shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

小松菜奈 映画「ディストラクション・ベイビーズ」出演決定!

小松菜奈が、2016年初夏公開の映画「ディストラクション・ベイビーズ」に出演することが発表された。

同作は、愛媛・松山を舞台に若者たちの欲望と狂気を描き、タイトルの由来は、『ディストラクション』が『Distraction(気晴らし、動揺)』『Destruction(破壊)』という類似する発音で2つの意味を持ち、登場人物たちの群像劇を象徴していることから命名された。監督は、同作が商業映画デビューとなる『NINIFUNI』などの新鋭・真利子哲也監督がメガホンを執り、脚本は真利子監督と『桐島、部活やめるってよ』の喜安浩平さんが担当する。

小さな港町・三津浜の造船所に二人きりで暮らす芦原泰良(柳楽優弥)と弟の将太(村上虹朗さん)。けんかに明け暮れていた泰良はある日を境に三津浜を去り、松山の中心街で強そうな相手を見つけてはけんかを仕掛けはじめる。その姿に興味を引かれた北原裕也(菅田将暉さん)が「おもしろいことしようや」と泰良に声を掛け、二人は通行人をターゲットに無差別に暴行を加え、車を強奪、乗り合わせていた少女・那奈(小松)と市外へ向かう。その頃、将太は、自分をおいて消えた兄を捜しに松山へとやって来ていた……。

泰良と裕也が強奪した車に乗り合わせていた少女・那奈を演じる小松は、「私と名前が同じこの那奈は心の底から悪い女です。お芝居中はとにかく無我夢中で記憶がそんなにありません。それほど気持ちに余裕がなく、過酷なもので逃げたいと思う事も多々あった事は間違いないです。『孤独・恐怖・嫉妬・欺瞞』全くポジティブ要素が一つもない役ですが、やりがいはとてもありました。」と語った。

映画「ディストラクション・ベイビーズ」は、2016年初夏、テアトル新宿ほか全国ロードショー。
ぜひご期待ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top