shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

朝日奈芙季 舞台「アリスインデッドリースクール・邂逅」開幕!

朝日奈芙季出演舞台「アリスインデッドリースクール・邂逅」が9/8(水)新宿村LIVEで開幕。上演に先駆けて関係者向けの公開ゲネプロが行われた。

同作は、アリスインプロジェクト旗揚げ作品にして再演希望NO1の人気作品。
若さあふれる女子生徒たちがはつらつと演じる日常。そして、動く死体に追い詰められていく絶望。出会いと別れ、生と死…。その煌めきと儚さが大きな話題を呼び、2010年の初演以来、映画、アニメなど、舞台の外でもメディア展開が行われてきた。
死体が動き始めた朝、女子校の屋上に逃げ延びた少女たちの生と死を描く笑いと涙の青春群像劇が描かれる。

巣宮春菜を演じる朝日奈は、自身の役柄について「春菜は普段、人よりも一歩下がっている少し内気な性格です。しかし、事件が起きてからは"みんなを守りたい"という気持ちが強く、積極的に前に出て発言し始めます。そんな芯がとてもある保健委員の女の子です。はじめのシーンでは気弱な性格ですが、物語が進むにつれて、勇気が必要な場面で物事を発言します。主人公と共に大きく成長していく春菜ちゃんの姿を見ていただけたらと思っています。」とコメント。

同作の見どころを問われると、「生と死をテーマにしている作品なので、一見、暗いお話なのかなと思う方も居るかもしれません。しかし、女子生徒の日常や笑いがある場面も多くあります。クスッと笑えたり、恐怖があったり、涙する場面もあったりと見に来てくださる方々が、様々な感情を感じることができる作品だと思います。」と語った。

そして最後に、「この作品を通じて当たり前の日常がいかに大切かを私自身も改めて感じています。笑い・恐怖・絶望・切なさ等、いくつもの想いが一つの舞台で体感できると思います。出演者の皆さん、スタッフの皆さんと心を込めてお届けするので、楽しみにしていてください!」とメッセージを送った。

舞台「アリスインデッドリースクール・邂逅」は、9/12(日)まで新宿村LIVEにて上演。
笑いと涙の青春群像劇をぜひお楽しみください。

【STORY】
学校の屋上で漫才の練習をしている二人、墨尾優と百村信。
そこへ駆け込んでくる生徒たち。怪我をした者、常軌を逸した者。三年生、紅島弓矢の手には……血に濡れた金属バットがあった。
ユウとノブが知らぬ間に、世界は死体が蘇り、生きてる人間を襲い出す地獄と化していた。
屋上に集まる様々な境遇の少女たち。
ユウとノブは、恐怖と絶望の狭間で決断を下す。
「……よし、漫才やろう!」「って正気か?!」
夢も希望も失われた世界で、彼女たちは笑って生きられるのか?
  • はてなブックマーク

pagetop

page top