shadow

prev

next

ニュースNEWS

INTERNET TV

仲野太賀 ドラマ「拾われた男」主演決定!

仲野太賀が、2022年初夏にディズニープラスにて独占配信されるドラマ「拾われた男」で主演を務めることが発表され、10/14(木)都内にて行われた「APACコンテンツ・ショーケース」に仲野がサプライズ登壇した。

同作は、個性派俳優が自らの波瀾万丈の俳優道を描いたエッセイ『拾われた男』(松尾諭 著/文藝春秋刊)をドラマ化。
一枚の航空券を拾った事から始まる予測不可能な俳優としての道のり、運命的な恋人との出会い、そして兄を救うためにアメリカへの救出劇!不思議なご縁でまさかまさかの人生が広がる、抱腹絶倒ヒューマン・コメディだ。

仲野は主人公・マツドサトルを演じる。
図々しいのに憎めない。女性には振られ続けているのに、周りには魅力的な人たちが集まってくる。そんな縁を手にする愛嬌たっぷりの男という役柄だ。

ステージに登壇した仲野は、「お話を頂いた時は、松尾さんの原作で、ディズニーと一緒に作るというところで、まさか自分にこのお話がくるとは思っていなかったので、不思議な気持ちでした。これから撮影が始まるので、どう演じていこうかなと思っているのですが、松尾さんに怒られないように楽しく演じていけたらと思っています。」とコメント。

タイトルにちなんで、人生で“拾われた”経験を問われると、「今の事務所に拾ってもらったことですかね(笑)。13歳の時にこの仕事を始めたのですが、最初は親のつてでオーディションを探してもらってというのが1~2ヶ月あったんです。その後に受かった映画の主演が林遣都君で、マネージャーさんに『事務所に入れてください』と言って、今の事務所に拾ってもらいました。」と明かした。

最後に、「松尾さんの書かれた原作が本当に素晴らしくて、ささやかな日常の話から思わぬ方向に松尾さん自身が導かれていって、数奇な人生と言いますか、ドラマチックなことが描かれているんですが、その中で描かれている登場人物のそれぞれのキャラクターが魅力的で愛おしい人ばかりで。松尾さんは実際に出会った人に対してそういう風に思っていたんだろうなと思いました。原作は、感謝やこれまでの気持ちなど、ある種のまごころを込めた恩返しのようお気持ちで書かれていたのかなと思います。松尾さんがこれまでに感じてきた幸せや悔しさ、色々な感情の機微が詰まった作品になっていて、僕らもこれを映像化するにあたって、これまで松尾さんが見ていた景色、感じてきた気持ちを余すことなく表現できれば、きっと観てくださる方にも伝わると確信しています。縁とか運命みたいなものを強く信じられる力強い作品になると思うので、皆さんに楽しんでいただけるよう頑張って撮影していきたいと思います。どうかよろしくお願いします。」とメッセージを送り、締めくくった。

ドラマ「拾われた男」は、2022年初夏ディズニープラスにて独占配信!
ぜひご期待ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top