shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

七木奏音 舞台『体内活劇「はたらく細胞」』開幕!

七木奏音出演舞台『体内活劇「はたらく細胞」』が11/16(金)シアター1010にて開幕した。

同作は、シリーズ累計発行部数300万部突破、TVアニメ化もされた大人気「体内擬人化」漫画の舞台化。

人間の体内におよそ37兆個あるといわれている細胞たち。
白血球、赤血球、血小板、マクロファージ、記憶細胞、キラーT細胞、NK細胞、B細胞、マスト細胞etc…。
私たちの生命維持のために酸素を運んだり、体内に入ってきた細菌・ウイルス・異物には徹底抗戦!
そんな彼らには知られざるドラマがあって…?

七木は体の隅々の細胞へ酸素を運び、肺へ二酸化炭素を送る・赤血球を演じる。

開幕直前に会見が行われ、「ついにこの日が来ました。とにかく皆さんに観ていただきたかったので、すごく楽しみにしています。」と初日を迎えた心境を語った七木。

自身が演じる赤血球の見どころを、「赤血球は酸素を運ぶ役割がありますが、私が演じる赤血球はとにかく迷子になるので、その可笑しな感じを精一杯出せたらと思っています。」と話した。

さらに、赤血球のビジュアルについて、「衣裳さんもメイクチームさんも素敵にしてくださって、ポイントである髪の毛のハネた感じもきちんと保っています(笑)。他のキャラクターもですが、“好きだな”って思いました。」と愛情たっぷりに語った。

稽古中でのエピソードを聞かれ、「血小板役の子供たち3人が稽古場に居るだけで心の支えになっていたというか、幸せを感じていました。学校との両立で頑張っているし、きちんと挨拶もしてくれるし、とにかく癒されていました。」と振り返った。

そして最後に、「知ってる細胞さんがいるとか、この細胞知らなかったとか、とにかくみんなで楽しめる作品になると思います。勉強になるお話しでもあるので観て良かったなと思って、元気になって長生きしていただけたら嬉しいです。頑張ります!」と笑顔でメッセージを送った。

舞台の上だけではなく、客席も含めた劇場全体を“体内”に見立て、細胞チームと細菌・ウイルスたちのバトルシーンや体内に起こる異変の表現などを演出。キャストと観客が一緒に作り上げる舞台、『体内活劇「はたらく細胞」』は11/25(日)までシアター1010で上演。
ぜひ劇場でお楽しみください!

◆サービス残業(アフタートーク)情報!
11/19(月)14:00の回/和田雅成・君沢ユウキ・山田ジェームス武・戸谷公人・太田将熙・川隅美慎・正木郁 &MC髙木俊
11/21(水)14:00の回/七木奏音・茉莉邑薫・平田裕香・甲斐千尋 &MC髙木俊
11/23(金・祝)14:00の回/和田雅成・増田裕生・馬場良馬・富田翔 &MC髙木俊
※予告なく変更になる場合がございます。
(敬称略)

◆千秋楽ライブ配信決定!
日時:11/25(日)開演15:30
販売価格:2,700円(税込)
詳細:https://gyao.yahoo.co.jp/special/25stage/

◆Blu-ray&DVD発売決定!
発売日:2019/3/27(水)
Blu-ray価格:9,800円(税抜)
DVD価格:8,800円(税抜)
仕様:完全生産限定版:三方背、デジケース
特典:特典DVD:サービス残業(アフタートーク)3公演分の模様を収録!ほかバックステージ映像、メイキングなど収録予定
封入特典:特製ブックレット

◆公式サイト
https://hataraku-saibou.com/butai/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top