shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

瀬田なつき 監督作品・映画『PARKS パークス』完成披露試写会!

瀬田なつき監督作品・映画『PARKS パークス』完成披露試写会が、4/4(火)テアトル新宿にて行われ、キャストらとともに瀬田が登壇した。

2017年5月に、開園100周年を迎える井の頭恩賜公園。吉祥寺の街とともに歩み、戦前からの長い歴史を通して愛されてきたこの公園を舞台に、画期的な映画が誕生した。同作が描くのは、公園の過去、現在、そして未来。50年前に作られたひとつの曲が引き金となり、1960年代の恋人たちの記憶が、2017年の吉祥寺に生きる若者たちの夢と冒険につながっていく。さまざまな人々が忘れがたい時間を共有し、やがて去っていく公園のような映画。かぎりなくオープンで自由で、祝祭の高揚感にあふれながら一抹の哀切な後味を残す、極上の青春音楽映画が完成した。

井の頭公園脇のアパートで暮らす大学生・純(橋本愛さん)の元に、突然訪ねてきた高校生のハル(永野芽郁)。遺品の手紙の差出人であるハルの父親のかつての恋人(石橋静河さん)を、ふたりは探すことになる。しかし、探し当てた恋人の家には孫のトキオ(染谷将太さん)がいて、彼女の死を告げる。だが、彼女の遺品の中に1本のオープンリールテープがあるのをトキオが発見。そこにはハルの父親たちのラブソングが録音されていた。50年前に作られたその曲は、テープの状態からか途中までしか聴くことができない。その続きを自分たちで作ろうと3人は…。

上映後舞台挨拶に登壇した瀬田は、同作について、「公園を舞台にした映画を製作したいというお話をいただいて、まずは公園を知ろうと。公園に行ったら何か物語が落ちているに違いないと思って行ったら、もう本当に落ちまくっていました。たくさんの公園の思い出を詰め込んだような話に見えるといいなということで、“PARK”に“S”を付けて『PARKS』というタイトルにして、過去、現在、未来から物語が見えてくるようなストーリーが作れればいいなと思いました。」と語った。

音楽シーンでの撮影エピソードを聞かれると、「途中までしかなかった曲を、皆で最後に一曲に完成させようというストーリーがあるんですけど、その曲をトクマルシューゴさんが作ってきて撮影前に聞きました。最初は鼻歌を歌うみたいなささやかなシーンのイメージだったんですけど、その曲がめちゃくちゃ良かったので、これはそういうシーンではなくて、もっと良いシーンにしようということで、ビデオコンテを撮ったり、他の映画の音楽シーンを参考にしたりして作ったので、ぜひその最後のシーンを楽しんでいただければと思います。」と力を込めた。

最後に、「観た方一人一人、いろいろな捉え方が出来る映画になっていると思います。観終わった後、公園や暮らしの風景が少し明るく見えると良いなと思いますし、4月なので何かスタートするきっかけとして背中を押せる作品になっていると思うので、映画館を出た後、ちょっと鼻歌交じりでスキップなどしていただけるとうれしいです。よろしくお願いします。」とメッセージを送り、舞台挨拶を締めくくった。

映画『PARKS パークス』は、4/22(土)テアトル新宿にて公開、4/29(土)より吉祥寺オデヲン、以降も立川・横浜・大阪・新潟ほか全国順次公開!
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top