shadow

prev

next

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
不慮の事故で視力と家族を失った柏木明香里と、罪を犯しキックボクサーとしての未来を絶たれた篠崎塁を主人公に、残酷な運命に引き裂かれる男女の切なくも激しい純愛を、吉高由里子と横浜流星のW主演で描いた映画『きみの瞳(め)が問いかけている』。塁役を演じた横浜に、吉高との初共演の印象や、塁を演じる上で心掛けたこと、本作を通じて新たに得たものについて、語ってもらった。

塁が成長していく姿は、きっと男性にも共感してもらえると思うので、多くの方にこの作品を愛していただけたら嬉しいです

写真

―― まずは、初共演となる吉高の印象から訊いてみた。

「吉高さんは、テレビで見ていた時の印象とあまり変わらないかもしれません(笑)。吉高さんが明るくて温かい空気感を作ってくださったから、自分も心を許せたような気がします。吉高さんが和ませてくれたおかげで、現場の居心地が良かったですし、すごく濃密な時間が過ごせました。クランクイン前に三木(孝浩)監督と吉高さんと3人でご飯に行ったのですが、そこで吉高さんが僕の心の固い扉をポンって開けて、換気してくれたんです(笑)。その後現場でも沢山お話ができたし、写真もいっぱい撮りました。スタッフさんとお揃いのつなぎを着て撮った写真もあるんですよ」

―― 芝居の上でも、吉高から大いに刺激を受けたという横浜。

「吉高さんから刺激を受けっぱなしでした。もしこの映画を観た方が、『横浜流星の芝居が良かった』と感じてくださったとしたら、それはすべて吉高さんのおかげです。吉高さん演じる明香里が塁に光を与えてくれたように、自分も吉高さんに貰いっぱなしだったので、それをなんとか返せるようにと意識しながら演じました」

写真

―― かたや、三木監督の演出について横浜はこう振り返る。

「塁のキャラクターや作品について、自分なりにいろいろ考えてはいたんですが、クランクイン前に三木監督からお手紙と作品のイメージに合う既存の曲をいくつか送っていただいて。どこか切ないけどあたたかい、心に染み込んでくるような楽曲ばかりで、『ああ、なるほど、こういう世界観にしたいんだな』って、三木監督のこの作品に対する思いや方向性が確認できました。役作りって、自分一人で準備するのが当たり前だと思っていたので、『こんなにも一緒に作ってくれるんだ』という心強さもありましたし、だからこそ『三木監督の思いにちゃんと応えられるようにしたい』と感じました。三木監督は、僕らに寄り添いながら1シーン1シーン大切に作ってくださるし、僕らの『こうしたい!』という思いもちゃんと汲み取ってくださったので、お芝居する上でもすごく演じやすかったです」

―― ゆるふわの塁の髪型については、横浜自らアイデアを出したという。

「塁って、結構無頓着な男だから、髪型とか気にしなそうだなぁと思ったんですよね。僕の髪はもともとストレートで、ドラマ『私たちはどうかしている』の時の椿のヘアスタイルがデフォルトなんです。ちょっと小汚ない雰囲気を出すにはパーマがいいんじゃないかと思って、監督にも提案してみたら『いいね』って言ってくださって。パーマをかけたのは初めてだったのですが、メイクさんがすごくいい感じに仕上げてくれて。明香里と出会う前はほぼ隠れているんですが、出会ってからだんだん瞳が見えてくるんです(笑)。そういうところもみんなで話し合って作っていけたので、すごく楽しかったです」

写真

―― キックボクサーを演じるにあたり、10キロ増量して極寒での撮影に臨むなど過酷な現場だったというが、意外にもこれまで演じた役柄に比べてラクな部分もあったとか。

「確かに今回は演じていて肉体的にも精神的にもキツイ部分はたくさんあったのですが、これまで僕がやらせていただいた作品の中では、より現実に近い設定でもあったので、すごく入りやすかったです。『お前の全部が欲しい』といったような甘い言葉は、今回はあまり口にしていないですからね(笑)。僕がこれまでやらせていただいた作品は少し現実離れしているものが多かったこともあって、それをいかに現実的に見せるかという見えない苦労も、実は結構あったりして……。今回は格闘シーンを何度か撮り直したりもしたんですが、少しでも作品が良くなるためなら、僕は何度だってやりますよ(笑)」

