(税抜)
WPCL-13101

[CD]
01 Rocket Queen feat. MCU
02 Rock Away
03 わたしフィーバー
04 レースのカーテンを揺らした(Live at 愛知・日本特殊陶業市民会館 2019.04.29)
05 明け星(Live at 愛知・日本特殊陶業市民会館 2019.04.29)

■positive exciting soul盤[通常盤B]
CD 1,200円(税抜)
WPCL-13102

[CD]
01 Rocket Queen feat. MCU
02 Rock Away
03 わたしフィーバー
04 プロフェッショナル思春期(Live at 愛知・日本特殊陶業市民会館 2019.04.29)
05 アイドンケア(Live at 愛知・日本特殊陶業市民会館 2019.04.29)



LIVE

『TEAM SHACHI 1stシングル発売記念プレミアムフリーライブ~60minutes!! TEAM SHACHI BAND Rocks You Away!~』
日時:10月4日(金) 開場 18:30 / 開演 19:30
会場:新木場STUDIO COAST
出演:TEAM SHACHI、ブラス民、日高央(THE STARBEMS / BEAT CRUSADERS)、Bunta(TOTALFAT)、MIYA

『長岡 米百俵フェス ~花火と食と音楽と~ 2019』
日時:10月13日(日)開場 9:30 / 開演11:00 / 終演予定 19:30
会場:新潟・東山ファミリーランド(新潟県長岡市栖吉町3300)
公式サイト:https://www.comefes.net/

『TEAM SHACHI 1st Anniversary Live』
日時:10月23日(水)開場 18:00 / 開演 19:00
会場:愛知・名古屋ダイアモンドホール

日時:10月29日(火)開場 18:00 / 開演 19:00
会場:東京・マイナビBLITZ赤坂

日時:10月30日(水)開場 18:00 / 開演 19:00
会場:東京・LIQUIDROOM

「STARDUST WEB」にてプレゼント応募受付中!

写真
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で2名様に、直筆サイン入りチェキをプレゼント!
【応募締め切り】2019/10/15(火)12:00まで
詳しくは、下記へアクセス!!
https://fc.stardust.co.jp/pc/ticket-present/

pagetop

page top