shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

林遣都 主演映画「犬部!」完成披露イベント!

林遣都主演映画「犬部!」の完成披露イベントが、7/3(土)TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われ、監督・共演者らと共に林が登壇した。

同作は、片野ゆか著「北里大学獣医学部 犬部!」(ポプラ社刊)原案。2004年頃に青森県十和田市にある北里大学(十和田キャンパス)に実在した動物保護サークル“犬部”。設立した獣医学部の学生をモデルにした主人公の、仲間たちと共に動物を守ろうと奮闘した過去と、獣医師となって一人で新たな問題に立ち向かう現代という二つの時代構成で、かつての“犬部”の仲間たちを再び巻き込んで、信念を曲げずに突き進む奮闘を描く。
林は、超が付くほどの動物好きで、一匹でも多くの命を救うため、どんな状況でも諦めない熱血主人公・花井颯太を演じる。

イベントには、実際の撮影で林とバディを組んだ犬や猫も含めた、動物4匹も登場。
犬部をイメージしたツナギ衣装でミックス犬のちえと共にステージに登壇した林は、「(ちえより)僕の方が緊張してるからね(笑)。」と緊張気味なちえに声を掛け、「(ちえの事もあるので、)手短に。今日はよろしくお願いします。」と挨拶。

動物たちとの撮影を振り返り、「暑い時期に撮影していて、動物たちも東京から来ていたので負担がある中、難しいシーンばかりでしたが、しっかりと応えてくれて、心揺さぶられる素敵で愛くるしい表情をたくさん見せてくれました。日々そういう姿を見せてくれるので、毎日幸せを感じながら過ごしていました。」と話した。

同作のオファーを受けた際の気持ちについては、「元々動物が大好きで、動物に関わる作品に出られたら嬉しいなと思っていたので、是非やらせていただきたいと思いました。犬部に関しては知らなかったのですが、スタッフの方に準備していただいた資料などに目を通して、僕の役のモデルとなった太田快作先生にもお会いし、動物保護という難しい問題が題材でしたが、その方々の思いを受けて、責任を持ってやらなければいけないなという気持ちになりました。本当に素晴らしい活動をされてきた方々の物語なので、その思いを伝えたいという気持ちです。」と回想。

また、太田先生の印象を聞かれると、「事前にドキュメンタリー番組や色々なものを見させていただいて、誰よりも動物に対する思いが強い方だと思ったので、半端な気持ちでいって嫌な気持ちにさせられないなと思ったので、覚悟を決めてお会いしました。実際にお会いすると内面から動物に対する思いが溢れていて、優しさが滲み出ていて、僕はこの人が放つオーラを映画の中で出さなければいけないという気持ちにさせていただきました。嬉しい出会いでした。」と振り返った。

続いて、撮影を通して感じたことを問われると、「(動物に対して)可愛いと接することしか出来なかったんですけど、監修で入っていただいたZOO動物プロダクションの方だったり、それぞれの飼い主さんだったり、現地の獣医師さんだったり、色々な接し方を教えていただいて、1番は言葉を掛けてあげて会話をすることと言っていただいて、それを実践するとどんどん(動物たちとの関係性も)変わっていって、関係が深まると僕自身の気持ちも動かされたりして、終わった後に動物たちから与えられているものの方が多いんだなと強く感じました。」と感慨深げに語った。

そして最後に来場者に向けて、「獣医師の先生方とお話しして、誰かのためや、何かのために、自分を犠牲にして、叶えたいことを叶えるため信念を持って突き進んでいる姿って素敵でかっこいいなということを感じました。コロナに限らず、日々くたびれがちな苦しい思いや、上手くいかないことも色々あると思いますが、きっと周りの人や自然や動物など、自分にとって大切なものに目を向けると、ちょっと気持ちがふわっと軽くなるんじゃないかなと、この映画を通して僕自身感じさせていただきました。僕は今日1日良い日になりました。皆さんにとっても良い1日になったら嬉しいです。」とメッセージを送り、締めくくった。

映画「犬部!」は7/22(木・祝)全国ロードショー!
ぜひご期待ください。

【STORY】
青森県十和田市に、一人の変わり者がいた。花井颯太(林遣都)22歳、獣医学部の大学生。子どもの頃から大の犬好きで、一人暮らしのアパートには保護動物がぎっしり。周りからは変人扱いされても、目の前の命を救いたいという一途な想いで保護活動を続けていた。ある日颯太は、心を閉ざした一匹の実験犬を救ったことから、ひとつでも多くの命を救うため、動物保護活動をサークルにすることを思いつき「犬部」を設立。颯太と同じく犬好きの同級生・柴崎涼介(中川大志)らが仲間となり動物まみれの青春を駆け抜け、それぞれの夢に向かって羽ばたいていった。颯太はひとつでも多くの命を救うため動物病院へ、そして柴崎は動物の不幸な処分を減らすため動物愛護センターへーー。
「犬部」から16年後。獣医師となっても一途に保護活動を続けていた颯太が逮捕されたという報道をうけて、開業医として、研究者として、動物愛護センターの一員として、それぞれの想いで16年間動物と向き合ってきたメンバーたちが再集結するが、そこに柴崎だけがいなかった……。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top