shadow

prev

next

写真

UPDATE

  • はてなブックマーク
動画配信サービスFODで9月18日から配信の、脚本家・野島伸司によるオリジナルドラマ「エロい彼氏が私を魅(まど)わす」は、結婚目前のヒロインが工事現場で偶然出会った男性に惹かれ、葛藤していく姿を描いた新時代のラブストーリー。一見よくある話かと思いきや、とんでもない急展開が待ち受ける。誰もがうらやむ主人公の婚約者・明石圭吾を演じた結木滉星に、ドラマの見どころや役を通じて得たもの、今後の展望について訊いた。

憧れの野島伸司作品に参加できて、また一つ夢が叶いました

写真

―― 「エロい彼氏が私を魅わす」は、「高校教師」など、「社会的タブー」を真正面から扱った数々のドラマで世間に衝撃を与え、稀代のヒットメーカーとして知られる脚本家・野島伸司の最新作。結婚を目前に控えた“正直者”のお嬢様・境野仁美(松井愛莉)が、工事現場で偶然出会った筋骨隆々の甲斐まなぶ(笠松将)に惹かれて葛藤するなか、家族や周囲がそれぞれの思惑で翻弄されあい、思わぬ方向に急展開していく。「野島作品の『プライド』が大好きで、何度も観返している」という結木に、まずは台本を読んだ感想から訊いてみた。

「『プライド』を観るたびに『いつか自分も野島伸司作品に出たいな』と思っていたので、夢が一つ叶ってすごく嬉しいです。野島さんの台本って、セリフ1つとってもめちゃくちゃ面白い。フィクションの要素が強いものの、キャラクター同士の関係性にはリアルな部分も多くて、その二つが絶妙にマッチした感じが魅力的。『お互い無事に生還して幸せになろう』とか、日常会話では絶対に出てこないような、野島さん独特の言い回しのセリフを自分に落とし込んでいく作業が、個人的にはすごく新鮮でした。タイトルにもインパクトがあるし、『え?! これどういうドラマなの?』って、めちゃくちゃ気になるじゃないですか(笑)」

写真

―― 今回、結木が演じているのは、恋人である仁美との結婚を間近に控えた、高学歴・高収入、優しくて見た目も良いという、いわゆる“優良物件”のエリート証券マンの圭吾。だが、ドラマの後半になるにつれて意外な面が露呈され、物語をかき回していくキーマンとなる役柄だ。

「ドラマの前半では“誰もが結婚したいと思うような爽やかな好青年”を意識しながら演じていました。でもある日突然、婚約者の仁美から言われた『気になる人が現れた』という一言と、仁美の“思い人”であるまなぶの存在を目の当たりにしたことによって、今まで作り上げてきた圭吾の人間像が崩れて、どんどん人間くさくなっていく……。これまで悪役に見えるような役柄はあまりやっていなかったので、とてもやりがいがありました。もともと悪いヤツをやってみたかったんですが、圭吾は表面的には好青年なのに、実は相当腹黒い。ドラマの後半、女性に対して、僕には考えられないようなひどい態度を取ったり、とんでもない暴言を吐いたりもするんです。役を通じてじゃなければ絶対にできないことがやれるのも、ある意味役者の醍醐味ですよね。台本通りのセリフを口にするだけでイヤなヤツに見えてしまうので、見た目からはできるだけ悪役感を出さないように、あえて自然にやりました」

―― 圭吾を愛しながらもまなぶに惹かれていく仁美や、それを“条件付き”で渋々受け入れ、さらにまなぶの恋人の麻衣(萩原みのり)からアプローチされる圭吾について、結木自身はどう感じたのだろうか。

「よく受け入れたなと思いましたよ。僕だったら正直その時点で無理です(笑)。圭吾は自分のことだけが大事な男なので、仁美のことを本当の意味では愛せていないんです。あくまで世間体を考えた上で仁美を選んでいるだけなので、そこが自分とは違うと思いました」

写真

―― とはいえ、セクシーな女性に心惹かれてしまう圭吾に、多少は共感する部分もあったのでは……?

「僕ですか? いや、ないですね(笑)。好きな人が現れると僕はそれ以外のことが一切目に入らなくなってしまうタイプなので、そこはまったく共感できないです。たとえ美人でも」

―― 果たしてここまで互いにバカ正直に打ち明けあうことが誠実なのか、それとも深く傷つく結果になるのか――。斬新すぎる彼らの関係性について、結木自身はどのように感じていたのだろうか。

「家族にだって秘密はあるし、恋人にも秘密はあって当然だと思う。その上でお互い良い関係性が築ければいいわけで。個人的にはここまでバカ正直に話す必要は無いと思います」

