shadow

prev

next

ニュースNEWS

EVENT

柳楽優弥 「Netflix Festival Japan 2021」に出演!

柳楽優弥が11/10(水)都内で行われた、「Netflix Festival Japan 2021」に出演した。

「Netflix Festival Japan 2021」は、オンラインエンターテインメントサービスを提供するNetflixが2日間に渡り、2021年秋以降の作品ラインナップを一挙に発表するイベント。
柳楽は、日本発の映画、シリーズと様々なジャンルの国内作品と海外の実写作を紹介するライブアクションDayに出演。自身が出演するNetflix映画「浅草キッド」をPRした。

Netflix映画「浅草キッド」は、ビートたけしさんの自叙伝「浅草キッド」を原作に、芸人、作家、俳優と様々な分野で活躍する劇団ひとりさんが監督・脚本を務める作品。厳しさと愛情に溢れる師匠との日々、個性と才能に溢れる仲間たちとの出会い、そして芸人・ビートたけしが誕生するまでを描いた青春ドラマとなっている。

舞台は昭和40年代の浅草。大学を中退し、“ストリップとお笑いの殿堂”と呼ばれていた浅草フランス座に飛び込み、伝説の芸人・深見千三郎(大泉洋さん)に弟子入りしたたけし(柳楽)。当時、独特な指導で、舞台上だけでなく日常生活においても芸人たる心構えを求めた深見は、東八郎、萩本欽一といった大人気芸人を育てあげていた。その深見の下、タケシは芸人としての成功を夢見て“笑い”の修行に励んでいたが、テレビの普及と共に演芸場に足を運ぶ人は減る一方だった…。

柳楽は、「メルシーボークー!北野たけし役を演じさせていただいた柳楽優弥です。今日はありがとうございます。」と挨拶。

たけしさんを演じるにあたり、「準備段階としてタップダンスを習わなくてはいけなかったり、たけしさんのクセを自然に演じなくてはいけなく、セリフの言い回しは松村(邦洋)さんにご指導していただきました。技術的なことが今回一番の役作りだったのかなと思います。」と話した。

また、「プレッシャーや怖さも感じました。ただ、僕より劇団監督のほうがいろいろ背負っていると思い、しっかりと劇団監督についていこうという気持ちが強くなりました。」と撮影時の心境を語った。

その後、深見師匠のような存在の方はいるか?と聞かれ、「師匠というか、初めて舞台に立たせてくださった蜷川幸雄さんです。舞台上での声の出し方や演じ方を厳しく教わったので、いろいろなタイミングで思い出します。」と答えた。

同作では、深見さんの口癖でもあった“コノヤロー!”“バカヤロー!”というセリフが随所に登場する。柳楽は、「クライマックスのシーンの“バカヤロウ”は、3、40回延々と言ったと思います。たけしさんより言っていたんではないかと思います。」とかなりのテイクを重ねたエピソードを話すと劇団ひとり監督が、“途中からよく分かっていなっていたかも(笑)。芸達者でいろいろな“バカヤロウ”を出してくれるので、もっと見たいとなってしまった”と明かした。

たけしさんと共に漫才コンビ・ツービートを組む相方、ビートきよしさん役の土屋伸之さん(ナイツ)について、「ツービートの漫才の練習をずっと付き合ってくださいました。僕は漫才をやったことがなかったので、いろいろな質問をコンビのように聞けるタイミングがあって、とても助かりました。ツービートの漫才はとても早くて、当時たけしさんがアドリブで入れていたようなものもセリフとして僕が覚えるわけで、ライブ感を出すのがすごく難しかったですし回数を重ねないといけなかったので、土屋さんに“ありがとうございます”と言いたいです。」と感謝した。

さらに、フランス座で踊り子として働く千春役の門脇麦さんについては、「今までに何度か共演させていただいているのですが、バレエもできるしタップや歌もできるんです。僕はタップシーンが多かったので、“これだったら、いい感じかな”といったやり取りを現場でできたことがとても良かったです。」と撮影を振り返った。

そして最後に、「見どころ満載で、エンターテイメントとしても楽しんでいただけるような作品だと思うので、世界中の人に観ていただきたいです。グラッチェ!」とメッセージを送った。

Netflix映画「浅草キッド」はNetflixにて12/9(木)より全世界独占配信。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top