shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

山口貴也 映画「仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ」初日舞台挨拶!

山口貴也出演映画「仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ」が12/17(金)公開初日を迎え、ユナイテッド・シネマ豊洲で行われた舞台挨拶に山口が登壇した。

同作は、1971年の仮面ライダー誕生から、現在毎週日曜午前9時よりテレビ朝日系にて放送中の、仮面ライダー生誕50周年記念作品「仮面ライダーリバイス」にわたる、半世紀を股にかけた、仮面ライダー史を揺るがす全てを超越(BEYOND)した予測不能な物語、仮面ライダー50周年記念映画。
仮面ライダー誕生の1971年、現代である2021年、そして仮面ライダー誕生から100年後の2071
年という、3つの時代を戦いの舞台に、仮面ライダーたちが大活躍する。

世話好きで家族想いな五十嵐一輝は、家族で営む「しあわせ湯」で古い切符が入った落とし物を拾う。持ち主である新幹線の整備士・百瀬秀夫の元へ届けに向かう途中で、一輝は強大な悪魔の襲撃に遭遇。自らの心に潜む悪魔・バイスと仮面ライダーリバイスに変身した一輝は、危機に駆け付けた小説家・神山飛羽真こと仮面ライダーセイバーと共に立ち向かうも苦戦。さらに2071年の未来から突如現れた謎の仮面ライダーセンチュリーから、まさかの攻撃を受け撤退を余儀なくされる…。彼は一体何者なのか?なぜ、仮面ライダーを襲うのか?

さらに、時を同じくして世界各地に未確認の悪魔が出現!ソードオブロゴスの剣士たちが応戦するも、力及ばず謎の柱が地球に建ち始める…。不穏な動きを感じたジョージ・狩崎らフェニックスが調査を進めると、秘密結社ショッカーの存在に辿り着く。さらに謎の研究員・百瀬龍之介によって、ディアブロの真の野望とその行く末に待ち受ける2071年の衝撃の未来が語られる!!
一輝と飛羽真ら仮面ライダーたちは、全てを取り戻すため再び立ち上がる!!
果たして2021年に生きる仮面ライダーたちは、1号から受け継がれてきた歴史を繋ぐことは出来るのか?そしてカギを握る、仮面ライダーセンチュリーの正体と本当の目的とは!?

山口は、「仮面ライダーセイバー」にて、仮面ライダーブレイズ/新堂倫太郎を演じている。

上映前に行われた舞台挨拶にて山口は、「仮面ライダーセイバー」の放送終了から4ヶ月経つが、キャスト陣との撮影はどうだったか?と問われ、「久しぶりの再会でしたが、キャストの中で生まれていた仲間意識があったので、ずっとライバルでやってきましたが、やはり戦友として各々散ってからまた集まるとすごく“家族”という感じがして心強かったのを覚えています。」とコメント。

倫太郎のおすすめシーンについては、「倫太郎として実はいろいろなことをやらせてもらっていて、楽しみにしていただきたい場面がいくつもあるのですが、やはり僕としては芽依さんとの結末が少し動いたのかなと思っているので、そこもじっくり観ていただけたらと思います。あとは、飛羽真やセイバーが大事にした“約束”のヒントになる良いセリフがあったりしますので探してみてください。」とPRした。

最後に、同作の“家族”というテーマに込めた想いは?と聞かれ、「他のキャストの方と、“この映画を観ていただいたファンの方たちと僕たちも家族なんだ”と話していました。お父さん世代の方はお子さんだったり、ずっとライダーが好きで観てくださっている方もお友達と“あのライダーはあれだ!”と話していただけるような昔のライダーが出てくる作品になっていますので、いろいろな思い出を巡らせていただければと思います。」と話した。

映画「仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ」は全国公開中。
ぜひお楽しみください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top