shadow

prev

next

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
2019年6月に劇場公開され、大きな話題を呼び大ヒットを記録した映画『新聞記者』。第43回アカデミー賞の最優秀作品賞をはじめ、数々の賞に輝いた衝撃の問題作が、米倉涼子主演のNetflixシリーズ「新聞記者」(全6話)として、さらにパワーアップして2022年1月13日に全世界同時配信される。映画版に続き藤井道人が監督を務める本作において重要な役割を担う横浜流星に、藤井監督との固い絆や撮影の舞台裏、横浜自身が役を演じる上で特に印象に残った場面や、このドラマを通じて伝えたい思いについて語ってもらった。

世界中の一人でも多くの方々にこのドラマが届いてくれたら幸せです

写真

―― 本作で横浜が演じているのは、新聞配達をしながら大学に通う就活生の木下亮役。映画版にはなかった一般市民、特に若者を代表するような役柄であり、藤井道人監督がNetflix版「新聞記者」で「どうしても描きたかった」というキャラクター。まずはこの企画のオファーを受けた際の心境から訊いてみた。

「ナイーブなテーマの作品ではありますが、僕は藤井(道人)さんのオファーは絶対に断らないと心に決めているんです。藤井さんから『こういう作品にしたい』『こんな役をお願いしたい』というお話さえ聞ければ、たとえどんな台本でも受けようという思いでいます。藤井さんが『映画版では描ききれなかった』という重要な役柄を今回僕に任せてもらえると聞いたときは、嬉しかったのと同時に、これは生半可な気持ちではやれないというか、覚悟を持って、責任を持って、亮という役を全うしたい、という気持ちになりました」

―― 藤井監督との確固たる信頼感は、いったいどのようにして育まれたものなのか。

「歳は結構離れているので、友だちと言うより兄弟、兄貴みたいな存在です。藤井さんとは『青の帰り道』(18)でご一緒したんですが、諸事情があって2年間、撮影期間が伸びて。それまでの僕は、映画って撮影して、アフレコして、公開初日を迎えて、舞台挨拶して……って、何気なく皆さんの元に届けられるものだと勝手に思っていたんです。でも実は、映画やドラマが無事に公開・配信されるのはすごく大変なことで、観客の皆さんの元に届けられるのはすごく幸せなことなんだと、『青の帰り道』で実感しました。その2年という年月が、本当に濃かったというのが一番の理由かもしれないですが、僕は藤井さんの人柄や、作品に対する姿勢も好きです。穏やかだけど、胸の奥にはすごく熱いものがあって。『いま自分が撮りたいものはなんだろう?』と考えて、命懸けで作品を作っている、そんな藤井さんの作品も好き。出会ってからもう5年間ぐらいずっと一緒で、ウマも合うんです」

写真

―― 横浜演じる亮は、新聞配達のアルバイトで学費を稼いでいるが、政治には興味も知識もない。新聞の一面に踊る「栄進学園問題」も、遠い世界の出来事に思える。自分一人が頑張っても世界は変わらない。ずっとそう思って生きてきた。藤井監督自身の視線を投影して作られたキャラクターでもあるというが、監督からはどんな演出やアドバイスがあったのか。

「僕自身、この作品に関わるまで亮と同じで世の中の出来事にあまり興味がなかったのですが、藤井さんからは『政治的な事件を題材とした作品をやるからと言って、新聞を読んだりしなくて良いから』と言われました。亮は、自ら率先して世の中のことや政治に詳しくなっていくわけではなく、公文書改ざんの事件に巻き込まれたことで、否応なく運命を変えられてしまう。憤りを抱える中、記者の松田と出会うことで、いろいろ影響されて成長していく。僕としてもその感覚は大事にしたかった。もともと僕も世の中の出来事や政治にあまり関心がなかったからこそ、亮とリンクして、亮と一緒に学んで素直に演じることが出来た気がします」

―― とはいえ「新聞配達のアルバイト」という設定に関しては相応の役作りをしたという。

「撮影でお借りしたお店で、実際に新聞の折り込み作業の練習をさせていただきました。家に持ち帰って自主練もしたのですが、亮たちはきっと何年もやっている熟練者であるわけで、さすがにそれと同じくらいのレベルでできるようになるのは難しかったです(笑)」

―― 劇中には亮が原付バイクを運転して新聞配達する場面も幾度か登場する。エモーショナルで印象に残るが、横浜は「亮の心象風景が投影された映像にもなっている」と明かす。

「ドローンを使って撮影したんですが、映像的にもすごく綺麗だし、カッコいいんですよね。よく見ると工夫があって、たしか第4話では亮は長い坂をバイクで下っているんですが、記者の松田と出会って亮に希望の光が見えてからは、同じ坂を今度は上がっているんです」