―― 明香里との関係性によって塁の眼差しが変わってくることも意識したという。

「塁には罪を犯してしまった後ろめたさがあるし、出所してからもずっと『自分は人と絡んではいけない人間なんだ』って思い込んで、孤独な日々を過ごしていたから、どこか暗闇の中にいるような瞳をしている感じでしたけど、明香里と出会い、彼女が塁に光を与えてくれることによって、塁自身が変わっていく部分もあったんです。塁にとっては、明香里と管理人室でドラマを一緒に見る時間がとても楽しい時間で、気づけばずっと明香里のことを考えていたんじゃないかな。明香里の言葉に救われるところが沢山あったのかもしれません」

写真

―― ちなみに、横浜自身は相手の瞳を見て話すタイプかどうか訊いてみた。

「普段の僕自身は、もともと空手をやっていたことも大いに関係があると思うのですが、しっかり相手の瞳を見るタイプです。視線の動かし方一つで印象が全く変わってくるので、この作品に限らず、どの芝居においても目の表情には重きを置いていているのですが、その中でも特に今回はすごく大事にしながら演じました。『明香里とは視線を合わせてはいけない』という設定だったので、最初の頃は『ちゃんと自分が言っていることが相手に伝わっているのかな』という不安もあって、いつも以上に自分の思いをぶつけられたらなぁと考えていました。相手の瞳を見て話すことって、すごく大事じゃないですか」

―― 今回、塁という役柄を演じたことで、横浜が新たに得たものとは?

「撮影中は、ただひたすらに自分の目の前にいる明香里を必死に愛することだけを考えていたので、その集中力みたいなものは、絶対に今後も生かせるんじゃないかと思っています。これまで以上に、どんな作品においても、セリフだけでなく瞳でも表現することを大切にしながら演じられたら……と思いますね」

―― では最後に、これから観る方にメッセージを!

「それこそ、大事な人がいる方は大事な人と観てもらって、よりその人を大事に思ってくれたら嬉しいですし、もしいまそういう相手がいなくても、人を愛することの素晴らしさみたいなものを伝えられたらいいなと思っています。女性だけじゃなく、塁が変わっていく姿や成長していく姿は、きっと男性にも共感してもらえると思うんですよね。ぜひ多くの方に観て何かを感じていただいて、この作品のことを愛していただけたら嬉しいです」


Writing:渡邊玲子

インフォメーション

写真
(C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会 (C)2020 Gaga Corporation / AMUSE Inc. / Lawson Entertainment,Inc.

MOVIE

『きみの瞳(め)が問いかけている』

10月23日(金)公開


目は不自由だが明るく愛くるしい明香里(吉高由里子)と、罪を犯しキックボクサーとしての未来を絶たれた塁(横浜流星)。小さな勘違いから出会った2人は惹かれあい、ささやかながらも掛け替えのない幸せを手にした──かに見えた。
ある日、明香里は、誰にも言わずにいた秘密を塁に明かす。彼女は自らが運転していた車の事故で両親を亡くし、自身も視力を失っていたのだ。以来、ずっと自分を責めてきたという明香里。だが、彼女の告白を聞いた塁は、彼だけが知るあまりに残酷な運命の因果に気付いてしまっていた──。

▼公式サイト
https://gaga.ne.jp/kiminome/

「STARDUST WEB」にてプレゼント応募受付中!

写真
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で1名様に、直筆サイン入りチェキをプレゼント!
【応募締め切り】2020/11/02(月)12:00まで
詳しくは、下記へアクセス!!
https://fc.stardust.co.jp/pc/ticket-present/

pagetop

page top