shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

奥平大兼 映画「マイスモールランド」ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門に正式招待決定!

奥平大兼出演映画「マイスモールランド」が、世界三大映画祭・ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門に正式招待されることが決定した。

同作は、是枝裕和が率い、西川美和が所属する映像制作者集団「分福」の気鋭の若手監督・川和田恵真監督の商業映画デビュー作。クルド人の家族とともに生まれた地を離れ、幼い頃から日本で育った17歳のサーリャ。同世代の日本人と変わらない、ごく普通の高校生活を 送っていたが、あるきっかけで在留資格を失い、家族の日常が一変する…。埼玉には、約2000人のクルド人が住む地域があり、そこに暮らす女子高生サーリャ(嵐莉菜)が主人公。彼女が、東京に住む日本人の少年・聡太(奥平)との出会いをきっかけにアイデンティティに葛藤し、成長していく物語が描かれる。

歴史あるベルリン国際映画祭の中でも 1978 年から始まったジェネレーション部門は、子どもや青少年の人生と世界を探 究する映画が紹介される部門。思春期の少女の揺れ動く感情と家族との葛藤などを描き、日本でも昨年スマッシュヒットを 記録したキム・ボラ監督の『はちどり』(2019)の受賞が記憶に新しい、例年フレッシュな作品が揃う注目の部門である。

今回の招待にあたり奥平は、「自分が携わった作品がこのような素晴らしい舞台に行けることがとても嬉しいです し役者としてすごく刺激になる出来事です。ベルリン国際映画祭をきっかけに『マイスモールランド』が世界中のたくさんの 人に見てもらえるようになれば良いなと思います。」とコメントを寄せた。

映画「マイスモールランド」は、5月公開予定!
ぜひご期待ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top