shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

岡田将生 映画「聖地X」完成披露試写会!

岡田将生主演映画「聖地X」の完成披露試写会が10/28(木)都内で行われ、監督・キャストと共に岡田が登壇した。

同作は、前川知大が主宰するイキウメの人気舞台「聖地X」の映画化。「恐怖の村」シリーズ『犬鳴村』、『樹海村』で驚異の大ヒットを叩き出し『牛首村』の公開を控えるプロデュースチームと、『22年目の告白−私が殺人犯です−』『見えない目撃者』等を手掛けた制作プロダクションROBOTが手を組み、韓国映画『犯罪都市』『悪人伝』のB.A.エンタテインメントをむかえた日韓融合チームでオール韓国ロケを敢行した。

小説家志望の輝夫(岡田)は、父親が遺した別荘のある韓国に渡り、悠々自適の引きこもりライフを満喫中。そこへ結婚生活に愛想をつかした妹の要(川口春奈)が転がり込んでくる。
しかし、韓国の商店街で日本に残してきた夫の滋(薬丸翔)を見かける要。その後を追ってたどり着いたのは、巨大な木と不気味な井戸を擁する和食店。無人のはずの店内から姿を現したのは、パスポートはおろか着の身着のまま、記憶さえもあやふやな滋だった。
輝夫と要は別荘で滋を捉えるが、東京にいる上司の星野(真木よう子)に連絡すると、滋はいつも通り会社に出勤しているという。では輝夫と要が捕まえた滋のような男は一体誰なのか?
さらに妻の京子(山田真歩)が謎の記憶喪失に襲われた和食店の店長・忠(渋川清彦)は、「この店やっぱり呪われているかもしれません」と言い出す始末。日本人オーナー江口(緒形直人)いわく、店の建っている土地では、過去にも同じように奇妙な事件があったことがわかってくる。
負の連鎖を断ち切るため、強力なムーダン(祈祷師)がお祓いを試みるも、封印された“気”の前には太刀打ちできない。この地に宿るのは神か、それとも悪魔か?
彼らはここで繰り返されてきた数々の惨劇から逃れ、増幅し続ける呪いから解放されることはできるのか!?

上映前に行われた舞台挨拶にて岡田は、「2年前に韓国で1ヶ月撮影をしまして、やっと皆さんに観ていただけることを嬉しく思います。」とコメント。

韓国での撮影を振り返り、「韓国のスタッフの方々が、お茶のみ場のようなところで朝一から辛いカップラーメンを食べていたのがとても可愛く見えて(笑)。僕は辛いのが苦手なのですが、“食べてみる?”と聞いてくださって、そういったところから少しずつコミュニケーションが生まれていきました。朝、お茶のみ場に行って、少しだけ会話をするのが日課になっていきました。」と話すと共に、「韓国語は話せなかったので、通訳の方が常にいて、僕の言っていることをすぐに通訳してくださいました。そうやって積み重ねて1ヶ月で良いチームができたと思います。」と話した。

撮影で苦労した点を聞かれ、「最初に用意してくださったホテルの目の前に海があって、土日になるとパーティーが行われるんです。朝まで歌をうたっていて、なかなか眠れなくて、眠れない状態で撮影に行っていたので疲れてきてしまい、“僕たちちょっと眠りたいです”とプロデューサーさんにお願いをしました。」と告白。さらに、「カラオケ大会のようなものをやっていて、ずっとその歌をうたっていたので曲を覚えてしまったりして(笑)。いつまで歌ってるんだろうと思いながら、動画をまわしていました。」とエピソードを話すと、会場が笑いに包まれた。

その後、岡田演じる輝夫の妹・要を演じた川口さんについて、「すごく正直で、一緒に仕事をしていて気持ちの良い方。僕はダメダメなお兄ちゃんを演じているのですが、妹ととしてきちんと叱ってくれて、頼っていた部分がありました。」と絶賛した。

この日は映画公式Twitterに寄せられた質問に答える一幕も。“海外の光線の違いは作品のどんな場面で生きていたと思うか?”と入江悠監督への質問が読み上げられた。入江監督が回答した後、キャスト陣にも違いを感じることがあったかと問われ、「光線というより、その土地の不穏な空気が光にあたると真逆に見えることがあって、不思議な感覚になりました。それが芝居にプラスに働いたと思います。」と語った。

さらに、“自分にとっての聖地は?”という質問に、「毎年1月に伊勢神宮に行っていたんです。パワーをいただいて“今年も仕事を頑張ろう”という気持ちになって帰ってくる。コロナになってからは行けていないので、落ち着いたら行きたいと思っています。」と明かした。

そして最後に、「日本と韓国のスタッフで団結して作った映画です。ホラーとはうたっていますが、いろいろなジャンルが含まれていて、僕自身もとても意外性のある映画だと、そしてクセのある映画だと思っています。楽しんで観ていただけたら嬉しいです。本日はありがとうございました。」とメッセージを送った。

映画「聖地X」は、11/19(金)、劇場・配信にて同時公開。
ぜひご期待ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top