shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

川久保拓司 舞台「ピアフ」会見&囲み取材!

川久保拓司出演舞台「ピアフ」の会見&囲み取材が8/15(水)都内にて行われ、川久保が出席した。

同作は、フランスで最も偉大な歌手として記憶され尊敬されているシャンソン歌手エディット・ピアフの激動の人生を名曲とともに綴った大竹しのぶさん主演の舞台作品。
2011年秋に初演し、2018/11/4(日)~12/1(土)の舞台で、4度目の再演を迎える。
川久保は3演目からの続投でピアフを支えるマネージャー・ルイバリエを演じる。

会見に出席した川久保は、「ルイバリエは長年ピアフに連れ添ったマネージャーという役なので、ピアフの情熱的で美しく激しい人生に振り落とされないように今回も必死についていきたいと思います。あと、改めて大竹しのぶさんが美しいなと思うので、美しい大竹しのぶさんと毎日会えるのが幸せです。」とコメント。

大竹さんの歌声について問われると、「大竹さんの歌は聴くというより、全身で感じるような雰囲気があります。風景が見えるというか、その時代の風や景色、視覚以外でも色々なものが自分に飛び込んでくるような感じです。(出演者として)今回の舞台で毎回その歌声が聴けるのは贅沢な時間です。」と語った。

舞台「ピアフ」は、日比谷・シアタークリエにて11/4(日)~12/1(土)上演。
また、エディット・ピアフが1963年10月10日に亡くなって55年となる2018年は、4度目の舞台、ピアフ楽曲のCD化、そして2019年明けにはピアフの楽曲を歌うコンサートツアーも行い、没後55周年を回想させる特別プロジェクトSHINOBU avec PIAF(しのぶ アベック ピアフ)2018-2019を実施する。
ぜひご期待ください。

■舞台「ピアフ」公式サイト
https://www.tohostage.com/piaf2018/index.html
  • はてなブックマーク

pagetop

page top