shadow

prev

next

ニュースNEWS

CM

岡田将生 「ビオフェルミンの森」新CM発表会!

岡田将生が、ビオフェルミン製薬株式会社「新ビオフェルミンS」の新イメージキャラクターを務めることが発表され、7/5(月)都内で行われた新CM発表会に出席した。

CMの舞台となる“ビオフェルミンの森”は、緑豊かな空想上の森。ビオフェルミンのヒト由来乳酸菌が、腸内環境を整えるかのように、ひとつ、またひとつと生まれる生命力が森全体に広がっていく様子を描く。岡田が演じる人の腸と乳酸菌を知りつくした「森の番人」が、人々を美しく健やかな森にいざない、緑を植えて豊かな森を育むように、自分の中に善玉菌を増やしてほしいと伝える内容となっている。

イベントに同CMの衣装で登場した岡田は、「真っ白でデザインもあって、すごく気に入っています。」と笑顔。また、CM内で森の番人の証として持っている小道具についても触れ、「新ビオフェルミンSのロゴがデザインされていて、お芝居している中でもこれに助けられました。」と話した。

続いて、撮影について、「(撮影現場には)新ビオフェルミンSの瓶を使ったライトがあったりして、こだわりを感じましたし、本当に“ビオフェルミンの森”という感じで、僕もお芝居がやりやすい環境でした。こういうご時世ですから自然に触れ合う機会が減っていたので、森で撮影できたことがリラックスできましたし、マイナスイオンを感じながら気持ち良く撮影できたので良かったです。」と振り返った。

森の番人を演じるにあたって意識したことを聞かれると、「見てくださる方々にメッセージがちゃんと伝わるように、温かく優しい気持ちでということを意識してお芝居していました。」と明かした。

発表会中には腸内環境を整えるための腸活ストレッチに挑戦する場面もあり、「皆さんに見られながらやっていたのですごく恥ずかしい気持ちになってきましたが(笑)、ものすごくポカポカしてきました。どこでもできますし、今ちょうど舞台の稽古中なので、共演者の皆さんにも教えようと思います。」と照れながらもストレッチの効果を実感した様子。

また、七夕が近いこともあり、新CMコンセプト「ビオフェルミンの森」になぞらえ準備された“ビオフェルミンの木”に短冊を飾る一幕も。
短冊に「この先の30代が健康で新たなステージに行けますように」と書いた岡田は、「僕自身今年で32歳になるので、周りの友人と話す内容が健康の話になってきたりして、皆さんと情報交換をしながらということもあったりしますし、お仕事の面でもここ1~2年で色々な作品にチャレンジさせてもらうことが多くて、色々な役に出会う幸せを30代も長く続けていけますようにということと、俳優として、表現者として皆様に新しいものを届けていきたいなという思いを込めて書かせていただきました。」とコメント。

具体的に挑戦したいことを問われると、「まだ僕が手が出せていないジャンルがありまして、それを言葉にしてしまうと叶った時に『これだ!』となってしまって恥ずかしいので申し上げられないんですけど(笑)、これからもドラマ・映画に限らず、お仕事には積極的に関わっていきたいなという気持ちが年々増えてきたので、1つ1つの作品を丁寧に挑戦していきたいなと思っています。」と意気込んだ。

そして最後に、「今日は腸内環境ってすごく大切なんだと学ばせていただきました。皆さまにも腸から健やかな日々を送っていただきたいなと思っています。“あなたに合う乳酸菌を選ぼう。”という新ビオフェルミンSのメッセージのように、僕も新ビオフェルミンSを選んでいただけるように皆さまに伝えていきたいなと思っております。新しいCMも画が綺麗で見応えもありますので、是非ご覧ください。今日はありがとうございました。」とメッセージを送り、締めくくった。

新CM「ビオフェルミンの森」篇は、7/7(水)全国で放送開始!
ぜひご覧ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top