shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

岡本侑樹 舞台「ミッション・イン東京物語」公開ゲネプロ!

岡本侑樹出演舞台「ミッション・イン東京物語」が、6/23(水)CBGKシブゲキ!!にて開幕。上演に先駆けて、関係者向けの公開ゲネプロが行われた。

同作は、殺人ウイルスを開発する如月教と、その陰謀を阻止するスパイ集団「ミッション・イン東京物語」の戦いを描く。

「ミッション・イン東京物語」に所属する初台たく実を演じる岡本は、自身の役柄について「たく実は一流スパイではあるもののどこか自分に自信がないのですが、同じミッション・イン東京物語に所属するみち子にびびりながらもちゃんと先輩として慕ってる姿が見られる素直な性格です。本編のある場面で、普段はふわふわしていて可愛らしい一面もあるたく実が自身の「スパイ」という役職について真剣になる場面があります。僕も台本を読みながら実際にそのたく実の言動に心を打たれました。きっとご観劇いただく皆さまにも届くと思います!」とコメント。

舞台全体の見どころを問われると、「なんと言っても、今回出演しているキャストが総勢25名ということで、場面ごとに繰り広げられるお芝居、殺陣など ひとつひとつがとても見応えのある作品だと思います。この舞台の登場人物全員が物語の中でそれぞれ個性のあるチームに所属しており、各グループごとの背景なども見どころのひとつだと思います。登場人物の言動、仕草 一瞬も目を離せない作品だと思います」と語った。

最後に、「今回のお芝居は自分にとって今まで経験のないジャンルなので、初めての挑戦でした。僕自身お芝居の経験がまだまだ浅く、共演者の皆さまからアドバイスをいただいたり、沢山支えていただきながら稽古に励みました。お客さんに初めて見せる僕の姿、初台たく実を是非注目していただきたいです。そして、この【ミッション・イン東京物語】本当に一瞬も目を離せないほどに次々と物語が展開していき、何度ご観劇いただいても楽しんでいただける作品だと思います。楽しみにしていてください!」とメッセージを送り、締めくくった。

舞台「ミッション・イン東京物語」は、6/27(日)までCBGKシブゲキ!!にて上演。
ぜひ劇場でお楽しみください。

【あらすじ】
キサラギコーポレーションのカリスマ社長「如月淳」は、宗教法人"如月教"の教祖として数多くの信仰者達からの支持を集めていた。
慈善団体として地域からの信頼もある如月教であるが、如月教の真の目的は「殺人ウイルスの研究・開発」であった。
日本の最北端にある誰も知らない小さな集落に、どんなウイルスにも抗体を持つ民族が存在し、如月教はその民族を捕らえ実験体として様々な殺人ウイルスを開発していたのだった。 そしてある日、実験体として捕らえられていた「0074」と「0075」の姉妹は研究所から逃げ出し、東京行の貨物船へと乗り込んだ。

一方、スパイに憧れる主人公「新庄ヲサム」はアルバイトの新聞配達していると、新聞の片隅に「新人スパイ大募集!」と書いてある求人広告を見つける。
翌日、面接会場である
「ミッション・イン東京物語」
と書かれた事務所の扉をあけると、ド派手な女が一人だけ立っていた。
「あんた、やれんの?」
突然の第一声に戸惑うヲサムだったが、
「はい、やれます!!」とすぐさま答えた。
すると派手な女はヲサムにナイフを握らせ、そのまま思い切り自分に引き寄せ女自らのお腹にブッ刺した。
「なかなかやるじゃん?」
女はそう言い残し、死んだ。
何が起きたか理解できず呆然と立ち尽くしているヲサム。 遠くからパトカーの音が聞こえてきた。段々と大きくなるサイレンは、ヲサムがいる事務所の前で止まった。

これは殺人ウイルスを開発する如月教と、その陰謀を阻止するスパイ集団「ミッション・イン東京物語」のお話。

-MISSION・IN TOKYOSTORY-
  • はてなブックマーク

pagetop

page top