shadow

prev

next

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
5月28日(金)公開映画『HOKUSAI』は、今なお世界中で愛される天才絵師・葛飾北斎の知られざる生涯を初めて描いた作品となっている。北斎の生き様を辿る本作で、若き日の北斎を演じたのは変幻自在の演技で人々を魅了する柳楽優弥だ。そんな柳楽に本作に込めた想いを聞いてきた。

目標を持っている人の背中を押してくれるような作品です

写真

―― まず最初に台本を読んだ印象を聞いた。

「葛飾北斎という世界的アーティストの青年期から老年期までが描かれるということで、壮大なテーマだなと思いました。北斎は田中泯さん演じる晩年のイメージはありますが、若い頃の情報があまり残されていないので、最初はあまりイメージできなかったんです。その中で、どうやって青年期の北斎を組み立てていこうかなと考えました」

写真

―― 日本にとどまらず、世界中で愛される葛飾北斎という人物の魅力はどこにあると感じているのだろうか。

「北斎は、今でいうアーティストですよね。文学的なセンスも持っているけど、すごく計算されて描かれている絵もあるので、理系的な思考を持っている人だなと感じます。一方で、いくら才能豊かとはいえ、90年の生涯で3万点以上の絵を描けるぐらいモチベーションの高い人なので、野心的な部分も持っているのではと想像しました。当時の有名小説家たちの本の挿絵も描いたことからも知名度をあげていて、本当にすごい方だと思います。アーティスト、芸術家の鏡だと感じています。僕が演じた北斎には、そういう野心家っぽい雰囲気や力強さ出ているかもしれません」

―― 時代劇には独特の所作が取り入れられるが、本作の所作にはどのような想いを込めたのか。

「これまでの時代劇では、殺陣を学んだり、動き方、歩き方、物の持ち方など、それぞれの時代のルールに沿って作り上げていましたが、本作では北斎が浮世絵師であることから、全てが、当時の所作どおりではないだろうと思いました。制限された時代に生きる表現者であった北斎は当時の環境に対して反骨精神を持って生きていたのだと思いますし、制限があるという環境だからこそ、自分らしく輝く人だとも感じました。本作の北斎像は、橋本一監督とも話し合って作り上げていったのですが、当時の所作にこだわるあまりアーティストとしての自由な雰囲気が消えてしまうのはもったいないということから、昔の人達も、足を組んだり、寝転がることもあったのだろうと考えました。演じるにあたっては、あまりかたくなりすぎないように、所作の美しさを感じる面と、北斎らしい動きを意識して、この映画ならではの北斎像を描けたらと思い、撮影に臨みました」

写真

―― 北斎を“芸術家の鏡”と評した柳楽だが、北斎の生き様からどのような刺激を受けたのだろうか。

「青年期から晩年まで、生涯通して絵師として自分の信念を貫き通し、描き続けたというその生き様がカッコいいなと感じます。一つのことを長く続けるというのはとても難しいことだと思いますし、特に若い頃は苦悩や挫折を味わい、順風満帆な人生ではなかった人なので、周囲から「力入り過ぎじゃない?」と思われることもあったのではないかと思うんです。人は誰しもつねに自分の感情をうまくコントロールできるわけではないと思うのですが、北斎にもそういう人間らしい部分があったらいいなと思いながら演じていました」

―― 本作で初共演となった蔦屋重三郎役の阿部寛の印象は?

「本当にカッコいい方でした。僕は是枝裕和監督の作品が好きでよく観ているのですが、特に阿部さんが主演をされていた映画『海よりもまだ深く』が好きなんです。本作で共演させていただき、ようやくお会いすることができて、とても嬉しかったです。北斎は世界中の誰もが知っているスター絵師で、僕も演じるにあたってはプレッシャーを感じていたのですが、そういうときにも阿部さんが相談に乗ってくださり、北斎漫画や他の北斎作品についての感想や、いろいろなお話ができて嬉しかったです。共演シーンで特に印象に残っているのは、蔦屋さんの部屋で地図を広げて2人で話をするシーンです。阿部さんは役作りでかなり痩せられていたのですが、これだけのベテランの方でも、そういう肉体的なアプローチをされているというところにすごく感動しましたし、改めて尊敬しました」

