shadow

prev

next

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
4月からMBSドラマ枠として新設される「ドラマ特区」。第一弾として放送されるのは累計 170万部(電子を含む)を突破した人気爆発中のコミック「カカフカカ」の実写ドラマ化。舞台となるシェアハウスの主で編集者・長谷太一を演じる結木滉星に話を聞いた。

恋愛だけでなく、4人の個性溢れ出すキャラクターが成長していく姿にも注目してほしい

写真

―― 2019年2月までO.Aされていた「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」で主演のパトレン1号・朝加圭一郎を演じていた結木。本作「カカフカカ」は戦隊後初のドラマ出演となり注目を集めている。

「「ルパパト」が終わって、こうやって仕事を繋いでいけるというか、すぐに次の役を演じられるのは嬉しいです。ただ恋愛ドラマに出演したことがなかったので、“まさか僕が”とびっくりしましたし、緊張しますね。「ルパパト」後初のドラマなのでワクワクしています。同世代が多い現場でテーマがシェアハウスなので、楽しんで撮影に臨みたいと思います」

―― 演じる長谷に共感する部分、逆に似ていない部分とは。

「共感できる部分が少なかったです。長谷のように笑顔を作って笑うことはあまりしないので、僕は違うなと思いますね。似ているとこは、明るいところ。でも、それ以外はあまり似ていないので、まずは長谷を理解しなくてはいけないなと思っています」

―― 結木は作品に入る前に役作りをするタイプなのか、と尋ねると。

「そうですね。今回は原作を読んだ時から長谷について考えました。長谷は“笑顔”がテーマなので、取り入れられることがあるなら盗んでいこうと思って、電車の中で笑っている人の顔を観察しました。あとは生活の上でも口角をあげて、穏やかな表情をすることをあえて心がけています。編集者の役なので、パソコンを打つシーンもあるのですが、パソコンが苦手なので、ipadを借りて練習しています。最初は人差し指だけでしかキーボードを打つことができなかったんですけど、少しずつ上手くなっているかなって思います」

写真

―― シェアハウスに興味あるという結木。シェアハウスのどの部分に興味があるのだろう。

「みんなでワイワイするのは好きなタイプですけど、一人の時間が重要だと思っているので、部屋は違うにしても寝るときまで一緒なのはちょっと辛いかもしれません。興味はありますが僕自身は絶対にシェアハウスで住むのは無理だと思うので、だからこそ味ってみたいと思っていて、役を通して擬似体験できるのは楽しみです」

―― 主人公の亜希は中学の時、自分が“無敵”と感じていたが、年齢が重ねる中でいろんな挫折を経験し、自信を失い気味。結木も自分が“無敵”と感じた経験はあるのだろうか。

「幼稚園の頃からサッカーをやっていて、それだけでモテたんですよ。小学校の頃は足が早いだけでモテるんで、無敵感はありました(笑)。大人になってくるとそう思えなくなってきましたが。今は無敵でなく、好き嫌いが言えるハッキリした大人になりたいなと思います」

写真

―― インタビューをしたのはクランクイン数日前。これから撮影が始まるが、同世代の共演者が多い撮影現場にどんなことを期待しているだろうか。

「同世代というだけで、一緒にいる期間が長くなくても仲良くなれると思うんです。(中尾)暢樹くんとは過去2回共演経験があり仲がいいので、初共演となる森川(葵)さんや中村(里砂)さんとも仲良くなれたらいいなと思います。僕はわりとグループの中では、見守るタイプでなくはっちゃけるタイプです。笑わせることが好きで、周りにはムードメーカーと言われることがあります。だから今回も楽しくやりたいです。本読みの時にふくだももこ監督も「カカフカカ」という作品が好きなんだと伝わってきました。気になったことは監督や共演者の方々に相談しながらやっていきたいと思います。あとは、基本的には4人が集まるのは家の中だけなので、プライベートで遊園地とかに遊びにいけたら楽しいなと思います」

―― 「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」の撮影で忙しい日々だったと思うが、休みの日はどうやって楽しんでいるのだろうか。

「基本的に家にいられないんですよ。だから友達と会って、ワイワイします。疲れている時にもそうするので、結構タフかもしれないです。そういう時間と持つことでリフレッシュして元気になれるタイプです」

―― 1年間という長い間、朝加圭一郎という役を演じ切ったが、なかなか切り替えも難しかったという。

「簡単にはできなかったですね。やっぱり1年間積み上げてきた役だったので影響されていることが多くて、やっている最中は結木滉星なのか圭一郎なのかわからなくなることもあったし、生活する上で行動とか言葉遣いが圭一郎っぽくなる時がありました。圭一郎の部分を抜くのは大変でした。今でも気を抜いていると出ちゃうことがあるので、そこは気を張って意識しています。この1、2ヶ月は長谷くんのように穏やかとできたら思います(笑)」

写真

―― 戦隊で結木滉星を知ったみなさんに、このドラマを通してどういう新しい魅力を知ってほしいか聞くと…。

「圭一郎とは見た目も役もギャップがあるので、役者としてこういう一面があって、こういう役もできるんだと思わせられるようにしたいです」

―― 最後に作品の見どころを聞いた。

「少女漫画原作ということで恋愛が中心に描かれているんですけど、主人公の二人だけの恋愛でなく、あかりも長谷も加わって、三角関係、四角関係になっていくのも楽しみの1つだと思います。それだけでなく、主人公たち4人が出逢ってお互いどういう風に影響を受けるのか、また逆にどういう風に影響を与えるのかというのがもう1つのテーマとして描かれるので、4人の個性溢れ出すキャラクターが成長していく姿にも注目してほしいです。そこは個人的に長谷太一という役を通して肌で感じながら、役者としても成長できればいいと思いますし、同世代の多い現場なので、和気藹々とした雰囲気が作品にも出たらいいなと思います。すぐ仲良く慣れそうなので、撮影に入るのが今は楽しみです」


インフォメーション

写真

TV

『カカフカカ-こじらせ大人のシェアハウス-』


■MBS 4月25日から毎週木曜24:59~
■テレビ神奈川 4月25日から毎週木曜23:00~
■チバテレ 4月26日から毎週金曜24:00~
■テレ玉 5月1日から毎週水曜23:30~

配信情報
■Amazon Prime Videoにて見放題独占配信 毎週金曜10:00~配信開始
(初回は4月26日(金)10:00~)
■MBS動画イズム&TVerでの見逃し配信

シェアハウスを舞台に描く男女4人のちょっとHなラブコメディ。
主人公・亜希(森川葵)は「たたない」元彼・本行に秘密の協力を持ちかけられ…!?

▼公式サイト
https://www.mbs.jp/kakafukaka/


「STARDUST WEB」にてプレゼント応募受付中!

写真
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で3名様に、直筆サイン入りチェキをプレゼント!
【応募締め切り】2019/5/7(火)12:00まで
詳しくは、下記へアクセス!!
https://fc.stardust.co.jp/pc/ticket-present/

pagetop

page top