shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

山田孝之 主演映画「はるヲうるひと」絶賛御礼舞台挨拶!

山田孝之主演映画「はるヲうるひと」の絶賛御礼舞台挨拶が6/19(土)ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にて行われ、佐藤二朗さんと共に山田が出席した。

同作は、鬼才俳優・佐藤二朗さんが原作・脚本・監督を手掛け、自らも出演。自らが主宰する演劇ユニット【ちからわざ】で2009年に初演、2014年に再演され演劇界からも絶賛された舞台を約5年掛けて完成させた”入魂”の作品。山田は、主人公・真柴得太を演じる。

上映後に行われた舞台挨拶にて山田は、「今日はお足元が悪い中、映画『はるヲうるひと』を選んでいただき誠にありがとうございます。」と挨拶。

この日は、SNS上での同作への感想が多数紹介され、佐藤さんが、“毎日熱量がある感想を目にしている。山田さんもこんなに観た人からメールがくることが初めてだと言っていた”と明かすと、「(感想のメールが)結構きますね。“面白かったというのもあれなんですけど、とにかく劇場で観て良かったです”という感想が多いです。”凄いものを観てしまった“みたいな感じで言っていました。」と話した。

また、質問コーナーでは、“得太の一生分を創造して役作りをしたとのことだが、幼い頃の得太と母親はどんな関係だったと想像したか?”と問われ、「一応幼少期も描かれていますが、情報としてはあそこだけなので、それ以外は勝手に作っていました。」と話し、「でも、得太の気持ちをすごく考えていたけど、一番考えていたのは、これで日本アカデミー賞に呼ばれないかなということでした。“日本アカデミー賞に呼ばれる映画、芝居、どんな感じだろう?”と思って、“カメラがこっちにいる。俺だったらここでこういくけど、アカデミーを取るんだったらこのくらいの角度だな”ということをずっと意識しながらやっていましたね。」と冗談交じりに語った。

“最近ついた嘘はあるか?それは誰のための嘘か”という質問には、「親が真面目で、嘘だけはつくなと言われて生きてきたので嘘をついたことがないです。そういう真面目なところで賞に呼ばれないのかな。もっとちゃんと嘘とかついて、人を楽しませられるようにならないといけないですよね。」とジョークを飛ばし、佐藤さんが “今日会ってから八割がた嘘言ってるよ?(笑)”とツッコミを入れていた。

そして最後に、「何としてでも日本アカデミー賞に呼ばれたい。そのためには皆さんの口コミで多くの人に観ていただいて、(日本アカデミー賞に)呼ばれるのであれば一人千円くらいは渡します。どうか私をアカデミーに連れて行って。さようなら、山田孝之でした。」と再び冗談を交えてメッセージを送り、イベントを締めくくった。

映画「はるヲうるひと」は、テアトル新宿ほか全国にて公開中!
是非ご覧ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top