shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

山﨑賢人 映画「夏への扉 ―キミのいる未来へ―」公開直前イベント!

山﨑賢人主演映画「夏への扉 ―キミのいる未来へ―」の公開直前イベントが6/18(金)に行われ、LiSAさん、三木孝浩監督と共に山﨑が登壇した。

同作は、1956年にアメリカで発表されて以来、色褪せぬ名作として世界中で愛される伝説的なSF小説「夏への扉」(著:ロバート・A・ハインライン)を初実写映画化。舞台を日本に再構築し、1995年から2025年へ時を超え、人生のすべてを奪われたロボット科学者が未来を取り戻す冒険物語として描かれる。

将来を期待される科学者の高倉宗一郎は、亡き養父である松下の会社で研究に没頭していた。ずっと孤独だった宗一郎は、自分を慕ってくれる松下の娘・璃子と愛猫ピートを、家族のように大切に思っていた。しかし、研究の完成を目前に控えながら、宗一郎は罠にはめられ、冷凍睡眠させられてしまう。目を覚ますと、そこは30年後の2025年の東京――。宗一郎は、研究もピートも、すべてを失い、璃子が謎の死を遂げていたことを知る。愕然とする宗一郎だったが、人間そっくりなロボットの力を借り、未来を変えるために動き出す。璃子を絶対救うという、信念とともに。

山﨑は、孤独な科学者・高倉宗一郎を演じる。騙され奪われた研究の結晶ともいえるロボットや会社、大切な人を30年の年月を超えて取り戻しにいく。

イベントに登壇した山﨑は、「今日は公開前にまたこうしてイベントをすることが出来て、本当に嬉しく思います。よろしくお願いします。」と挨拶。

三木孝浩監督とは山﨑の初主演映画『管制塔』以来、約10年ぶりのタッグになるが、「『管制塔』が僕のデビュー映画だったので、そのときは右も左もわからない状態でした。思い出に残っている事と言えば、三木さんの優しい人柄と、北海道の寒さと、美味しかったご飯、という感じだったのですが、10年経ってご一緒させていただいて、そのときには気づけなかった三木さんの監督としてのこだわりとか、この映画のテーマにもなっている“諦めなければ失敗じゃない”という諦めないで撮り続ける姿勢みたいなものを感じて、自分もそういうことが見えるくらい大人になったのだなと思いました。」と語った。

三木監督の現場ならではの雰囲気は感じたか?と問われ、「10年前のときも監督のお人柄もあって、すごくいい雰囲気の現場だなと思っていたのですが、今回もクランクインする前にいただいた手紙に、“宗一郎をこういう風に描いていきたい”という事と、“三木組は楽しむことをモットーとしているから、みんなで楽しく作品を作りましょう”ということが書かれていて本当に素敵だなと思いました。朝から夜まで撮影が大変な中、みんなで楽しく出来ていたのは三木さんのお人柄があったからなのかなと思います。」と振り返った。

この日は、主題歌を担当しているLiSAさんが同作のために書きおろした楽曲『サプライズ』を生歌唱。

LiSAさんの歌唱前に、最初に『サプライズ』を聴いたときの感想は?と聞かれ、「『夏への扉』のために書き下ろしてくださったということで、映画の内容を思い出して元気をもらえました。宗一郎の目線にも見えるし、清原果耶さんが演じた璃子の目線にも捉えられるような曲で本当に素敵だなと思いました。」と話した。

その後、生歌唱が披露されると、「本当に最高でした。未来に向かって頑張ろうと思える、すごくポジティブなLiSAさんの力強い歌声が生で聴けて幸せでした。また、『サプライズ』が入った状態の映画を初めて観たときに、音楽があって映画というものが素晴らしいものになるんだなと実感しましたし、歌詞の中にもあるように、今までのいろいろなことがあって、未来に向かってポジティブなメッセージがあるというところが好きです。」と笑顔で語った。

イベント中盤では、会場のスクリーンで繋がったファンの方とのオンライントークセッションが実施された。

山﨑は、ファンの方からの“璃子の『諦めなければ失敗じゃない』という言葉に、きっと多くの人が救われると思う。自分もずっと小さいころからの夢を追い続けているが、周りの友達を見ていると諦めようかなと思うときがある。でも、この作品を観て、諦めなければ夢につながるのかもしれないと思った”という感想を聞いて、「“諦めなければ失敗じゃない”というのは、この作品で伝えたいなと思っているメッセージだったので、それを感じ取っていただけて嬉しいです。」と伝えた。

続いて、“同作のように、もし未来に睡眠状態で冷凍保存が出来るようになったら体験してみたいか?”という質問には、「現状はしなくていいです(笑)。経験はしてみたいですが、今すぐにと言われるといろいろな遅れが出てしまいそうなので、医療技術の進歩を待って、冷凍保存が実現した状態だったら体験してみたいなと思います。」と答えた。

また、“もう一度味わいたい過去の感動した思い出は?”と聞かれ、「感動した思い出はいっぱいあるのですが、感動するまでに過ごした時間があるからこそ、感動できると思うんです。映画を撮っていて、クランクアップするときとかに思いがあふれたりするのですが、その作品にかけているというわけではなく、全部の作品に対して全力でやっているので、これから撮る作品でも一生懸命に頑張ったときに“終わったね!”とまた感動したいです。」と回答。三木監督が“過去は振り返らないんだね(笑)”とコメントすると、「今の連続で未来が作られていくので、今を最高だと思って生きたいなと思います。」と話した。

オンラインでのトークセッション終了後、感想を問われ、「このご時世になる前からこういった機会は少ないと思うので楽しかったです。作品が出来て、そこからどう広がっていくかというのは観ていただいた方次第だと思うので、こういったお声をいただけると本当に嬉しいです。」と振り返った。

そして最後に、「公開直前に、先に映画を観ていただいた方のすごくポジティブなメッセージをいただけて嬉しかったですし、LiSAさんの歌声も聴けてすごく幸せでした。公開に向けて気合が入りました。(この映画を観ていただいて)作品が伝えたかった、“どんな状況でも諦めずに前に進んでいく”ということを感じて欲しいです。また、ラブストーリーですので、そういった部分でも楽しんでいただければと思います。いろいろな世代の方に楽しんでいただける作品になっていますので、公開まで楽しみにしていただけたら嬉しいです。今日はありがとうございました。」とメッセージを送り、イベントを締めくくった。

映画「夏への扉 ―キミのいる未来へ―」は、6/25(金)全国公開!
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top