shadow

prev

next

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
今年4月に新体制&改名を行った6人組アイドルグループ・超ときめき♡宣伝部。そんな彼女たちがavex所属後、初となるアルバム『ときめきがすべて』を12月23日(水)にリリースする。豪華アーティストたちからの提供楽曲や、音楽ナタリーとコラボし公募した楽曲が収録されるなど、聴きどころ満載となった本アルバムについて、話を聞いてきた。

どの曲を聴いても絶対にときめいてもらえるようなアルバムです

写真
▲辻野かなみ

── まずは本アルバムに込められた想いを教えてください。

坂井仁香(以下・坂井)「このアルバムはタイトル通り、収録されている全ての楽曲がときめきで溢れているアルバムになっています。どの曲を聴いても、絶対にときめいてもらえるはず!私たち自身も、とき宣の活動をしているときが、一番ときめいています。そのときめきをすべて、このアルバムに詰め込みました!」

── リード曲となる「エンドレス」は、KANA-BOONの谷口鮪さんが楽曲提供をされていますね。この曲を最初に聴いた印象は?

杏ジュリア(以下・杏)「イントロからスッと心に溶け込んできて、「あ、いい曲…!」って思いました。歌詞も「ときめいて きらめいて」とか、私たちにちょっと当てはまる部分があったり、「かけがえのないこの時間」という歌詞もすごく好きだなぁって。このときめきをつねに心に持って、ファンの方々との絆、そしてメンバーとの絆ももっともっと深まっていったらいいなと思いました」

吉川ひより(以下・吉川)「今回初めて谷口鮪さんに楽曲を提供していただいたんですけど、私たちのことをずっと見ていてくれたんじゃないかなって思うぐらい、共感できる歌詞になっていて驚きました。私たちの心を読み取ってくれたような歌詞ばかりで、この『ときめきがすべて』のリード曲にピッタリだなと思いました」

坂井「もう本当に聴いたとき、心にときめきが溢れたし、どこの歌詞を切り取ってもしっかり自分たちにリンクするなって。きっと宣伝部員さんにもたくさん愛していただけるような曲になっていると思います」

写真
▲杏ジュリア

── 「エンドレス」のレコーディングはいかがでしたか?

菅田愛貴(以下・菅田)「レコーディングをしているときに、スタッフさんから「ライブのときのことを想像しながら歌って」って言われたんです。だから、ファンの皆さんが振ってくれる、色とりどりのペンライトのことを考えて歌いました。そうしたら「すごくよかったよー!」って言ってもらえて。ライブで披露するのがさらに楽しみになりました!この曲では、サビも歌わせていただいているので、曲を聴いた全ての人に、もっとときめいて、もっときらめいてほしいなって思っています」

杏「この曲って高い部分はすごく高くて、低い部分はすごく低かったので、レコーディングは少し大変でした。でも、歌っているときに、聴いているときとはまた違って、改めていい曲だなと感じたんです。特にひよりんが歌っている部分の、ラストに行くにつれてメロディが不規則になったり、加速したりしているところがすごく好き!だから私もライブで披露するのが楽しみなんです。ライブでしか出せない味がすごく出そうな曲だなと」

小泉遥香(以下・小泉)「この曲はKANA-BOONの谷口鮪さんに作っていただいたということもあって、すごく疾走感があってさわやかな曲です。私は普段からよくロックも聴いているので、個人的にも歌うのが楽しみでした。裏に入っているリズムにあわせてリズミカルに歌ってみたり、今までになかったメロディーラインやリズム感が新鮮で、ノリノリでレコーディングしていました(笑)」

写真
▲坂井仁香

── この曲のMV撮影は三浦海岸で行われたそうですね。

坂井「そうなんです!それぞれのソロシーンもあるんですけど、全員でのダンスシーンや、わちゃわちゃするシーンとかもあって。それをプールの、……中?」

吉川「浴槽?」

小泉「それじゃお風呂になっちゃうじゃん!(笑)」

辻野かなみ(以下・辻野)「確かにわかりやすい表現だけど(笑)」

一同「(笑)」

坂井「プールの中に、風船や、それぞれのソロシーンで使った小道具を入れて撮影したんですけど、それがかわいかったんだよね!」

菅田「すごくかわいかった!」

辻野「それに、夕日がゆっくり沈んでいく感じも素敵だった。本当はもう少し早い時間に撮影する予定だったんですけど、気がついたら自然とその時間帯になっていて。天気も私たちの味方をしてくれたんだなって感じました」

── この曲のダンスはどのような仕上がりになっているんでしょうか?

