shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

濱田岳 映画「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」完成披露試写会!

濱田岳声優出演、映画「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」の完成披露試写会が7/1(日)TOKYO DOME CITY HALLにて行われ、監督・キャストと共に濱田が登壇した。

同作は、昨年公開の20周年記念作品「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」からはじまった、サトシとピカチュウの新しい冒険を描いた物語。
1年に1度行われる“風祭り”で伝説のポケモン・ルギアから恵みの風をもらう街を舞台に、新しい仲間たちとの壮大なストーリーが繰り広げられる。

人々が風と共に暮らす街・フウラシティでは、1年に1度だけ開催される“風祭り”が行われていた。
祭りの最終日には伝説のポケモン・ルギアが現れて、人々はそこで恵みの風をもらう約束を、昔から交わしていたという。
ポケモン初心者の女子高生、リサ。
嘘がやめられなくなってしまったホラ吹き男、カガチ。
自分に自信が持てない気弱な研究家、トリト。
ポケモンを毛嫌いする変わり者のお婆さん、ヒスイ。
森の中で一人佇む謎の少女、ラルゴ。
偶然、風祭りに参加していたサトシとピカチュウは、5人の仲間たちと出会う。それぞれが悩みを抱え、パートナーのポケモンと一歩を踏み出せない中、みんなが出会うことで、運命の歯車が動き出す……。
ルギアとの約束は守られるのか?
そして幻のポケモン・ゼラオラの正体とは??
今、人とポケモン、みんなの友情が奇跡を起こす―。

濱田は、人付き合いが苦手なポケモン研究家・トリトの声を担当する。研究発表のため風祭りに参加しているが、自信が持てず、パートナーのラッキーになぐさめられてばかり、という役どころだ。

上映前の舞台挨拶にて濱田は、「僕が小学生の頃にポケモンが発売されて、どっぷりハマった世代なので、ポケモンの世界観に参加できるというのは鳥肌が立つほど嬉しかったです。(登壇者を見渡しながら)憧れのスーパースター軍団の中に自分がいることができて、いま幸せな気持ちでいっぱいです。」と挨拶。

リサの弟・リクを演じる中川翔子さんから、“トリトがツボ。ロールキャベツ男子というか、外見は草食系に見えつつ中身とギャップがあって。早くオトナ女子たちと語りたい”と太鼓判を押され、「そんなに評価をいただけると思っていませんでした。ロールキャベツ男子をよく分かっていないんですけど(笑)、お褒めの言葉ですよね?ありがとうございます。」と笑顔でコメントした。

その後、同作で『ひとりじゃできないことも、みんなの絆でできるようになる』ということが、大きなテーマの一つとして描かれていることにちなみ、キャストによる『ひとりじゃできないこと』をスクリーンにて発表。
濱田は、「乾杯」と回答し、「(客席の子供たちに向け)お友達のみんなは、まだ分からないかもしれないけど、おじさんになると乾杯のコップをチーンって合わせることを目標に、大変なお仕事とか乗り切れたりするんです。だから、仲間と“乾杯!”ってやりたいです。パパ、ママには伝わるかと思います(笑)。」と話した。

映画「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」は、7/13(金)公開。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top