shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

志保 映画「狂い華」初日舞台挨拶!

志保出演映画「狂い華」が10/14(土)公開初日を迎え、新宿シネマカリテで行われた舞台挨拶に志保が登壇した。

同作は、気鋭の映画監督・湯浅典子、井上博貴、戸田彬弘によるオムニバス映画。映画際での受賞歴、国内外でも評価の高い3名が、未知のホラーサスペンスというジャンルに意欲的に取り組み、3者3様の全く異なったコンセプトにサスペンス要素を加え、観るものを狂気に誘い込む作品を生み出した。

志保は、現実か演技か―。レンズの先から迫る恐怖を描いた、戸田彬弘監督の【ワルツ】に出演。
とある撮影隊がモキュメンタリー映画の撮影で、用意された山奥の廃屋にやってきた。
監督の狙いのため脚本は誰にも渡されておらず、「先ず最初に悲劇がおこる」という監督の言葉以外何も分からない。メイキング担当の陽子は常にカメラを回し、監督や役者の動向、インタビューを重ねていた。
気がつくとカメラマンがいなくなり、みんなはそれが悲劇と考えたが、事情を知っている監督は、予定外のことがおきていることに焦り出す。
そんななか、さらなる悲劇が……。

志保は撮影隊の一人、田中亜希を演じている。

この日、【ワルツ】からは戸田彬弘監督、主演の松本穂香さん、そして志保が登壇し、合宿状態で行われた撮影の様子を振り返った。戸田監督いわく、とても和気藹々とした現場だったようで、それを受けて志保は、「そうですね。そして撮影で訪れた場所の方々がとても優しかったです。ある日、道でみかんが売られていたので食べたいと思って買ったら、横にいた方が“これで一味を作ると美味しいよ”と言いつつ、その夜に人数分の一味を持ってきてくださいました。ほかにもご飯に連れて行っていただいたり、とても楽しかったです。」と笑顔で話すと、作品とのギャップに会場は笑いに包まれた。

また、自身が演じた役について、「会社とか学校にいたら、自分は好きにならないタイプ。しゃべり方は素なのですが、よりウザく、調子に乗っている感じを意識して演じました。監督から台本を読まないでと言われたので、出演者のみなさんもですが、自然にやりました。」と話した。

また、自身が出演した以外の【呪いうつり】、【優しい日常】に触れ、「私自身、ホラーは好きなのですが、普通のホラー映画の怖さと違いますし、それぞれ怖さのジャンルが全く違う。【呪いうつり】はリアルな人間の怖さがあり、【優しい日常】はありえないことなのですが、でもありえそうなんです。そこが怖かったです。」と自論を展開した。

映画「狂い華」は、新宿シネマカリテにて公開中。
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top