写真

―― 老年期の北斎を演じた田中泯とはどのようなやりとりをしていたのだろうか。

「撮影期間中はほぼお会いする機会がなく、あまりお話させていただくことができなかったんです。でも、撮影を終えてから、取材などでお会いしてお話させていただく機会が増えました。泯さんが手作りされたお味噌をいただいたり、泯さんが育てた野菜もいただいたのですが、それをキッカケに僕もお味噌作りを初めたんです(笑)すごく影響を受けています。泯さんが演じる北斎は、とてつもない説得力があって、一緒に同じ人物を演じさせていただくことができ、本当に嬉しかったですし、心強くもありました。泯さんご自身もフランスなどでダンスの公演をされていて、世界的ダンサーとして有名な方。特にフランスの方からの北斎人気が凄いそうで、それを実際に肌で感じている方だからこそ、より演技や役柄へのアプローチの深みを感じました」

―― できあがった映像を観た印象を聞くと「とにかくエネルギッシュ!」と笑顔を見せる。

「キャストも豪華な方々が揃っていますし、映像に迫力があって、ものすごい力強さを感じる作品でした。北斎が生涯絵師として生き続けたというところにも夢をもらえると思います。夢を持っていても、どこかで諦めてしまったり、状況によっては諦めることが必要になるときもあると思うんです。それでも、北斎は何があっても諦めずにずっと一つのことを貫いているので、きっと背中を押してもらえるような作品になっているのではないのかと思います。ぜひたくさんの方に観てもらいたいです」

写真

―― 昨年の公開予定日から約1年後の公開となる本作。コロナ禍の影響が様々なところに出ている状況の中、柳楽が今感じることとは。

「僕はいろいろな役柄に挑戦することを目標として、俳優をやらせていただいていますが、それが去年、強制的に止められてしまったような感覚でした。先の見えない状況がずっと続いているような状態です。今は色々な物事の価値観や環境が変わってきていますよね。以前までは、こういうものが良い、こういうものが好まれない、とジャッジすることができたと思うのですが、今はそういった価値観がまったく新しいものにリニューアルされているというか。だから、僕もより様々なことにチャレンジしていくべきだと感じています。もちろん、自分のペースで、ではありますが、リスタートするような気分というか、今までの自分を捨てて新しくスタートするんだというぐらいの気持ちでチャレンジしていきたいです。もし失敗することがあったとしても、拍手を送れるような世の中になれば誰しもがいろいろなことにチャレンジしやすい環境になるし、可能性が広がっていくのではないかなと思っています」


Writing:makie enomoto/Photo:笹森健一/Styling:長瀬哲朗(UM)/Hair&Make-up:佐鳥麻子

インフォメーション

写真
(C)2020 HOKUSAI MOVIE

MOVIE

『HOKUSAI』

公開中!


何があっても絶対に諦めず、描き続けた、その先にー。
腕はいいが、食うことすらままならない生活を送っていた北斎に、ある日、人気浮世絵版元(プロデューサー)蔦屋重三郎が目を付ける。しかし絵を描くことの本質を捉えられていない北斎はなかなか重三郎から認められない。さらには歌麿や写楽などライバル達にも完璧に打ちのめされ、先を越されてしまう。“俺はなぜ絵を描いているんだ?何を描きたいんだ?”もがき苦しみ、生死の境まで行き着き、大自然の中で気づいた本当の自分らしさ。北斎は重三郎の後押しによって、遂に唯一無二の独創性を手にするのであった。
ある日、北斎は戯作者・柳亭種彦に運命的な出会いを果たす。武士でありながらご禁制の戯作を生み出し続ける種彦に共鳴し、二人は良きパートナーとなっていく。70歳を迎えたある日、北斎は脳卒中で倒れ、命は助かったもの肝心の右手に痺れが残る。それでも、北斎は立ち止まらず、旅に出て冨嶽三十六景を描き上げるのだった。そんな北斎の元に、種彦が幕府に処分されたという訃報が入る。信念を貫き散った友のため、怒りに打ち震える北斎だったが、「こんな日だから、絵を描く」と筆をとり、その後も生涯、ひたすら絵を描き続ける。描き続けた人生の先に、北斎が見つけた本当に大切なものとは…?
今だから、見えるものが、きっとあるー。

▼公式サイト
https://www.hokusai2020.com/

pagetop

page top