shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

林遣都 映画「恋する寄生虫」公開記念舞台挨拶!

林遣都W主演映画「恋する寄生虫」の公開記念舞台挨拶が、11/13(土)新宿バルト9にて行われ、小松菜奈、井浦新さん、石橋凌さん、柿本ケンサク監督と共に林が出席した。

同作は、新鋭作家・三秋縋さんの「恋する寄生虫」を原案に、孤独な2人が「虫」によって「恋」の病に落ちていく、臆病者たちの切なくも美しい“恋×虫”ラブストーリー。
運命か、偶然か、それとも虫の仕業か―――今までに味わったことのないような異色のラブストーリーが幕を開ける。

極度の潔癖症で人と関わることができずに生きてきた青年・高坂賢吾(林遣都)。ある日、見知らぬ男から視線恐怖症で不登校の高校生・佐薙ひじり(小松菜奈)と友だちになって面倒をみてほしい、という奇妙な依頼を受ける。露悪的な態度をとる佐薙に辟易していた高坂だったが、それが自分の弱さを隠すためだと気づき共感を抱くようになる。世界の終わりを願っていたはずの孤独な2人はやがて惹かれ合い、恋に落ちていくが———。

上映後に行われた舞台挨拶に登壇した林は、「今日はお越しいただき、ありがとうございます。外は雲一つない青空で、本当に清々しい幸せな気持ちでこの日を迎えることができました。お休みの日にこの映画を選んで観に来て下さった皆さんにも感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。今日は短い時間ですが、よろしくお願いします。」と挨拶。

同作では異色のラブストーリーが描かれることにちなんで、林遣都の意外な一面を問われた井浦さんから、撮影の合間に林との会話が弾まず「(人との)壁が分厚いです(笑)。」というエピソードトークが語られると、林は恐縮しながら「新さんは自分が役者を始めた頃から見させていただいている役者さんですし、前に撮影をご一緒させていただいた現場でも、自分のシーンじゃないところでも見に来てくださったり、本当に(良い意味で)やばい役作りをされる方というイメージがあったので、緊張は未だにあります。」と弁解。続けて、「最近、(新さんの趣味である)登山に興味があるので、今度教えてください。」とお願いし、会場からは笑いが起きていた。

また、小松の意外な一面を聞かれると、「女優さんとしての存在感が異色だなと思うのですが、お話ししてみると、とっても良い意味で普通の感覚を持った、接しやすい方です。」と話し、続けて「異色という意味では、(菜奈ちゃんの衣装には)いつも驚かされます。今日の衣装もスターウォーズに出てきそうな・・・どこかの星の王女みたいな恰好で。取材や宣伝活動の時に現場に一緒に入って、スタイリストさん達とお話するのが、『まずは、菜奈ちゃんの衣装を確認しましょう。そこに負けない、霞まない林でいこう。』という話をします。今日もしっかり見させていただいて、『今日の菜奈ちゃんは王女で来ました。』というような話し合いが行われておりました。」と明かし、笑いを誘った。

同作の“虫の仕業で運命の恋に落ちる”という内容にちなみ、“運命の出会い”についてエピソードトークを披露する場面では、「(先ほどの)壁が厚いエピソードの言い訳になってしまうかもしれませんが(笑)、(この作品は)本当に難しい作品で、心が変化していく様が難しくて、撮影も撮り順がバラバラだったり、自分の中で色々な事を整理してから毎シーン毎シーン臨まなきゃいけないというような状況で、メイク時間もずっと台本と睨めっこしていた記憶があるんですけど、そんな中でメイクさんがさりげなくクラシックミュージックをかけてくださったんです。その時にすごく集中できて、ゾーンに入っているというか色々な閃きがあったりとかして、今までクラシックはそこまで聴いてこなかったのですが、メイクが終わったことも気付かないくらい集中できたんです。それが後から聞いたら、フジコ・ヘミングさんという世界的なピアニストの方の音楽で、その出来事から、集中したい時や行き詰まった時には、聴くようにしています。自分の中のスイッチというか、毎日のテーマみたいになっているので、運命の出会いでした。」と語った。

そして最後に、「まだまだ息苦しく感じる事も少なくない日々が続くと思いますが、この映画の登場人物たちのように、大切なものに目を向けて、温もりを感じて、身近にある小さな幸せを噛みしめて、一緒に頑張って生きていきましょう。今日は本当に天気が良いので、(会場に)双眼鏡を持ってる方もたくさんいらっしゃいますし、この後どこか・・・スカイツリーとか出掛けられたらいいんじゃないかなと思います。本当になかなか無い青空だと思うので、そういうものから色々な事を感じて、良い1日をお過ごしください。」とメッセージを送った。

映画「恋する寄生虫」は、全国公開中!
ぜひ劇場にてご覧ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top