shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

板垣瑞生 「WOWOWオリジナルドラマ ヒル」出演決定!

板垣瑞生が、2022年3月より放送・配信する「WOWOWオリジナルドラマ ヒル」に出演することが発表された。

今作は、WEB・アプリで人気を博して話題を呼んだ漫画『ヒル』『ヒル・ツー』(新潮社バンチコミックス)を原作に連続ドラマ化。他人になりすましをされた⻘年が、他人に寄生する不法滞在者“ヒル”の存在を知り、彼らに果敢に立ち向かっていく。その中で、なぜ、ヒルたちが産まれてしまったのか。なぜ、彼らは社会から落ちこぼれてしまったのかを知り、彼自身もまた人としての本当の愛情に気づき、心の機微を取り戻していく様を描いていく。他人に寄生して生きる者たちの運命と格差社会の闇を描く新時代の社会派復讐サスペンスドラマ。2シーズン構成としてSeason1とSeason2が、それぞれ6話ずつの全12話でお送りする。

【第1話あらすじ】
21歳の四宮勇気(赤楚衛二)は友人もおらず、バイト漬けの孤独な日々を過ごしていた。ある日、いつものように夜勤バイトから帰ると、部屋には腹部をナイフで刺された見知らぬ男(栁俊太郎)が座り込んでいた。男は搬送先で目を覚ますと、刑事にむかって自分は“四宮勇気”だと名乗り、ユウキを指さしながら「この人が自分を刺した」と供述するのだった。咄嗟にその場を逃げ出したユウキは、一瞬にして逃亡犯となってしまう。そんなとき、目の前にゾーカ(吉川愛)という謎の女が現れ、⽗親を殺したある人物の復讐を手伝って欲しいと頼まれ行動を共にすることに。ゾーカは住人が不在の家を渡り歩いて生活する、通称“ヒル”だった。二人はやがて“ヒル狩りのカラ”の異名を持つ伝説のヒル、カラ(坂口健太郎)と出会う。カラもまた、復讐のためだけに日々を抜け殻のように生きるヒルだった——

板垣は、闇組織のボスであるヤシマ(板尾創路)の部下であり、謎に包まれた男・テトリス役を演じる。

そして、今作の本編予告映像も初公開された。
https://youtu.be/O1_yJ2vjfJg

ヒルと呼ばれる者たちが次々と殺される謎の事件が発生。その死の謎を追う警察とヒルたちとの駆け引きが繰り広げられる、新時代のアウトローサスペンス「WOWOWオリジナルドラマ ヒル」は、2022年3月放送・配信スタート!ぜひご期待ください!

(敬称略)

【番組特設サイト】
https://www.wowow.co.jp/drama/original/hiru/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top