shadow

prev

next

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
数々の人気作への出演が後を絶たない俳優・横浜流星。そんな彼がGReeeeNのプロデューサー・JINのもと、ソロアーティストとしてデビューを果たした。このインタビューを実施したのはCDリリース日となる10月10日。リリースイベントを直前に控えた横浜に、楽曲についてはもちろん、初めて挑戦した作詞について、そして、初パフォーマンスへの意気込みを聞いた。

聴いてくれた人に寄り添えるような曲になってほしい

写真

―― CDリリースよりも先に今年6月にデジタル配信でリリースされた『今日もいい天気 feat.Rover(ベリーグッドマン)』は、切ないラブソングとなっている。

「最初に曲を聴いたのは映画『愛唄』の撮影が終わった直後だったのですが、『愛唄』の役と通ずる部分があるなと思いました。この曲は、JINさんが『愛唄』の撮影現場に来てくださったときに、現場を見て閃いた部分もあったと仰っていたので、『愛唄』の役の気持ちも大切にしながら歌いました。レコーディングのときも、JINさんには「リズム感を大切に、まっすぐ素直に歌ってほしい」と言われていたので、全力で歌わせてもらいました」

―― 「どこかで あなた探してしまう」「ちゃんと言えば良かった」という、誰もが一度は経験したことがありそうな歌詞についてはどのような印象を持ったのだろうか。

「ポジティブワードを並べずに、後悔もありつつ、最終的にはちゃんと前を向いている感じが素敵だなって思いました。自分も器用な方ではないので、ちゃんと伝えれば良かったなって思うこともありますし、親密になればなるほど、慣れてきてしまって、相手に対して感謝の言葉を忘れてしまったり、言わなくても伝わるって思ってしまったり。言葉で伝えるのは大切なことなんだって思える歌詞になっています」

写真

―― この曲のMVを制作するにあたり、企画段階から参加し積極的に意見も出していたという。

「ちゃんと歌詞に沿って物語っぽくしたいというお話をさせていただきました。でも、物語にしすぎてもダメっていう意見もあって…。だから、そこはスタッフさん達と話し合って、結果的に良いバランスのMVになったのかなって思います。僕は雨男なので、撮影当日も雨予報だったんですが、実際当日になると晴れてくれたので良かった(笑)。撮影自体はすごく楽しかったんですけど、リップシンクは難しかったですね」

―― 今回フィーチャリングした、ベリーグッドマンのRover(ロバー)からは、学ぶことだらけだったと語る。

「Roverさんはすごく気さくで優しい方でした。Roverさんがレコーディングをしているところを、僕も見させてもらっていたんですけど、レコーディングブースの中から周りのスタッフさんたちを楽しくさせようと笑わせてくれたりして、視野が広くて優しい方だなって思いました」

写真

―― 思わず口ずさんでしまうほど耳馴染みの良いリズム感が特徴的な楽曲だが、そのレコーディングは苦戦の連続だった。

「自分が気持ちよく歌っていると思っていても、テンポが速くて追い付かないことがあったりして、リズムを取るのが難しかったです。キーも高いので、ボイトレのときはひたすら曲を通しで歌って、リズムや音域の改善をしていきました。音域が広がったっていう実感はないのですが、出来上がった曲を聴いたときに、自分ってこんなに高い声が出るんだって驚きましたね(笑)」

―― 両A面となっているもう一曲の『未完成』では、初の作詞にも挑戦した横浜。作詞をするにあたった、その経緯とは?

