shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

渡部篤郎 スペシャルドラマ「大誘拐2018」出演決定!

渡部篤郎が、12/14(金)放送の東海テレビ開局60周年記念スペシャルドラマ「大誘拐2018」に出演することが発表された。

同作は、週刊文春「20世紀傑作ミステリーベスト10」の第1位、1991年には映画化もされた天藤真『大誘拐』のドラマ化。100億円の身代金をめぐるスケールの大きな衝撃のエンタテインメントで、同作では舞台を新たに東海地方に移し、スペシャルドラマとして昭和の名作を描く。

渡部は、愛知県警の刑事・井狩大五郎を演じる。数々の事件を解決してきた名刑事であり、としこ誘拐事件の指揮を執る。警察組織の在り方に疑問を持ており、上層部との板挟みに苦悩するという役どころ。

同作出演に渡部は、「(主演を務める)岡田将生は私の大好きな俳優です。彼の作品は毎回楽しみに見ています。年齢は随分離れていますが、彼から学べる事もあり、俳優として尊敬しています。共演を心待ちにしていました。最高のエンターテイメントを作りたいと思います。」とコメントを寄せた。

東海テレビ開局60周年記念スペシャルドラマ「大誘拐2018」は、12/14(金)19:57~21:55放送予定。ぜひご期待ください!

【ストーリー】
愛知県に住む、日本有数の大富豪・柳川とし子(富司純子)が 誘拐された。
誘拐犯は3人組。リーダー格は元ヤクザで刑務所から出所したばかりの若者、戸並健一(岡田将生)だ。メンツをかけて捜査に乗り出す愛知県警。たたき上げの刑事、井狩大五郎(渡部)に陣頭指揮が任された。
届いた犯人側の要求は「身代金100億円」。さらに「記者会見を開いて身代金への返答をしろ」。 記者会見に臨んだ井狩は毅然とした態度で告げる、「100億円の要求は法外だ」と。
前代未聞の金額に、誘拐された大富豪・とし子の親族はうろたえ、記者会見によって、事件は広く世間に知れ渡ってしまう。凶悪な犯罪者による大胆不敵な誘拐事件。日本中の誰もがそう思い注目した。まさに空前の「大誘拐」だ。
そして犯人側の要求は続く。 「とし子の全財産を整理して、100億円はすべて現金で用意しろ。」「100億円の引き渡しをテレビで生中継せよ。」SNSやメディアを活用した“劇場型”だ。
井狩を筆頭に、現代のハイテクを駆使して捜査する警察組織。一方、その裏で繰り広げられるのは、 健一をリーダーとする誘拐犯3人組と大富豪・とし子との知られざるストーリー。
手に汗握る駆け引きの末に迎える、衝撃の結末!刑事・井狩が最後に見たモノとは そして、健一率いる誘拐犯たちがたどり着く場所とは!?

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top