shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

小柳心 ミュージカル「眠れぬ森のオーバード」公演開幕!

小柳心出演、脚本ミュージカル「眠れぬ森のオーバード」が、8/19(木)オルタナティブシアターにて開幕した。

同作は、原田優一、オレノグラフィティ、小柳心、鯨井康介の4人が、「演劇を作るチーム」として立ち上げたPAT Companyの2作目。
今作では、山奥の不気味な館を舞台に「ミュージカル」と「ミステリー」を掛け合わせた「ミュステリー」をお届けする。

サカヤ役を演じる小柳は、自身の演じる役の見どころを問われると、「様々な媒体でお伝えした通り、私の仕事はジムに行くことで8割完結しております。弱かった肩もある程度バルクアップし、また広背筋もようやく神経が通い、いい状態です。引き続きよろしくお願い致します。」とコメント。

公演にかける意気込みでは、「このネタはもう10年近く寝かせていました。思い描いていた世界が立体的になるなんて、そしてその一部になれるなんて、こんな幸せな事があるでしょうか!皆様に楽しんでいただきたいその一心で紡いだ言葉たちを、ご堪能あれ。」と語った。

そして最後に、ご観劇いただく皆さまに向けて「こうしてカンパニーを続けられるのも、偏に皆様のおかげです。本当にありがとうございます。こんなご時世ですが、抑圧された今だからこそ、パッと見て、パッと笑顔の花を咲かせてほしいです。」とメッセージを送った。

ミュージカル「眠れぬ森のオーバード」は、8/29(日)までオルタナティブシアターにて上演。また、8/29(日)17:00からの千秋楽公演はライブ配信(アーカイブ付)も決定している。
人間の本質を描いたヒューマン「ミュステリー」をお見逃しなく!

■舞台公式サイト
https://www.marv.jp/special/pat_company/

【あらすじ】
山奥の不気味な館に集まった6人の男女と探偵たち。雷鳴が轟き不穏な空気が立ち込めると参加者の死体が!探偵であるホムロ(鳥越裕貴)とその助手ワトウ(椎名鯛造)がこの事件を解決するために東奔西走。そしてついに事件は解決。嵐で警察は来れない。館には死体と、犯人ーーー。

「で、朝までどうします?」

朝までの時間を潰す中、ホムロは別の証拠を見つけてしまい、推理を二転三転させて場を混乱させてしまう。ホムロが突き止めた真犯人を伝えようとした時、新たな来訪者が館を訪れた。外部犯の可能性も浮上し混乱の様相を呈した矢先に停電が起こり、このいわくつきの館の亡霊が目をさますのだった…!
疑いが疑いを呼び会場は疑心暗鬼のピークに!パニックになった一同から絞りでた言葉は……

死体、探偵、嵐。異様な空間で一晩を明かし人間の本質を描いたヒューマン「ミュステリー」



(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top