shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

桜井美里 舞台「We Are Fire Fighters ~故郷に想いを馳せて~」2021埼玉公演 開幕!

桜井美里出演舞台「We Are Fire Fighters ~故郷に想いを馳せて~」2021埼玉公演が、10/14(木)彩の国さいたま芸術劇場・小ホールにて開幕。上演に先駆けて関係者向けの公開ゲネプロが行われた。

同作は、消防団員の思いや活動をクローズアップした脚本で舞台化された作品。

新人消防団員・神野愛を演じる桜井は、自身の役について「普段はアルバイトをしながら大学に通っていて少し天然なところもあります。ですが人助けに対する強い気持ちがあるすごく頼もしい子です。愛ちゃんは普段から笑顔でニコニコしているイメージですが消防団の一員としていつ、どこで、何が起きても大丈夫なように日頃から緊張感を持つことを意識しています。」とコメント。

舞台の見どころを問われると、「消防団員をはじめとする色々な方の熱い想いがたくさん詰まったお話です。地域の安心安全を守るために消防団はどんな活動をしているのかが見どころです。」と語った。

そして最後に、「私自身、最初は消防団が普段どんなことをしているのかなど詳しく知りませんでした。ですがこの作品を通して消防団の方が地域の人のためにこんなヒーローのようなことをしていることを知りすごく驚かされました。ぜひこの作品を見て1人でも多くの方に消防団はこんなカッコイイことをしているんだ!と思ってもらえたら嬉しいです。」とメッセージを送った。

舞台「We Are Fire Fighters ~故郷に想いを馳せて~」2021埼玉公演は、10/16(土)まで彩の国さいたま芸術劇場・小ホールにて上演。
ぜひ劇場でお楽しみください。


【あらすじ】
三原広は十年前、埼玉県に移住してきた。
この地で新たな職に就き、新たな仲間と出会い、そして杏奈と結婚した。
広は自分の住む大切な町や財産、かけがえのない命を守るため日々働きながら消防団員としても活動していた。
そんな消防団も人手不足という問題をかかえながら新たな団員を迎え、みんな一丸となって防災活動や操法訓練、時には緊急出動して地域の安心安全に尽力していた。
一方で子供をなかなか授からないで一人悩んでいた杏奈は、広に不妊治療についての話を持ち掛けるのだが、消防団の操法訓練が佳境に入っているのが理由で上手く話が出来ないでいた。
そんなある日、台風で消防団の詰所に待機していた新人団員の『先輩はなぜ消防団活動にここまで熱くなれるのか?』と言う質問に、広は十年前の自身の目の前で起きた事実を打ち明け、故郷の尊さを語るのだった・・・。
その後、操法大会に励む団員、それを必死に応援する仲間たち、そして地域の安心安全の為に心を燃やす勇者達を心から見守る杏奈・・・。
消防団員は現在(いま)もあなたの暮らしの傍にいる。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top