shadow

prev

next

ニュースNEWS

AWARD

中川大志 「KIMONOIST(キモノイスト)」授賞式に出演!

中川大志が11/9(火)都内で行われた「KIMONOIST(キモノイスト)」授賞式に出演した。

「キモノイスト」 は着物が好きな方や似合う方に限らず、新しく進化する日本の“伝統や文化”を生活様式に写し取る新時代の生き方、楽しみ方を提案できる人物に贈られる称号。
本アワードを通じ、 時代と共に変わりゆく美意識や価値観の中で、日本の民族衣装である“キモノ”が、大人の嗜みとして愛されるファッション、文化として、サステナブルかつグローバルに定着することを目指し、“未来のキモノ”について、広く強く社会にインパクトを与えることにより
、“キモノ”への関心を高め、 伝統文化産業の新たなマーケットの開拓に導くと共に、“伝統”を進化させ受け継いでゆく伝承者の希望となることを目指す。

授賞式にて、「最初にお話を聞いた時は、僕でいいのか思いもよらないお話でした。このような賞をいただきまして光栄に思いますし、第1回目というこの場所に立つことができて誇りに思います。素敵な着物をご用意いただきまして、先ほど(総合スタイリストの)斉藤上太郎さんから小さな声で“値段は聞かない方がいいよ”と言われました(笑)。朝からめちゃくちゃ身が引き締まって緊張しています。」と喜びを語った中川。

来年放送される大河ドラマ「鎌倉殿の13人」への出演が決まっているが、「知勇兼備で文武両道、武士の鑑と呼ばれていた畠山重忠という人物を演じます。僕自身、時代劇などで小さいころから和装をさせていただく機会が多かったので、このような賞をいただいて光栄に思いました。」と話した。

その後、モデルの冨永愛さん、俳優の早乙女太一さんに続いてランウエイを歩き、「冨永さんと早乙女さんの後に歩きたくなかったです。おふたりがかっこよすぎて、ガチガチになってしまいました。」と感想を語ると共に、この日の着物について、「スマートなのですが、丈が長めに作られていて男らしい豪快さもある。さらに若々しさもあって、カッコいいと思いました。僕のような世代の男の子にも見てもらえたら嬉しいです。」と笑顔で話した。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top