shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

小松菜奈 映画「バクマン。」プレミアムイベント&完成披露試写会!

小松菜奈出演映画「バクマン。」のプレミアムイベント&完成披露試写会が9/8(火)に行われ、監督・共演者らと共に、小松が登壇した。

原作は大場つぐみと作画・小畑健のコンビにより、2008年から2012年まで漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載された「バクマン。」。
全20巻で累計発行部数1,500万部を突破する大ヒットを記録したこの作品を原作に、『モテキ』(2011年)などで知られる大根仁監督により実写映画化された。

物語は、高い画力がありながらも将来に夢を持たず平凡に生きる高校生・真城最高(佐藤健)が、秀才のクラスメイトで漫画家志望の高木秋人(神木隆之介)とコンビを組んで『週刊少年ジャンプ』での連載獲得を目指して漫画づくりに励む姿が描かれており、小松は、真城最高と高木秋人のクラスメイトで、真城が恋心を抱く声優志望のヒロイン・亜豆美保を演じる。

この日はまず、プレミアムイベントとして、一般応募の中から選ばれた600名のお客様を招待し、レッドカーペットアライバルと完成報告トークショーが行われた。同作にちなみ、本物の歴代『週刊少年ジャンプ』約5,000冊をあしらった特別ステージだ。大歓声に包まれる中、レッドカーペットを歩いて登場した小松は、「今日は雨の中、お越しいただきありがとうございます。亜豆美保役を演じました、小松菜奈です。今日は楽しんでいってください。よろしくお願いします。」と挨拶。

そして、撮影について聞かれ、「私自身の撮影はそこまでかからず、(他キャストさんの)大変な撮影があったんだと完成した映画を観て思ったり、プロジェクションマッピングはどのように撮影していたのかなど、いろいろと気になる場面がありました。」と興味深そうに感想を述べ、笑顔でトークショーを終えた。

会場を移し、試写会前に行われた舞台挨拶に登壇した小松。監督からどんな演出をされたかという質問に、「完成した映画を観て、足からなめて撮っていくシーンをこうゆう風に撮っていたんだと思いビックリしました。」と話した。その他、撮影時の様々なエピソードが語られ、笑顔で溢れた舞台挨拶は幕を閉じた。

超進化系ジャンプエンタテイメントムービーが遂に完成!映画「バクマン。」は、10/3(土)より全国東宝系にて全国ロードョー。
ぜひ劇場でお楽しみください。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top