「アーティスト活動をさせていただくからには、自分でも何か発信したいと思って挑戦させていただきました。伝えたいことはいっぱい溢れてくるのに、それをまとめたり、言葉で表現するのがすごく難しかったです。10代の頃は完璧主義なところがあって、周りよりも自分は劣っていると考えてしまったり、人と比べてしまうような性格だったんですけど、二十歳を超えてから、やっと、人と比べずに自分のやるべきことをやろう、自分らしさを大切にしようって思えるようになって。その気持ちを歌詞にしたいと思って出来上がったのが『未完成』です」

写真

―― 「自分の価値は何だ?」「誰の為の人生?」など、自分自身に問いかける歌詞が印象的だが、横浜はそういった自分自身と向き合う時間を大切にしているという。

「僕は何か悩みがあったとき、あまり人に頼りたくなくて。だから、自分自身と向き合うことがすごく多いんです。俳優として役を演じているときも、パッと切り替えられるタイプではないので、撮影期間中は役とかけ離れないようにしているんですけど、役に引っ張られて本当の自分が分からなくなってしまうときもあるので、そういうときに自分と向き合う時間を作ると「あ、本当の自分ってこうだった」って思い出せるので、その時間は大切にしています」

―― 自身が作詞したとあって、思い入れは別格と語る横浜。しかし、レコーディングは『今日もいい天気』同様、苦戦したそう。

「サビ終わりの裏声の部分が難しかった。あとは「あるがままに」のところが7秒ぐらい伸ばすので、そこも難しいです。伸ばすときに声が震えてしまって、ちゃんとまっすぐ伸ばせなくて…。だから“まっすぐ歌う”っていうのをとても意識しています」

写真

―― 俳優としての活動とアーティストとしての活動の違いとは?

「俳優のときは作品があって、その役として生きていますけど、アーティストのときは自分として立って表現しないといけないので、在り方が全然違う。アーティストから俳優をやられている方も多いと思うんですけど、そういう方たちって皆さん芝居も上手いなって思っていて。なんでだろうって考えたときに、やっぱり歌での表現とか感性とか、アーティスト活動で学んだことが俳優として演じるときに活かされているのかなって思うので、自分もこのアーティスト活動が俳優の活動でも活かせたらいいなと思っています」

―― CDデビューを飾り、アーティスト・横浜流星として新たな構想が生まれているようだ。

「僕は普段、amazarashiさんの曲をよく聴いているのですが、amazarashiさんみたいな力強くて繊細で、メッセージ性のある曲も歌えたらなとは思っています」

―― このインタビューを実施したのはCDリリース日となる10月10日。そして、同日行われたリリースイベントの直前でもあった。

「やっぱり緊張しますね。昨日もそわそわして、あまり眠れなかったです(笑)。僕、クランクインの前とかも眠れなくなってしまうんですよね。でも、楽しんだもの勝ちだなと思いますし、全力で歌わせていただきたいです。2曲ともポジティブな曲なので、聴いてくれた人にとって、寄り添えるような曲になってくれたら嬉しいです」


Writing:makie enomoto

インフォメーション

写真
初回限定盤/TYCT-39088
写真
通常盤/TYCT-30080
写真
デジタル配信

SINGLE

『今日もいい天気 feat. Rover (ベリーグッドマン) / 未完成』

発売中!


発売日:2018年10月10日(水)
(初回限定盤)CD+DVD/1,944円(税抜)
(通常盤)CD/1,000円(税抜)

[CD]
01.今日もいい天気 feat. Rover(ベリーグッドマン) (読売テレビ『情報ライブ ミヤネ屋』エンディングテーマ)2018年7月~9月
02.未完成
03.今日もいい天気 feat. Rover(ベリーグッドマン)-Instrumental-
04.未完成 -Instrumental-

[DVD]
「今日もいい天気 feat. Rover(ベリーグッドマン)」Music Video
「今日もいい天気 feat. Rover(ベリーグッドマン)」Music Video メイキング映像 ジャケット撮影メイキング映像
横浜流星 & Rover(ベリーグッドマン)Special Interview

<デジタル配信>
「今日もいい天気 feat. Rover (ベリーグッドマン)」
発売日:2018年6月25日(月)

▼公式サイト
https://www.universal-music.co.jp/yokohama-ryusei/




「STARDUST WEB」にてプレゼント応募受付中!

写真
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で2名様に、直筆サイン入りチェキをプレゼント!
【応募締め切り】2018/10/31(水)12:00まで
詳しくは、下記へアクセス!!
https://fc.stardust.co.jp/pc/ticket-present/

pagetop

page top