shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

夏帆 「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM 2018」新作製作発表会!

夏帆が11/15(木)都内で行われた「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM 2018」新作製作発表会に出席した。

「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM」は、カルチュア・エンタテインメント株式会社と株式会社TSUTAYAが主催し、プロ・アマ問わず映像化可能な企画を募り映像を創り出すクリエイターを発掘、製作からレンタル・販売・配信までを総合的に支援するプログラム。この日は「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM」で2016年度審査員特別賞を受賞した箱田優子監督作品「ブルーアワーにぶっ飛ばす」(原題:ブルーアワー)の映画化が発表され、同作で主演を務める夏帆、共演のシム・ウンギョンさん、そして箱田監督が新作製作発表会に登壇した。

30歳の砂田(夏帆)は、東京で働くCMディレクター。仕事にも人生にもぼやいてばかりな日々を過ごしている。そんなある日、祖母の見舞いに行くため、砂田は自由奔放な友人・清浦(シム・ウンギョンさん)と共に、大嫌いな地元・茨城へ帰ることにー。

箱田監督の印象を聞かれ夏帆は、「私が勝手に思っているだけかもしれませんが、初めてお会いした時に私と箱田さんはすごく似ているなと。箱田さんの物を見る視点とか感覚がすごく共感できて、この監督なら一緒に闘えると思いました。」と話すと箱田監督も同感の様子。

クランクインするまでの間、リハーサルを含め、多くの時間をかけてコミュニケーションを取ったとのことで、「私は初めてロケハンに参加しました。監督の実家に行って、監督のご両親にご挨拶をして、監督の地元を周りました(笑)。」と明かした。

また自身が演じた砂田について、「砂田が本当に大好きで、自分なのか砂田なのか分からなくなるくらいでした。このお話しをいただいた時に、今自分が一番やりたかった役にやっと巡りあえたと思ったんです。私も10代から仕事をしていますが、そんな役に巡りあえるってそうそうないことですし、だからこそ自分の全てをさらけ出すつもりで挑もうと撮影に臨みました。」と思いを語った。

映画「ブルーアワーにぶっ飛ばす」は2019年公開予定。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top