shadow

prev

next

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
子どもだけでなく大人もハマる体験型ゲームが、ここ数年ブーム。画面のなかではなく、リアルなワクワク感が味わえると人気だ。そんな冒険心を思い出させてくれる推理小説『都会(まち)のトム&ソーヤ』を実写化し、中学生たちがリアルRPGに挑戦! 豊嶋が演じるのは、熱血ヒロイン・堀越美晴。この夏、ドキドキの冒険が始まります。

私たちと一緒に冒険しているようなドキドキ感を味わってください

写真

―― 原作はシリーズ累計200万部を超える人気推理小説。豊嶋も読者のひとりだ。

「もともと兄が大ファンで、原作を全巻持っているんです。私も借りて読んでいたので、出演が決まったときはうれしかったです。美晴は、しっかり者だけど、どこか抜けているところもある可愛らしい女の子というイメージがありました。私とは正反対かな(笑)。キラキラした女の子の感じを出したいと思って、普段よりも声のトーンをあげて演じました」

―― 平凡だけどサバイバル能力を持つ内藤内人(城桧吏)、学校一の秀才にして御曹司の竜王創也(酒井大地)の対照的なふたりがコンビを組んで街中を舞台にしたリアルRPGに挑むストーリー。内人が密かに思いを寄せているのが豊嶋演じる堀越美晴。

「今回はヒロイン役ということで、ありがたいけれど気恥ずかしさもありました。私自身はヒロインという柄じゃないなと思っているので(笑)。でも、リハーサルを重ね、みんなで演じていくうちに周りから『いいね』と言っていただけてうれしかったです。ただ、素の自分とは違うので、完成した作品を見て恥ずかしいところもあります」

写真

―― 同世代が集まる現場は「にぎやかで楽しかった」だけでなく、たくさんの刺激を受けたという。

「同級生を演じるみんなとは、リハーサルから撮影本番まで楽しくお芝居ができました。なかにはこの作品が初めての映画出演という人もいて、緊張しながらも真剣に取り組む姿を間近で見て、私ももっとがんばらなくてはと思いました。みんなの向上心に刺激を受けて、『こういう動きはどうですか?』『こんな風に言うのはどうでしょうか』と提案させていただきました。今までのお仕事でも自分なりに考えて演じてきましたが、口に出して提案することはなかったんです。美晴っぽい動きを提案できたのは、大きな一歩だったと思います。桧吏くんと大地くんは映画のなかでは凸凹コンビですが、普段は似たもの同士という感じがします。明るくて、ふざけているけれど、やるときはビシッとやる。撮影を重ねるうちにふたりの絆が強くなっていくのを間近で感じることができました。撮影の合間は学校の休み時間みたいに、ゲームのこととか他愛もないことを話していました」

写真

―― ゲームクリエイター集団「栗井栄太」のメンバーを演じるのは事務所の先輩たち。市原隼人とは2度目の共演となる。

「市原さんからは『がんばってね』と声をかけていただきました。本田(翼)さんはやさしく、大地がボケるとちゃんとつっこんでくれて。玉井(詩織)さんは、私たちの目線に合わせて話をしてくれて、撮影の合間には一緒に遊んでくれました。森崎(ウィン)さんは、創也のセリフである『ザッツライト』の発音を教えてくれました。みなさんクリエイターらしいオーラがあって素敵でした!」

―― 映画は原作にはないオリジナルストーリー。6時間以内に謎の生命体「Z」から街を救えるのか……。映画を観ながら一緒に謎解きができる体験型の映画だ。

「私も普段からゲームをするのが好きで、休みの日は1日中没頭していることもあるくらい。いつかゲームの主人公になれたらいいなと思っていたので、映画ではありますがリアルにゲームを楽しめたのが楽しかったです。映画のなかでは、謎を解くだけではなく、Zから逃げるために走ったり、高いところから飛び降りたりと頭だけでなく体力もたくさん使いました。ハードなシーンも多く、私にもっと体力があれば……と何回も思いましたね。Zから逃げるシーンはハラハラして臨場感もたっぷりあると思います。きっと映画を観ている人も内人、創也、美晴たちと一緒に冒険をしている気分になれるはずです。創也と内人との間で揺れ動く美晴の気持ちにも注目してみてください」

写真

―― 映画版のキャストでABEMAオリジナルドラマもスタート。リアルRPGをプレイするだけでなく、映画研究部との学校生活も描く。

「映画とは違って学校内での話もあるので、ザ・青春という感じが濃く出ていると思います。謎解きゲームに参加しているような感覚を楽しむこともできるので、映画とあわせてぜひチェックしてください」

子役から大人の役者へと階段をひとつひとつのぼっている豊嶋。今はどうしても等身大の学生役に限られてしまうが「いつかはどこかにいそうな女の子ではなく、非現実的な難しい役にも挑戦したい」と役者としての未来をしっかりと思い描いている。「なんでも一生懸命やりたいし、どんな役でも演じられる役者になりたい」とキラキラした目で語ってくれた。

Writing:岩淵美樹

インフォメーション

写真
(C)2021マチトム製作委員会

MOVIE

『都会のトム&ソーヤ』

7月30日(金)劇場公開
7月16日(金)ABEMAにてドラマ(全8話)放送スタート


はやみねかおる氏の大人気推理小説「都会(まち)のトム&ソーヤ」シリーズが原作。平凡な中学生・内藤内人は、転校早々、大企業の御曹司・竜王創也に巻き込まれ、街中を舞台にしたリアルRPG「エリアZ」にクラスメイトの堀越美晴とともに参加することに。閉ざされたエリアのどこかにあるヒントを元に謎を解き、制限時間内に街を救うことができるのか……。

▼公式サイト
https://machitom.jp/



「STARDUST WEB」にてプレゼント応募受付中!

写真
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で2名様に、直筆サイン入りチェキをプレゼント!
【応募締め切り】2021/08/09(月)12:00まで
詳しくは、下記へアクセス!!
https://fc.stardust.co.jp/pc/ticket-present/

pagetop

page top