shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

瀧本美織 「第33回ヤングシナリオ大賞 踊り場にて」主演決定!

瀧本美織が、12月30日(木)24:25~フジテレビにて放送のドラマ「第33回ヤングシナリオ大賞 踊り場にて」で主演を務めることが発表された。

坂元裕二、野島伸司、橋部敦子、野木亜紀子、黒岩勉といった数々の人気脚本家を輩出してきた『フジテレビヤングシナリオ大賞』。
第33回となる今年は昨年から411作品も増えた応募総数1978作品の中から生方美久の脚本『踊り場にて』が大賞に選出。
この作品は応募作品のなかでも構成、セリフ共に群を抜いており、登場人物たちの点と線がつながっていくストーリー展開の巧みさ、ユーモアのあるセリフの掛け合いとシリアスな感情のシーンとのバランスの妙により、選考会では圧倒的な支持を集めたという。
プロのバレエダンサーを目指し海外で活動していた主人公・美園舞子(みその。まいこ)が、夢を諦め高校教師として復職し、個性的な生徒達との交流を通して人生を見つめ直し、一歩前に踏み出すヒューマンドラマで、その主人公・舞子役に瀧本美織が決定した。

大賞受賞作『踊り場にて』を読んでみての感想を問われた瀧本は、「生徒達との会話劇に引き込まれ、読んでいて好きな台詞がたくさんありました。舞子の、先生だからといって格好つけず、生徒達ともありのままの自分で接する姿、距離感がいいなと思いました。夢と向き合い、どう折り合いをつけていくか、こんなポジティブな捉え方があるんだ!と新しい感覚でした。」とコメント。

また、舞子を演じて、「台詞として言っていても、お相手の台詞を聞いていてもヒリヒリくるような、心に刺さる言葉がたくさんありました。教室で生徒たちに向けて語るシーンでは、リハから涙があふれてしまうこともありました。その時生徒役の一人、中田青渚さんが“私がうるうるして見ていたら感情入り過ぎてしまったりしますか?”と聞きに来てくれ、“全然大丈夫、そんなこと全く気にせず自由にやってね!”と答えたのですが、その優しい気遣いに感謝するのと同時に、それくらいそのシーンが自分の心にもしみていたのだと思います。私にとって、全シーンが山場でした。自分が学生だった頃を思い出したり、お芝居を始めた10代の頃は制服を着ていたのに教師の役をいただき教壇に立っているんだな…と、教師の役も少し経験はありますが改めて感慨深くなりました。バレエも初体験させていただけて、良い経験になりました!トウシューズを履けてうれしかったです。」と振り返った。

瀧本の小さい頃の夢を聞かれると、「小さい頃の写真を見るとそういうポーズばかりしているのですが、もうセーラームーンになるつもりでいました(笑)。小学生くらいの頃は絵を描くのが好きで漫画家にも憧れていたと思います。中学生の頃は、子どもが好きで職場体験の授業で幼稚園に行き、幼稚園の先生もいいなと思っていました。」と回想。

そして最後に視聴者の皆様に向けて、「新しい切り口で、夢との向き合い方を教えてくれるドラマだと思います。とにかく生徒の皆さんがユニークで、チャーミングです。青春が詰まっています。舞子としては、人との関わりの中で自分を肯定していく過程が描かれています。夢にまい進している方も、夢に悩んでいる方も、こんな捉え方もあるんだと、自由にみていただけたらうれしいです。」とメッセージを送った。

ドラマ「第33回ヤングシナリオ大賞 踊り場にて」は、12月30日(木)24:25~フジテレビにて放送。※関東ローカル
是非ご覧ください。

【あらすじ】
プロのバレエダンサーを目指し海外で活動していた美園舞子(29)は、夢を諦めて帰国。帰国後はやりたいこともなく、国語教師として実家近くの高校で働き始める。しかし夢を諦めたばかりの舞子にとって、夢や希望にあふれた高校という場所は皮肉なもので、どこか居心地の悪さを感じていた。おまけに全く経験のないバレーボール部の顧問に任命されたり、担任を任されたクラスも個性的な生徒が多かったりと、不安は募るばかりである。しかし、様々な生徒たちとかかわるなかで、生徒たちもまた、夢と現実の間で悩みを抱えていることを舞子は知る。進学か、夢を追うか。趣味にするか、諦めるか。一途な恋か。生徒たちとの交流や舞子をあたたかく見守る母の言葉をきっかけに、舞子は今の自分から新たな一歩を踏み出そうとするのだった。


(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top