写真

―― 共演者の印象や、印象に残った撮影中のエピソードも語ってもらった。

「笠松くんって、ムキムキなんですよ。『どうやって鍛えてるんですか? 今度よかったら一緒にジムに連れていってください』ってお願いしました。笠松くんはその時々に湧き上がる感情を重視しながら、同じお芝居をしないタイプの役者さんだったので、僕もそこに喰らいついていくような感覚があって、刺激的で楽しかったです。松井さんと僕はお互いにサッカーが好きなので、空き時間はひたすらサッカーの話で盛り上がりました。萩原さんは過去にも一度共演したことがあるんですが、その時は『萩原さんって、すごくドライな人なんだな』と感じたんです。でも、今回は意外と人間的な一面も垣間見ることができました(笑)。第6話で、圭吾が、仁美のお母さん(国生さゆり)とお姉さん(菅野莉央)に本音をぶちまけて、一気に悪に変わる瞬間があるんです。それまでとは圭吾の見え方がガラッと変わるシーンだったので、そこはめちゃくちゃ気合いを入れてやりました。僕がひたすら喋る場面を長回しで撮ったので、良い緊張感もありました」

―― 今回、自分自身とはかけ離れた役柄を演じてみて新たに学んだことは?

「僕自身、割とサバサバしている部分があって、女性に対しても結構はっきり言うタイプだったんですが、改めて『女性には優しくしよう』と思いました。でも、圭吾に比べたら自分の方が遥かにマシだから、『まぁ、このままでもいいか』とも思ってるんですけどね(笑)。圭吾は過去にも浮気をしたことがあるのか、それとも今回が圭吾にとって初めての浮気なのか――。それだけで芝居の方向性が全然変わってくるなと思ったので、衣装合わせの時点で監督に訊いてみたんです。そうしたら監督から『今回が初めて』という答えが返ってきた。そこで、圭吾の方向性が固まっていきました。『自分だったら……』みたいな既存の価値観にはとらわれず、あくまでお芝居だからこそ言えるセリフや立ち居振る舞いを、目一杯楽しみながらやりました。野島さんの台本に書かれた言葉が持つ本質的な意味を捉えるのが難しかった分、役者としてすごく勉強になったし、このドラマに参加できて本当に良かったです。これを機に、またいつか野島さんの作品に出られたらいいなと思っています」

写真

―― 最後に、本作での経験を踏まえ、今後挑戦したいことについても訊いてみた。

「僕も今年27歳で、そろそろ言い訳がきかない年齢になってきたなと感じるので、気を引き締めて芝居に取り組んでいます。自分とかけ離れた役柄を演じる場合、キャラクターの人間性を一から考える必要があったりもするのですが、個人的にはそこが一番面白い。今回のように物語のアクセントになる役は、結構目立つポジションでありながら自由度も高く、いろいろ試せることが多くて楽しいんです。それこそ主演の場合は受けの芝居が中心になってくるから、あまり色が出せないところが難しいと聞いたので、今後はそういった立ち位置のお芝居にも取り組んでいけたらと。僕が尊敬している演出家のスズカツ(鈴木勝秀)さんからは『声を武器にしろ』とアドバイスをもらっているので、機会があれば声の仕事にも携わってみたいです。実は今回、ベッドシーンにも初めて挑戦したのですが、とにかく恥ずかしがらずにやるように心がけたところ、思っていたより緊張せずにすんなりできました。そういう意味では、個人的にも新たな挑戦ができた作品になったんじゃないかと思います。“エロい彼氏”のような役はまだやったことがないので、いつかめぐり逢いたいです(笑)」


Writing:渡邊玲子/Photo:笹森健一

インフォメーション

写真
(C)フジテレビ

WEB

『エロい彼氏が私を魅わす』

FODにて毎週土曜0時~最新話配信中


仁美(松井愛莉)は、誰もがうらやむ彼氏・圭吾(結木滉星)と結婚間近。証券マンで収入もよく、高学歴で、優しくて、見た目も良い、いわゆる優良物件。このまま晴れてゴールインだと思っていたが、偶然街中で出会ったまなぶ(笠松将)のニッカポッカ姿でドリルを持つ太い筋肉と滴る汗に、仁美はドキドキが止まらない。学歴も収入も圭吾より劣るが、仁美はまなぶが気になって仕方がない。これってマリッジブルー?一瞬の気の迷い?このまま結婚していいの…。私が選ぶのは“人としての色気”か“条件面”か?

▼公式サイト
https://www.fujitv.co.jp/erokare/



「STARDUST WEB」にてプレゼント応募受付中!

写真
インタビューをご覧頂いた方の中から抽選で2名様に、直筆サイン入りチェキをプレゼント!
【応募締め切り】2021/10/11(月)12:00まで
詳しくは、下記へアクセス!!
https://fc.stardust.co.jp/pc/ticket-present/

pagetop

page top