shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

吉沢太陽 映画「神さまの轍‐Checkpoint of the life-」初日舞台挨拶!

吉沢太陽出演映画「神さまの轍‐Checkpoint of the life-」が3/17(土)全国公開を迎え、新宿武蔵野館で行われた舞台挨拶に吉沢が登壇した。

同作は京都井手町を舞台に、ロードバイクに青春を捧げた若者たちが、人々とのふれあいを通し成長していく姿を描いた物語。

京都府井手町にある中学校に通う佐々岡勇利と小川洋介は、ふとしたきっかけでロードバイクに熱中していく。
どこに向かうか見えなくても、無心にペダルを漕ぎ続けることだけが、勇利と洋介にとっての未来であった。数年後、二人は再会する。勇利はプロのロードレーサーとして歩むことを決め、また社会人となった洋介はロードバイクに乗ることさえやめてしまっていた。
そこから、二人の人生は大きく変わっていくことになる。やがて、掴んだ夢に挫折してしまう勇利と、自分の夢を見つけることが出来なかった洋介の人生とが、思い出の地、井手町を舞台としたロードレース大会《ツールド KYOTO2019》で交錯する。
白熱するロードレースの中、二人の若者が選ぶそれぞれの未来とは――。

吉沢は主人公・洋介の中学生時代を演じている。

上映前に行われた舞台挨拶にて吉沢は、「本日はありがとうございます。僕は先日まで受験生で、劇中でも進路に迷う役柄。劇中で出てきた会話を(実生活の)学校でも言ったりしていて、そのリアルな葛藤や青春を感じていただきたいと思います。」とコメント。

佐々岡勇利役を荒井敦史さんと望月歩さん(中学生時代)、小川洋介役を岡山天音さんと吉沢(中学生時代)がキャスティングされたが、岡山さんの中学生時代を演じるにあたり、「家族には(岡山さんと)似てるか確認したりして。独特な雰囲気が似ていてほしいなと思いました。」と話すと作道雄監督がそれを受け、“寄せていただいていたのかもしれませんが、佐々岡勇利チームと小川洋介チームのお芝居のし方が似ていた。”と撮影を通しての感想を語った。

また、勇利が直球タイプ、洋介が少し屈折している役柄であることから、自身の性格と近い部分はあるか?と聞かれ、「僕はそういう感じではないです。」と答えつつ、望月さんと初めて会った時のことを話題にあげ、「初めてお会いする時、“初めまして、よろしくお願いします!”ってなると思うのですが、歩くんは“よろしく~”って。すごく可愛らしい人だなと思いました。」と話すと望月さんが、“(吉沢が)年下の子だから仲良くしてあげてねと言われて、自分の最大限のやさしさを出した結果がそれだったんです”と頑張った末での挨拶だったことを告白した。

この日は、撮影の舞台となった京都府井出町の方が初日公開のお祝いに駆けつけ、“今まで井出町は知名度が低いという課題があったが、映画のプロジェクトを立ち上げ、たくさんのロードバイクの方にいらっしゃっていただき、町としては急遽自転車ラックを増設するまでになった”と嬉しいニュースも届けられた。

映画「神さまの轍‐Checkpoint of the life-」は現在公開中!
ぜひ劇場でご覧ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top