辻野「振り付けが細かい!曲を聴いたときは、なめらかな感じになるのかなと思っていたんですけど、実際はすごく細かい振り付けで、覚えるのがちょっと大変でした(笑)」

菅田「サビの「ときめいて~」ってところでは、ロックオン!ロックオン!ロックオン!ってやる手の振りがあるんですけど、そこがもう超ときめき♡宣伝部だなって思いました!」

坂井「とき宣らしさが振りにもしっかり入っているし、ファンの人も一緒にやりやすい振り付けになっていると思います」

吉川「イントロとサビとラストのところで、ハートもいっぱい作っているので、ぜひマネしてほしいです!」

写真
▲小泉遥香

── アルバム全体を通して、レコーディングで印象に残っている楽曲はありますか?

菅田「私は『ライオンガール』です」

一同「あ~、わかる!」

菅田「今までのとき宣の曲にはあまりなかったような感じなので、最初は歌えるのかな?って思ったんですけど、新しいことに挑戦するということがすごく楽しかったので、印象に残っていますね」

小泉「私も最初、歌えるのかな?って思った(笑)」

吉川「K-POPっぽい曲だよね。カッコいい女性をイメージできる曲」

辻野「音源を聴いたときに、独特の声の出し方みたいなものを感じたから、すごく不安だった(笑)。曲の中にライオンの鳴き声が入っているんですけど、そこもカッコよくて好きです!あとは『お届け!デリバリースター』も、印象に残っていますね。この曲は、オメでたい頭でなによりさんが初めて楽曲提供してくださった曲なんですけど、歌っていてどんどん気持ちが高まっていって、楽しくなる曲です。振り付けもマネしやすいものになっているので、ぜひマネしてほしいです!ライブを重ねるごとに、どんどん良くなっていく曲だなと思いますね」

坂井「ひよりん、かなみん、愛貴ちゃんの本格的なラップにも注目してほしい!」

吉川「本格的なのかはわからないけど(笑)」

辻野「愛貴ちゃんの「Out of 眼中」っていうパートがめちゃくちゃカッコいいんですよ!そのカッコよさに私も負けないように頑張ろうって思ってます(笑)」

菅田「かなみんの「Ah」もいいよね!めっちゃ聴きどころ!」

坂井「ひよりんもすごくカッコいいし、しかもラップが上手なんですよ!」

菅田「あと、かなみんの「クーポン拳!」と、ジュリアちゃんの「ときめき旋風脚!」っていうところがセリフっぽくなっているので、そこも注目してほしいです!」

坂井「そのときジュリアがすごい足をあげて必殺技っぽい動きをしているんです。めちゃくちゃキレイに足が上がっていて!これはジュリアだからできることなので、そこまでしっかり見ていただきたいです!」

辻野「セリフの部分は、ライブでは音源とはまた違った生の良さも出てくると思うので、楽しみにしていてほしいです!」

写真
▲菅田愛貴

── では、おひとりずつ、収録されている楽曲の中で特にお気に入りの曲を教えてください。

辻野「私は『さくら燦々』です。とき宣としても新しい雰囲気の曲ではあるんですけど、春の別れや卒業をイメージする曲になっています。誰しもが卒業式って経験したことあるし、自然と涙が出てくるような、共感してもらいやすい歌詞になっているなと。私自身も中学校の卒業式を思い出してちょっと切なくなったので、ぜひ聴いてほしいです」

杏「私は『SHIBUYA TSUTAYA前で待ち合わせね!』がすごく好き!この曲は、歌詞が今の私たちにピッタリなんです。「会えない日が続いているけど」って歌詞が、今の私たちと宣伝部員さんとのことを表していて、みんなが共感できるし、みんながこういう思いを抱えているんじゃないかなと。今のような状況だからこそ、より心に響く曲ですね」

坂井「11月8日のライブでは、2部の一番最後にこの曲を披露したんですけど、ラストに持ってくるとまた違った良さがありました。ファンの人と「また待ち合わせしようね」という気持ちになって、ちょっと寂しさも感じましたね」

── この曲のレコーディング中に、坂井さんが号泣されたとか。

坂井「……そうなんです(笑)」

小泉「そうなの?知らなかった」

坂井「本当に泣いてたの(笑)。ずっとみんなと会えていなかった時期にレコーディングだったので、歌詞がすごく響いて……。「やっとやっと また逢えたことが こんなにも嬉しくなるのは 世界で君だけ」という歌詞を私が歌っているんですけど、ファンの人と再会できる日のことを想像して歌ったら、自然と涙が出てきちゃいました」

写真
▲吉川ひより

── 続いて、小泉さんのお気に入りの曲は?

