shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

瀬田なつき 第34回東京国際映画祭にて『TIFFティーンズ映画教室2021』舞台挨拶に登壇!

現在開催中の第34回東京国際映画祭にて、ユース部門(※)特別企画『TIFFティーンズ映画教室2021』の舞台挨拶が11/3(水・祝)に行われ、瀬田が登壇した。

『TIFFティーンズ映画教室2021』は、若い映画ファン・映像作家の創出を目的に設立されたユース部門の特別企画として、特別講師に瀬田なつきを迎え、2021年8月にオンラインで実施された中学生向けの映画制作ワークショップ。
同企画に参加した中学生たちは青・赤・黄の3チームに分かれ、青チームは「4 sights」、赤チームは「ここにいるよ」、黄チームは「紙ひこうき」を制作。プロの映画監督やスタッフとともに本格的な映画づくりに挑戦した。

上映前に行われた舞台挨拶にて瀬田は、同企画について、「映画制作のワークショップ自体が初めてだったのですが、映画を撮ってくれた中学生の方たちがすごくしっかりしていたので、自分自身がもう一度映画を再発見するというか、原点に戻って考えることが多い機会でした。また、全部オンラインで映画を作るというのがすごく不思議な体験でした。」とコメント。

ワークショップで苦労した点は?という質問に、「中学生の方たちが家の周りで撮ってきた素材をファイル便などで送って編集する、というのが今だから成立したことで、すごくスリリングな体験をやってのけてしまっていたので、中学生すごいなと思いました(笑)。海外からも参加してくださったので外国の風景や、ちょうど夏休み中だから撮れた沖縄の風景を面白い形でみんなが取り込んでくれて、離れているのに、どうやってそれを繋げていくのか、アイデアを出し合って考えてくれました。」と語った。

上映後、メイキング「映画が生まれるとき~TIFFティーンズ映画教室2021~」を監督した山本英さんとともに再び舞台挨拶を実施。

瀬田は、「この大きいスクリーンで、みんながスマホなどで撮った映像が遜色なく隅々まで観えて感動しました。ずっと小さい画面で観ていたので感慨深かったです。メイキングを観ながら(中学生たちが)本当にしっかりしているなと思いました。」と感想を話した。

オンラインでの映画作りについて、「会えないとか離れているということで、普段簡単にできていたことが難しかったり、逆にすごくフットワークが軽くなってパッと行って撮ってきたり、オンラインだからこそ会話が必要だったりとか、普段なんとなく感覚でやるところも全部言葉にしていました。オンラインで距離がバラバラということをどう活かすのかを考えて作ってくれたのかなと思います。また、みんながそれぞれ一番知っている近所の世界を撮って、それが繋がったときにまた別の世界が生まれるというのが新鮮というか、彼らだから作れた一期一会な感じが映っていたなと思います。」と振り返った。

最後に、同企画に参加した中学生たちに向けて、「演技もみんな上手でシナリオも何もないのにサッとこなしちゃって、それも驚きでした。これが初めてで最後にならずに、ずっと続けていって、また私も一緒に何かできたらいいなと思っています。」とエールを送った。

※ユース部門
少年少女に映画の素晴らしさを体験してもらう部門。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top