shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

林遣都 映画「護られなかった者たちへ」公開直前トークイベント!

林遣都出演映画「護られなかった者たちへ」の公開直前トークイベントが、9/20(月・祝)銀座松竹スクエアにて行われた。

「このミステリーがすごい!」受賞作家・中山七里さんの傑作小説を映画化した『護られなかった者たちへ』が、松竹の配給にて、10/1 (金)より全国公開。
同作は、東日本大震災から 10年目の仙台で起きた不可解な連続殺人事件を軸に、その裏に隠された切なくも衝撃の真実を描く、感動のヒューマン・ミステリーだ。
林は、事件を追う宮城県警捜査第一課の蓮田智彦を演じる。

ステージに登壇した林は、「本日はお集まりいただき、ありがとうございます。蓮田という(阿部寛さん演じる)苫篠誠一郎のバディの刑事を演じさせていただきました。今届けるべき、届いてほしいと心から思う素晴らしい作品に参加できて幸せでした。今日はよろしくお願いします。」と挨拶。

自身の役柄について、「蓮田は、曲がった性格をしている部分があって、人に対して嫌悪感を持っていたり、何か嫌なことがあると人のせいにしたり。震災を身近に感じてきていないというところで、今の自分の状況と境遇に戸惑いながらも、劇中の出来事を経験することによって成長、変化していくというところで演じさせていただきました。」と話した。

共演者の中で、『すごい』と感じた人を聞かれると、「佐藤健さんと最初にお会いした時、物語の登場人物が生身の姿で、そこに存在しているかのような印象を受けました。でも、(佐藤さんが演じる)利根秦久なのですが、初めて見る佐藤健さんだとも思いまして、他の人には感じたことのないオーラを感じました。はっきりとした強い印象を今でも覚えています。」とコメント。

また、同作は10年前ということが1つのキーワードとなっていることにちなんで、10年前の自分と今で異なることを問われると、「両親にちゃんと『ありがとう』と言えるようになりました。学生時代の反抗期が強くて、上京も早かったので、反抗期のまま家族と離れたというところがあって、久しぶりに地元に帰っても、照れ臭くて素直になれないみたいな時期が20代でも続いていて。でも、大切にしなきゃなと思って、ちゃんと『ありがとう』が言えるようになりました。」と明かした。

タイトルにちなんで、共演者の中で護られたい人は?という質問には、遠島けいを演じた倍賞美津子さんの名前を挙げて、「(劇中に)利根とカンちゃんがうどんを食べて、利根の思いが溢れるシーンがあるんですけど、外の2人きりのシーンが感動でした。」と語った。

映画「護られなかった者たちへ」は、10/1(金)より全国公開!
ぜひご期待ください。

【物語】
東日本大震災から 10 年目の仙台で、全身を縛られたまま放置され“餓死”させられるという不可解な殺人事件が相次いで発生。被害者はいずれも、人格者として知られた人物だった。捜査線上に浮かんだのは、別の事件で服役し出所したばかりの利根(佐藤健さん)という男。刑事の笘篠(阿部寛さん)は、利根と被害者たちとの接点を見つけ出し彼を追い詰めていくが、決定的な確証がつかめないまま、第3の事件が起きようとしていた―なぜ、このような殺し方をしたのか?利根の過去に何があったのか?やがて事件の裏に隠された、切なくも衝撃の真実が明らかになっていく―
  • はてなブックマーク

pagetop

page top