shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

岡田将生 映画「Arc アーク」公開初日舞台挨拶!

岡田将生出演映画「Arc アーク」が6/25(金)公開初日を迎え、新宿ピカデリーで行われた舞台挨拶に岡田が登壇した。

原作は、21世紀を代表するSF作家ケン・リュウの傑作短編小説「円弧(アーク)」で、人類で初めて永遠の命を得た女性の人生を描く物語。
原作の息をのむほど斬新な不老不死のシチュエーションを引き継ぎながら、映像世界へと鮮やかに転生させたのは、石川慶監督。同作では女性の圧倒的支持を得た『愛がなんだ』の澤井香織とともに脚本を手がけ、新たなオリジナルストーリーを融合させた。

17歳で生まれたばかりの息子と別れ、放浪生活を送っていたリナは、19歳で師となるエマと出会う。彼女は大手化粧品会社エターニティ社で、〈ボディワークス〉という仕事に就く。それは最愛の存在を亡くした人々のために、遺体を生きていた姿のまま保存できるように施術(プラスティネーション)するもので、悲しみを乗り越えたい人々からの依頼は絶えることがなかった。一方、エマの弟で天才科学者の天音は、その技術を発展させ、姉と対立しながら「不老不死」の研究を進めていた。30歳になったリナは天音と共に、「不老不死」の処置を受ける人類史上初の女性となり永遠の命を得た。やがて、不老不死が当たり前となった世界は、人類を二分化していくこととなり、同時に混乱と変化を産み出していった。果たして不老不死が生み出した未来の先にリナが見たものとは・・?

岡田は、エマの弟で天才科学者である天音を演じている。

上映後に行われた舞台挨拶にて岡田は、「100%の客席を見ると圧倒されて、感慨深いものがあります。本日はお越しいただき、本当にありがとうございます。」とコメント。

その後、作品の注目ポイントについてフリップで発表することに。岡田は“海辺”と書き記し、「芳根さん(演じるリナ)と一緒に新たな人生の一歩を踏み出した後に訪れる衝撃事実を告げるシーンなど、この映画の肝となるシーンがわりと海の近くで、その先にある世界の広さを感じられて“海辺”にしました。」と話すと共に、芳根さんとの共演を振り返り、「2回目の共演だったのですが、とても頼もしくて、でもどこか脆さがあったので、支えられたらいいなと思いながら天音を演じました。今日初日を迎えて舞台挨拶に一緒に立っていることが、撮影の日々を思い返すと“ここまで来たか”と感じますし、それを引っ張ってくださった石川監督がとても素晴らしいと思いました。」と笑顔で話した。

映画「Arc アーク」は現在公開中!
ぜひご覧ください。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top