shadow

prev

next

ニュースNEWS

AWARD

新木優子 「第38回ベストジーニスト2021」『一般選出部門』受賞!

新木優子が、「第38回ベストジーニスト2021」『一般選出部門』を受賞。11/25(木)都内で行われた発表会に出席した。

「ベストジーニスト」は、日本ジーンズ協議会がジーンズの良さを多くの方々に知っていただくという趣旨で行っているアワード。全国一般消費者からの一般投票により選ばれる『一般選出部門』と、本協議会が推薦・選出する『協議会選出部門』、『次世代部門』の3つの部門で表彰を行う。

表彰式にて表彰状と盾を受け取った新木は、「この度は、このような素晴らしい賞を頂けて本当に嬉しいです。私がファッションを好きになった頃から、ジーンズは相棒のような存在として、いつも取り入れて楽しんできました。この賞を頂く事で、皆さんに“ジーンズが似合う”と言っていただいているような気がして。これからもこの賞に見合ったジーンズを愛する1人として、ジーンズの色々な楽しみ方を模索しながら楽しんでいけたらなと思っています。」とコメント。

事前ノミネート形式の投票方法を導入した「一般選出部門」での受賞となったことについて感想を問われると、「一般の方から票を頂いたということで、皆さんが1票1票を入れてくださったからだと思うと、本当に嬉しいです。デニムを私が楽しむことによって、みんなに広まってくれたら良いなと思っていたので、認めてもらえたような気がしています。」と感慨深い様子。

続いて、普段はどのようにデニムを楽しんでいるか聞かれると、「勝負服として着る時もあれば、普段何を着ていこうか悩んだ時に、今日はこれにしようと手に取る服が、デニムにTシャツだったりするので、勝負の時もベーシックな時も、どんな場面でもデニムを取り入れてオシャレを楽しんでいると思います。」と話した。

また、今日のコーディネートのポイントを話す場面では、「今日は思い入れのあるデニムを履きたくて、海外にお仕事で行かせていただいた時にヴィンテージショップで買った自前のデニムを選びました。裾が広がったブーツカットのデニムなので、ブーツを履いて、デザインのあるシャツを着て、ちょっと肌が出ていると抜け感が出るので、そういったコーディネートにしてみました。」と語った。

表彰式後の取材会では、所有しているデニムの本数を聞かれ、「デニムのアイテムだと、数えられないくらい持っているのですが、50本以上はあると思います。いっぱいあるデニムの中からその年のデニムを決めるようにしていて、1回履いてみて、今年はこのデニムを履こうという選抜メンバーを毎年決めてコーディネートを組んでいます。」とデニムの選び方を紹介。

最後に、受賞の喜びを伝えたい人を聞かれると、「1番は応援してくださっているファンの皆さんに伝えたいです。“優子ちゃんはジーンズが好きだからベストジーニスト賞を取ってほしいな”と言ってくださるファンの方もたくさんいたので、ファンの皆さんに1番に報告したいと思います!」と笑顔で語った。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top