小泉「私は『お届け!デリバリースター』がすごく印象に残っています。この曲は、イントロの後や3サビの前にハモリがあったり、ラップがあったり、今までになかったおもしろいメロディーがあったり。新しいことにチャレンジしている曲なので、レコーディングもいろんな歌い方を試したりと、すごく楽しかったです。ハモリの部分は、実際にライブでも生でハモっているんです!まさか実際にライブでハモるとは思っていなかったので、ビックリしました(笑)」

辻野「ね!本番でハモるとは思ってなかった(笑)」

小泉「3サビ前の一番低いハモを私が歌わせていただいていて、難しかったんですけど、ひよりちゃんと一緒にハモれて楽しかったです。自分の可能性をもっともっと広げられたレコーディングだったなと思います」

菅田「私は1つに絞れなくて2曲になっちゃうんですけど……、『さくら燦々』と『7月のサイダー』がお気に入りです。『7月のサイダー』は、音楽ナタリーと楽曲を公募させていただいたんですけど、最初の入り方がとっても好きで!何回聴いても飽きないんです。歌詞も「嗚呼」とかサイダーを「せいだー」って言っていたり、表現が違うだけでこんなにも楽しい曲になるんだ!って思いました。あと、『さくら燦々』は落ちサビを歌わせてもらっているんですけど、それがとってもうれしくて!かなみちゃんにも「落ちサビよかったよ!」って言ってもらえて本当にうれしかったのを覚えています」

吉川「私は『ライオンガール』ですね。さっきも言ったように、K-POPっぽい楽曲なので、とき宣としては初めて挑戦する曲だし、歌い方も、みんな違う感じになっているなって。私たちも宣伝部員さんを離したくなくてずっと手を握っていたいなって思っているんですけど、それを逆にライオンに見立てたのがすごくおもしろいなって。普段はそこまで強気な楽曲ってないんですけど、この曲は肉食系女子っぽい曲になるんじゃないかなと(笑)。とき宣の曲の幅が広がった1曲になったと思うので、この曲もライブで披露するのが楽しみです!」

坂井「私は『エンドレス』です!歌い出しは私が歌っているんですけど、この曲を最初に聴いたときに感じた“ときめき”を、ファンの人にも感じていただけるように想いを込めて歌っています。「泣けるほど笑えること 誰よりも輝いた今日 夢に感情乗って太陽です」っていう歌詞があるんですけど、みんなと一緒にライブをしていく中で、たくさん泣けることもあるし、たくさんみんなで笑えることもあるし、そういう瞬間を宣伝部員さんと過ごせることがすごく幸せで、みんなといると心が太陽みたいに暖かくなるんです。まさにこの歌詞どおりというか。早くライブで披露して、みんなにもときめきいっぱいになってもらいたいなと思っています」

── 先程から、皆さん揃って「早くライブで披露したい」とお話されていますね。今年も毎年恒例の『ときクリ2020』が控えていますが、このライブではアルバムの収録曲もすべて披露されるんですよね?

吉川「そうですね」

辻野「え、やばいやばい(笑)。そうだよね、新曲全部披露するんだよね?」

坂井「え、そうだよね!改めて考えるとすごいことになりそう(笑)」

辻野「今年の『ときクリ2020』は、愛貴ちゃんが加入して新体制の「超ときめき♡宣伝部」としては初のクリスマスワンマンライブになるので、最高の思い出を宣伝部員さんと一緒に作りたいと思います。2020年は本当に思い通りにいかないことばかりだったので、2020年最後に、みんなで最高の締めくくりができたらいいなって思っています。そして2021年への良いスタートが切れるような、来年に繋げていくライブにできたらいいなと思っています!ぜひ楽しみにしていてください!」


