shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

中川大志 映画「犬部!」完成披露イベント!

中川大志出演映画「犬部!」の完成披露イベントが、7/3(土)TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われ、監督・共演者らと共に中川が登壇した。

同作は、片野ゆか著「北里大学獣医学部 犬部!」(ポプラ社刊)原案。2004年頃に青森県十和田市にある北里大学(十和田キャンパス)に実在した動物保護サークル“犬部”。設立した獣医学部の学生をモデルにした主人公の、仲間たちと共に動物を守ろうと奮闘した過去と、獣医師となって一人で新たな問題に立ち向かう現代という二つの時代構成で、かつての“犬部”の仲間たちを再び巻き込んで、信念を曲げずに突き進む奮闘を描く。

中川は、主人公・花井颯太の相棒で心優しい同級生・柴崎涼介を演じる。

イベントには、実際の撮影で中川とバディを組んだ犬や猫も含めた、動物4匹も登場。犬部をイメージしたつなぎ衣装で柴犬のきぃと共にステージに登壇した中川は、「今日はありがとうございます。皆さんに映画を観ていただけるということで、本当に嬉しく思っています。ちょっと(きぃからも)一言・・・」と話し、きぃにマイクを向けて合図を送ると鳴き声で応え、コンビネーションばっちりの掛け合いに会場からは拍手が起きていた。

続いて、動物たちとの撮影を振り返り、「動物たちとここまでがっつり共演するのは初めてだったのですが、犬たちがいっぱい奇跡を起こしてくれて、一緒にやっていて心を動かされる瞬間が映画にも残っているので、そこを観ていただきたいです。」と話した。

同作のオファーを受けた際の気持ちについては、「脚本を頂いて、(主人公のモデルとなった)太田快作先生のドキュメンタリー等々見させていただいて、この作品に出会ってから初めて知ることが多くありました。僕自身も小さい頃から犬を飼っているので、そういう身としても、動物愛護の歴史やそこに関わってきた方々の姿というのを、この映画を通して、少しでも多くの方に知ってもらえる機会になったら良いなと思いました。」と語った。

撮影時の思い出を聞かれると、「本当にのどかな場所で、東京にいたら味わえないようなスローな時間が流れていて、待ち時間に椅子を並べて外に座っていて1番盛り上がった話題が、『あそこに生えている野菜をスマホを使わずに調べよう』という(笑)。そんな平和な時間は東京にいたら無いじゃないですか(笑)。結局は携帯で調べちゃいましたけども。現代っ子が出ちゃいました。」と話し、笑いを誘った。

また、撮影を通して感じたことを問われると、「(僕が演じたのは)保健所に職員として入って、そこから変えていくという志を持った青年なんですけど、そういった場所で実際に撮影させていただいて、なかなかそういう場所に行くことも無いので、衝撃的な部分も多かったです。この作品のお話を頂いた時に、役作りはキツいものになるだろうなと分かっていたので、犬たちと向き合ってお芝居をして、撮影が終わって久しぶりに自分の犬に会った時にまた違った感覚があって、グッときました。」と感慨深げに語った。

そして最後に来場者に向けて、「改めまして本日はありがとうございます。冒頭に登場したワンちゃんたちは取材も一緒にやったりしているんですけど、スタッフの皆さんが犬しか見ないんですよ。もっと僕を見てくれと。今日も出てきた瞬間、『可愛い!可愛い!』って言われているのを見てジェラシーもあって(笑)、もちろんこの映画の中に可愛いワンちゃん猫ちゃんたちは出てくるので、そこも大注目なんですけど、僕たちのことも観てください(笑)。よろしくお願いします。」とメッセージを送り、締めくくった。

映画「犬部!」は7/22(木・祝)全国ロードショー!
ぜひご期待ください。

【STORY】
青森県十和田市に、一人の変わり者がいた。花井颯太(林遣都)22歳、獣医学部の大学生。子どもの頃から大の犬好きで、一人暮らしのアパートには保護動物がぎっしり。周りからは変人扱いされても、目の前の命を救いたいという一途な想いで保護活動を続けていた。ある日颯太は、心を閉ざした一匹の実験犬を救ったことから、ひとつでも多くの命を救うため、動物保護活動をサークルにすることを思いつき「犬部」を設立。颯太と同じく犬好きの同級生・柴崎涼介(中川大志)らが仲間となり動物まみれの青春を駆け抜け、それぞれの夢に向かって羽ばたいていった。颯太はひとつでも多くの命を救うため動物病院へ、そして柴崎は動物の不幸な処分を減らすため動物愛護センターへーー。
「犬部」から16年後。獣医師となっても一途に保護活動を続けていた颯太が逮捕されたという報道をうけて、開業医として、研究者として、動物愛護センターの一員として、それぞれの想いで16年間動物と向き合ってきたメンバーたちが再集結するが、そこに柴崎だけがいなかった……。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top