写真

―― 亮に影響を与える新聞記者・松田役の米倉涼子と共演した印象についても訊いてみた。

「きっと過去に演じてきた役柄のイメージもあって、米倉さんには強くてカッコいい女性という印象がありました。でも今回はいつもとは全く違う雰囲気の米倉さんが、松田杏奈としてそこにいた。夢も希望もなく、松田に対しても『なんだこの人?』という態度で接していた亮が、ある出来事がきっかけで松田に尊敬の念を抱くようになるように、どんな時も凛とした姿で現場に佇んでいる米倉さんのことを、僕自身も尊敬のまなざしで見ていました」

―― 吉岡秀隆や寺島しのぶとの芝居も印象に残っているという。

「お二方とも、すごく温かくて、包み込んでくれるところがあります。ご本人の人柄と役どころが重なって、一緒にいると肩の力が抜けて素直でいられるというか、そういう空気感を作ってくださったお陰で、ドラマの後半で亮としての感情が僕の中にも自然と湧き上がってきました。前半の亮のままならきっと何かあってもただ悲しんで、見えない誰かに怒りをぶつけるだけだった。でもあの日過ごした温かい時間が亮を支えているんです」

―― 亮のバイト仲間・横川繭役を演じた小野花梨とは、過去にも共演経験があるという。

「兄妹役で一度共演しているので、人柄がわかっているからこそ出せた雰囲気というか、きっと『はじめまして』だったらあの亮と繭にはなっていないと思うので。藤井さんはよく『俺は繭みたいな女性がタイプなんだよね』って話してましたけど(笑)、確かに繭の言葉って、ちゃんと心に入ってくるんですよ。繭がただの嫌味ったらしい女の子だったら亮も『うるさいなぁ』って突っぱねたと思うけど(笑)、小野さんがちゃんと愛されるキャラクターに作り上げてくれたからこそ、僕も亮としていられたんだと思います」

写真

―― 亮を演じるなかで、もっとも横浜の印象に残ったシーンについても語ってもらった。

「亮が自分から松田に話を聞きに行く場面や、周りの人からいろいろ言われて、モヤモヤだったり、怒りだったり、哀しみだったり、どうにもできない思いを抱えた亮が、ある写真を目にしたことで一気に抑えていた感情が溢れ出す場面のことはすごく印象に残っています。『これで何かが変わるかもしれない』と信じて亮が松田に託す場面にもつながるので……」

―― 映画版より尺も長く、さまざまな立場の人物の心情や家族の想いも描かれている本作。完成したシリーズを観た横浜自身は、いったいどんなことを感じたのだろうか。

「今回、藤井さんが亮を通じて市民の目線を描いた理由の一つには、観てくださった方たちに、より自分事として感じていただけたら……という願いも込められているんです。この国で生まれ、生きている以上、ただ身を任せて日々を過ごすだけで本当にいいのだろうか。僕自身、この作品に出させていただいて、無関心が一番怖いことなんだと知り、他人事じゃなく、自分事として考えたいと思うようになりました。このドラマを観た方たちが、少しでも政治や世の中に向き合うきっかけになったら嬉しいですし、普段はこういうジャンルのドラマは観ないという方でも、僕がこのドラマのなかで全うしたいと思って演じた木下亮の姿を、ぜひ見届けてもらえたら」

―― 最後に、Netflixで世界同時配信されることへの想いについても語ってもらった。

「まさか自分の出演作がこんなに早く世界に届く未来があるとは思ってもみなかったのですが、出演する役者の一人としては、全世界に配信されることにワクワクしかありません。観てくださった方々が、このドラマをどんなふうに受け止めて、どんな感情になるのか―。どんな意見でも僕はしっかり聞きたいですし、まずは一人でも多くの方々にこの作品が届いてくれたら幸せです」


Writing:渡邊玲子/Styling:伊藤省吾(sitor)/Hair&Make-up:永瀬多壱(VANITES)

インフォメーション

写真

WEB

Netflixシリーズ『新聞記者』

Netflixにて全世界独占配信中!


就活中の大学生・木下亮(横浜流星)は、新聞配達のアルバイトで学費を稼いでいる。政治には興味も知識もない。新聞の一面に踊る「栄進学園問題」も、遠い世界の出来事に思える。自分一人が頑張っても世界は変わらない。ずっとそう思って生きてきた。だが、公文書改ざんの事件に巻き込まれ、その運命は否応なく変えられてしまう。そんななか、彼は事件の真相を追う東都新聞社会部記者・松田杏奈(米倉涼子)と出会う。報道側、政権側、市井の人々。それぞれの正義がせめぎ合う中、葬られた事件の真実に迫っていく――。

▼公式サイト
https://www.netflix.com/jp/title/81317111

「STARDUST WEB」にてプレゼント応募受付中!

写真
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で1名様に、直筆サイン入りチェキをプレゼント!
【応募締め切り】2022/01/24(月)12:00まで
詳しくは、下記へアクセス!!
https://fc.stardust.co.jp/pc/ticket-present/

pagetop

page top