shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

大政絢 土曜ドラマ「正義の天秤」出演決定!

大政絢が、9月25日よりスタートの土曜ドラマ「正義の天秤」(NHK総合)に出演することが発表された。

同作は、医師から転職した天才弁護士が、冤罪の悲劇に苦しみながら、数々の難事件の真相を暴き、事件に関わる人々の魂を救う本格法廷ミステリー。

大政は、主人公・鷹野和也率いる師団坂法律事務所の刑事部門担当「ルーム1」所属の女性弁護士・桐生実雪(きりゅうみゆき)役を演じる。元裁判官のエリート弁護士。容姿端麗で頭脳明晰。裁判官時代の経験と人間関係を駆使しての弁護が得意。記憶力、暗記力は飛び抜けているが融通が効かない面がある。美人で感情を顔に出すことを嫌うため、きつく思われがちだが姉御肌の面も。

出演にあたって大政は、『それぞれの個性が集まったルーム1。その中で私は元裁判官のキャリアを持つエリート弁護士、桐生実雪を演じています。弁護士ならではの専門用語をぶつけ合いながらお芝居をすることも多いので、知識を吸収しながら、どんな撮影現場になるのかすごく楽しみです。一人一人の個性を活かし、鷹野を中心に事件と向き合います。「正義とは何か」を軸に、最後に辿り着く場所はどこなのか、ハラハラドキドキしながら見守っていただける嬉しいです。』とコメントを寄せた。

土曜ドラマ「正義の天秤」は、NHK総合にて9月25日放送スタート!(毎週土曜 よる9時~9時49分 ※連続5回)
個性豊かなくせ者の4人の弁護士たちが、鷹野和也とぶつかり合いながらも共に数々の事件・弁護に挑み、チームの結束を固めていく姿をぜひ、お楽しみください!


【物語】
主人公は「元外科医」の肩書を持つ弁護士、鷹野和也(亀梨和也)。徹底した合理主義者で、天才的な思考力と推理力を持っている。鷹野は、名門・師団坂法律事務所に招へいされる。事務所創業者のカリスマ弁護士が急逝したため、同じく弁護士の娘が、立て直しのために呼んだのだ。

師団坂法律事務所の刑事部門を担当する「ルーム1」に残ったのはたったの4人。しかも、くせ者ぞろい!
・創業者の娘で、鷹野を招へいした張本人。一生懸命さが空回りしてしまう新米弁護士
・元ニート、コンプレックスの塊だが、運と要領の良さだけがとりえの弁護士
・元判事のエリートでプライドが高い女性弁護士
・元刑事、妻に先立たれ娘にも逃げられた人情派弁護士

鋭い洞察力と調査への集中力、他の追随を許さない思考力で次々に難事件を解決する鷹野を中心に、次第にチームの結束を強めていく。そして、鷹野は自身の過去にまつわる、ある重大な事件の弁護へと臨むことになる…。


(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top