shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

奥平大兼 映画「マイスモールランド」出演決定!

奥平大兼が、2022年初夏公開予定の映画「マイスモールランド」に出演することが発表された。

同作は、是枝裕和が率い、西川美和が所属する映像制作者集団「分福」の気鋭の若手監督・川和田恵真監督の商業映画デビュー作。クルド人の家族とともに生まれた地を離れ、幼い頃から日本で育った17歳のサーリャ。同世代の日本人と変わらない、ごく普通の高校生活を 送っていたが、あるきっかけで在留資格を失い、家族の日常が一変する…。埼玉には、約2000人のクルド人が住む地域があり、そこに暮らす女子高生サーリャ(嵐莉菜)が主人公。彼女が、東京に住む日本人の少年・聡太(奥平)との出会いをきっかけにアイデンティティに葛藤し、成長していく物語が描かれる。

同作出演について奥平は、「(俳優として)映画からはじまったという気持ちはあるので、その現場に2年ぶりに戻ってきたということで 新鮮な気持ちになりました。久しぶりの映画の現場で、クランクインの時は迷いがありました。『MOTHER マザー』の時は、何もわかっていなかったので、OK がかかると、ただ嬉しかったのですが、ドラマなどいろんな現場を経験したことで、自分の中で考え過ぎてしまったところがあって。でも現場で川和田監督とたくさんお話しして、監督が表現したいことをお聞きし理解することができたので、撮影が進んでいく中で、聡太として生きることができたと思います。撮影前に監督とお話したことなど、僕の趣味などを脚本に反映していただくこともあって、最後のほうは演じているのか わからなくなる瞬間もありました。」とコメント。

共演の嵐さんについて、「僕がこんなことを言うのもおこがましいですが、本番になると顔が変わります。初めての演技で、これだけオンオフ切り替えられるなんて凄いなと思いました。」と話した。

作品が扱う題材について聞かれると、「クルドの方々の問題は、この脚本をいただくまで知らなかったです。撮影前に勉強はしないように監督から言われていたのですが、難民の問題については、ニュースから聞こえてくる遠い国のお話だと思っていましたが、日本でもこんなことがあるんだと、急に身近なこととして考えられるようになりました。」と語った。

映画「マイスモールランド」は、2022年初夏公開予定。
ぜひご期待ください。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top