shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

渡部篤郎 「劇場版 ルパンの娘」初日舞台挨拶!

渡部篤郎出演、「劇場版 ルパンの娘」が10/15(金)公開初日を迎え、丸の内TOEIで行われた舞台挨拶に渡部が登壇した。

代々泥棒一家である“Lの一族”の娘・三雲華(深田恭子)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の禁断の恋を描いた「ルパンの娘」。2015年8月に発売され、各書店の文庫売上1位を獲得しロングセラーとなっている横関大の同名小説を原作に、2019年7月よりフジテレビ系列にてドラマ1作目の放送がスタート。真剣に全力でふざけるキャストの好演や、泥棒スーツを身にまとった激しいアクションと独特なポージング、そしてミュージカル演出が話題を呼び、放送期間中には毎回関連ワードが Twitter の世界トレンド入りするほど人気を博した。そんな人気の後押しもあり、翌2020年にはドラマ2作目が放送。泥棒一家と警察一家に加え、新たに代々名探偵一家である北条家の娘・北条美雲(橋本環奈)が登場し、前作にも増した振り切った演出や大胆なパロディに進化を遂げた。シリーズを通じて、視聴者からの突っ込みがSNS上で飛び交い、中毒者が続出するなど話題に事欠かなかった「ルパンの娘」、続編にして最終章となる『劇場版 ルパンの娘』が公開となる。

渡部は、三雲華の父・三雲尊を演じる。美術品専門のダンディな泥棒で、リーダーシップ、計画力、実行力を兼ね備える三雲家のブレーン。かつては華に一族を継いで欲しいと、警察官である和馬との恋に断固反対していたが、今は華の幸せを一番に願っている。家族に秘密で美雲と協力し、もう一人のLの一族・玲を追う。ある事件をきっかけに“泥棒引退”を宣言するも…

上映前に行われた舞台挨拶に登壇した渡部は、「本日はお越しいただき、心より感謝致します。先日深田さんもおっしゃっていたんですけど、映画は皆さまに観ていただいて初めて完成するものだと、まさにそう思います。全スタッフ・キャストが真心を込めて作った作品です。どうか受け止めてください。」と挨拶。

ドラマ2作品、劇場版と三雲尊を演じた心境について、「終わってしまうのはやっぱり寂しいですよね。すごく寂しい。こんな気持ちは初めてかな。せっかく観月(ありさ)さんや市村(正親)さんも出ていただいたので、また皆で違う物語を作ってもらいたいと思っているんですけど、私はまだまだやっていきたいです。」と明かした。

「劇場版 ルパンの娘」は、絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top