Writing:makie enomoto

インフォメーション

写真
超ときめきすぺしゃる盤
写真
はねだみるみる盤
写真
たまありみるみる盤
写真
はねだきくきく盤
写真
たまありきくきく盤
写真
ときめき盤

ALBUM

『ときめきがすべて』

12月23日(水)リリース


<全6形態>
■超ときめきすぺしゃる盤 (mu-mo受注生産限定)
【Disc1 CD】全12曲
【Disc2 BD】
「超ときめき♡宣伝部の未来へつながる超ときめき♡コースター」(2020/7/18 Zepp Haneda(TOKYO))
【Disc3 BD】
・「よ~し、それなら!さいたまスーパーアリーナのセンターから、私たち超ときめき♡ 宣伝部です!」(2020/8/23 さいたまスーパーアリーナ)
・アルバムリード曲「エンドレス」Music Video
・アルバムリード曲「エンドレス」Music Video メイキング
【超すぺしゃるフォトブック】メンバー 1 人からの直筆サイン入り
【豪華ボックス仕様】

■はねだみるみる盤 ※スマプラ対応
【Disc1 CD】全12曲
【Disc2 BD】
「超ときめき♡宣伝部の来へつながる超ときめき♡コースター」(2020/7/18 Zepp Haneda(TOKYO))
※初回封入特典:トレカ 7種のうちランダム 1

■たまありみるみる盤 ※スマプラ対応
【Disc1 CD】全12曲
【Disc2 BD】
・「よ~し、それなら!さいたまスーパーアリーナのセンターから、私たち超ときめき♡宣伝部です!」(2020/8/23 さいたまスーパーアリーナ)
※初回封入特典:トレカ 7種のうちランダム1種

■はねだきくきく盤 ※スマプラ対応
【Disc1 CD】全12曲
【Disc2 CD】
・「超ときめき♡宣伝部の未来へつながる超ときめき♡コースター」(2020/7/18 Zepp Haneda(TOKYO)) ライブ音源

■たまありきくきく盤 ※スマプラ対応
【Disc1 CD】全12曲
【Disc2 CD】
・「よ~し、それなら!さいたまスーパーアリーナのセンターから、私たち超ときめき♡宣伝部です!」(2020/8/23 さいたまスーパーアリーナ)ライブ音源

■ときめき盤 ※スマプラ対応
【Disc1 CD】全12曲

【CD収録内容】※全形態共通12曲
1.トゥモロー最強説!!
2.SHIBUYA TSUTAYA前で待ち合わせね!
3.エンドレス
4.恋のシェイプアップハート~超ver~
5.ライオンガール
6.7月のサイダー
7.さくら燦々
8.超ときめき♡宣伝部のVICTORY STORY
9.お届け!デリバリースター
10. GAMUSHARA~超ver~
11.雨上がり
12.青春ハートシェイカー~超ver~



LIVE

『超ときめき♡宣伝部のどきどき♡クリスマスパーティー2020~ときめきからの”正体”状~』


【公演日時】
2020年12月26日(土)
  開場13:00/開演14:00
開場17:30/開演18:30

【会場】
中野サンプラザホール(東京)

++++++++++

【オンライン生配信情報】
2020年12月26日(日)
1部開演 14:00
2部開演 18:30
※配信の開場時間は各開演時間の30分前を予定しております。

チケット販売期間:2020年12月15日(火)18:00~2021年1月3日(日)21:59
視聴可能期間:生配信時
アーカイブ視聴可能期間:2020年12月26日(日)23:00~2021年1月3日(日)23:59

チケット料金:
1公演:3,500円(税込)
通し券:6,800円(税込)
システム手数料(1枚あたり)330円(税込)
コンビニ決済料金220円(税込)※クレジットカードの場合は発生致しません。

★先行購入特典
12月26日(日)23:59までにチケットを購入いただいたかたにはステージフォトをプレゼント致します。
※14:00の部、18:30の部のステージフォトは異なります。
なお、通しチケットをご購入いただいた方には両公演(2種類)のステージフォトをプレゼント致します。

▼オンラインチケットご購入
https://w.pia.jp/t/tokisen-xmas/

++++++++++

▼公式サイト
https://toki-sen.com/

「STARDUST WEB」にてプレゼント応募受付中!

写真
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で2名様に、直筆サイン入りチェキをプレゼント!
【応募締め切り】2021/01/04(月)12:00まで
詳しくは、下記へアクセス!!
https://fc.stardust.co.jp/pc/ticket-present/

pagetop

page top