shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

仲野太賀 映画「ONODA 一万夜を越えて」公開直前記者発表会!

仲野太賀出演映画「ONODA 一万夜を越えて」の公開直前記者発表会が、10月5日(火)フランス大使館にて行われた。

1974年3月、終戦後約30年の時を経て帰還し「最後の日本兵」と呼ばれ、社会現象になった旧陸軍少尉・小野田寛郎 (おのだ ひろお)の潜伏期間の史実を元に着想を得て映画化。壮絶で孤独な日々と戦った一人の男の人間ドラマを描く。
監督は、フランス映画界で今最もその手腕が注目されているアルチュール・アラリ、今回は脚本も手掛けている。ほとんどの日本人キャストはオーディションにより選考、約4ヶ月間にわたるカンボジアでの撮影では、スタッフとキャストが一丸となって臨場感あふれるシーンを作り上げた。国際共同製作映画でありながら、ほぼ全編が日本語のセリフで紡がれているこの異色作は、第74回カンヌ国際映画祭2021にて「ある視点」部門でのオープニング作品に選ばれている。

記者発表会に登壇した仲野は、「鈴木紀夫役を演じさせていただきました仲野太賀です。本日はこのような場でジャパンプレミアを迎えることができて、本当に嬉しく思っております。」とコメント。

撮影を振り返り、「アルチュール監督は長編映画の撮影が2本目だったと思うのですが、2本目でありながら題材が日本の小野田さんのお話で、スタッフはヨーロッパの様々な国から来ていたり、カンボジアの現地のスタッフがいたりと、言ってしまえば冒険のような撮影だったと思うのですが、言語、国籍が違えど、1つの映画を作るという目的で皆が1つになっていましたし、改めて映画作りの美しさみたいなものを目の当たりにした撮影でした。」と語った。

また、アルチュール監督の演出については、「たくさんの言葉を用いて、人間の奥底の表現や感情の機微みたいなものを繊細に丁寧に演出してくださいました。フランスの監督が日本人をどういう風に演出するのか気になっていたのですが、人間を描くということに関して、アルチュール監督は真理を持っている気がしていて、それを信じて演じることができました。やっぱり素敵な監督はどんな国でもどんな年齢であろうと、鋭い眼差しを持っているのだなと気付かされた現場でした。」と話した。

映画「ONODA 一万夜を越えて」は、10月8日(金)ついに日本公開!
ぜひ劇場にてご覧ください。


【STORY】
終戦間近の1944年、陸軍中野学校二俣分校で秘密戦の特殊訓練を受けていた小野田寛郎(遠藤雄弥/津田寛治)は、劣勢のフィリピン・ルバング島にて援軍部隊が戻るまでゲリラ戦を指揮するよう、命令を受ける。
「君たちには、死ぬ権利はない」出発前、谷口教官(イッセー尾形)から言い渡された最重要任務は“何が起きても必ず生き延びること”。玉砕は決して許されなかった。
しかし彼を待ち構えていたのはルバング島の過酷なジャングルだった。
食べ物のもままならず、仲間たちは飢えや病気で次々と倒れていく。それでも小野田は生きるために、あらゆる手段で飢えと戦い、雨風を凌ぎ、仲間を鼓舞し続ける。必ず援護が来ると信じて。
小野田は仲間を連れて、任務を完遂するまで島の奥地に潜伏。自らもこの終わりの見出せない戦いの日々に自らの精神を蝕まれながらも、かろうじて仲間のためにも、見えない敵に対峙していたのであった。小野田と一緒に最後まで生き残った小塚金七(松浦祐也/千葉哲也)は、幾度となく小野田といさかいを起こしながらも、協力し合い、相手を思いやり、二人三脚で生死を彷徨いながら潜伏していた。しかし、ある日突然、小野田と小塚は島民らしき人間たちからの奇襲を受け、小塚は小野田の目の前で帰らぬ人となってしまった。そこからは小野田1人きり。
孤独の中で夜が明けていく日々を淡々と数えながら、息を潜めていた小野田だったが、ある日、〝旅行者”と名乗る若い男・鈴木紀夫(仲野太賀)と出会うのだった。小野田が見えない敵と戦い続けて一万夜を迎える頃。この永久的に続いていた日々は、この青年との出会いによって終わりを迎えることに・・・。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top