shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

劇☆男 第6回公演「Birth」レポート!

スターダストプロモーションから生まれた俳優ユニット「劇☆男(ゲキダン)」の第6回公演「Birth」が、12/16(水)~12/20(日)シアターグリーン BASE THEATERにて行なわれた。

第6回公演となる今回は、脚本・演出に加藤真紀子さんを迎え、ゲストとして田口涼さん、鶴田亮介さん、丹野莉恩、長野凌大が出演。劇☆男としては初となるダンスやアクションを取り入れ、ヒューマンファンタジー学園ドラマを繰り広げた。

千秋楽を終え、今回の舞台を出演メンバーとゲストの丹野、長野に振り返ってもらった。

【劇☆男メンバー】
■有元啓太朗
「今回、劇☆男メンバーで取り組んだ作品Birth。ダンスやアクションなど未経験の分野に挑戦し、それぞれが今までにないくらい自分を追い詰め、時には不安を抱きながらも成長し、2015年最後に相応しい作品に出来たと思います。」

■有本大貴
「Birthではお芝居だけでなく、生きる事やこれまでの自分、これからの自分についてなどたくさんの事を考えさせられ、これから1日1日を大事に生きていこうと心から思えた作品でした。」

■石田知之
「今回は初めてヤンキー役をやらせて頂きました。僕は普段大人しい性格ですし、そういう役が割と多かったので、激しく感情を出す役を演じられて気持ちがよかったです!」

■伊藤玻羅馬
「『Birth』を応援してくださった皆様、ありがとうございました!今回、Birth=誕生ということで、新たな劇☆男の始まりということで、作品に臨みました。僕達メンバーは、ダンスやアクションはこのメンバーでやるのは初めての挑戦で、稽古から苦戦していました。ただ、僕らに今できる全てのことは、皆様の応援があり、舞台の幕が開いて全て発揮することができたと思います!!まだまだ、お話したいことはたくさんありますが、まだまだ僕達は成長していきます。これからの劇☆男を、どうか応援よろしくお願いします!本当にありがとうございました。」

■大橋典之
「アクション、ダンス初挑戦、また稽古途中参加のため9日だけという自分への挑戦、とてもいい経験になりました。冷酷非道な役でしたが楽しかったです。ありがとうございました!」

■島田惇平
「劇☆男第6回公演となるこのBirthでは、劇☆男の各々が見せた事のない顔を見せれたんじゃないでしょうか。題名の通りBirthは僕達に新しい誕生を与えてくれました。」

■高村晃平
「伝説の男…生き返った後なにしてんだろ。気になります。」

■武井駿
「今回は初めて舞台上でのダンス、アクションだったので稽古段階でも苦戦しましたが、みんなに教えてもらって作品に取り組むことが出来ました。命ある限り今出来ることがあると御観覧のお客様に伝わっていればと思います。」

■山下竜輝
「今回僕達、劇☆男は色々なことにチャレンジさせていただきました!それはダンスとアクションです。僕もメンバーみんなも大変でした。しかし、すごく勉強になりました。今年進化していく劇☆男を是非見ていただくために劇男メンバー一同がんばりたいと思います!」

■山根大弥
「今回の公演はダンス、アクションなど初めてなものもあり、劇☆男としても僕個人としてもとてもプラスになったのかなと思います。キルという役を演じさせてもらいましたが
ほんと難しかったですが勉強になりました。まだまだいろんなことに挑戦していこうと思っています。」

■結木滉星
「今回のBIRTHでは劇☆男として初の試みが多かったので戸惑いは少なからずありましたが、終わった今では達成感の方が大きいので劇☆男としても個人的にも成長できたと思います。」

【ゲスト】
■丹野莉恩
「Birthで僕は、ジーン先生という役で初めて舞台に出演させてもらったのですが、トナカイや生徒が大好きな先生で、普段の自分と似ているところがあり、演じやすかったのだと思います。これから、もっと、いろんな役に挑戦したいです。」

■長野凌大
「初めての舞台で不安もあったけど、皆さんのお陰で楽しかったです。僕の役は子供先生なので自由にできたのですが、かえってアドリブが大変だと知りました。貴重な体験をさせてもらいありがとうございました。」

今後も目が離せない劇☆男の情報は、モバイルサイト「スターダストWEB」内『劇☆男オフィシャルサイト』にて配信中!こちらも是非ご覧下さい!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top