shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

永野芽郁 映画「地獄の花園」公開記念配信イベント!

永野芽郁主演映画「地獄の花園」が、5/21(金)公開初日を迎え、翌5/22(土)に行われた公開記念配信イベントに、監督・キャストとともに永野が登壇した。

真面目に働き、日本の経済を支える日本のOLたち。花園のようにも見える華やかな彼女たちの世界では、実は裏で地獄のような覇権争いが行われているーー拳(こぶし)で。
日本中のOLが抗争を繰り広げる壮大なストーリーをオリジナル脚本で手掛けたのは、お笑い界の鬼才バカリズム。その世界観を唯一無二の映像美で表現するのは、Perfume 、サカナクション、星野源のMVを手掛ける関和亮監督。
<地上最強のOLに成り上がれ!>喧嘩上等空前絶後のOLバトルロワイヤルが始まる-

普通のOL生活を送る直子(永野芽郁)の職場では、裏で社内の派閥争いをかけOL達は日々喧嘩に明け暮れている。ある日、一人のカリスマヤンキーOLが中途採用されたことをきっかけに、全国のOL達から直子の会社は狙われることに。テッペンをかけた争いから直子は平穏無事なOLライフを全うすることができるのか!?

イベントに登壇した永野は、「無事に初日を迎えられて、ホッとしています。今、自分自身が一番観たいと思えるような作品が出来たなと思います。今日はよろしくお願いします。」と挨拶。

共演の広瀬アリスさんとは、友情を育むシーンやアクション練習などで一緒に過ごす時間が多かったといい、「すごく明るい方なんだろうなというイメージが元々あったんですけど、それをはるかに超えるハツラツとした明るさを持っていらして、現場を引っ張っていってくださいました。」と明かした。

今作では、それぞれの役柄に“異名”があることにちなんで、出演者がお互いの異名を考えることに。永野は広瀬さんについて、「“重低音のアリス”ですね。隣の楽屋からイケイケの重低音が聞こえてきて、どこかでライブがあるのかな?と思って廊下に出たら、広瀬さんの楽屋から流れてきていて。どんなに朝早くてもテンションを上げるために音楽を聴くとおっしゃっていたので、楽屋に行きたいな、楽しそうだなと思いました。」とコメント。逆に小池栄子さんは永野について、「“孤高の女戦士、芽郁”です。アクション練習の姿勢や現場での居方を見て、心が強い人なんだと感動しました。」と明かされ、笑顔を見せていた。

最後に、「撮影の最中から、キャスト・スタッフ、そして脚本を描いていただいたバカリズムさんと、壮大なおふざけをしようと本当に楽しみながら撮影したものがそのまま映像になっていると思います。梅雨の時期ですし、簡単に外に出られる時期ではないですが、心がスカッと、モヤモヤが晴れるような作品になっていると思いますので、ぜひご覧ください。よろしくお願いします。」とメッセージを送り、イベントを締めくくった。

映画「地獄の花園」は、絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top