shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

本田翼 ドラマスペシャル「東野圭吾 手紙」出演決定!

本田翼が、12/19(水)放送のドラマスペシャル「東野圭吾 手紙」(テレビ東京系)に出演することが発表された。

同作は、発行部数 250 万部を超え、映画化、舞台化もされている人気作家・東野圭吾さんの代表作『手紙』のドラマ化作品。犯罪加害者の弟となってしまった主人公・武島直貴が、周囲の差別や偏見に苦しみながらもやがて自分の家族を持つまでの軌跡を、劇中で交わさ れる兄弟の手紙を通して、丁寧に描く。

本田は、直貴を支え続け、のちに妻となる白石由実子役を演じる。

原作の感想について本田は、「ドラマ出演のお話をいただく前から原作は好きで読んでいましたし、映画も見ました。犯罪者の家族というだけで迫害を受けてしまう現実を突きつけられたり、周りにそういう状況に置かれた人がいたら自分は普通に接することができるだろうかなど、人があまり考えたくない部分の問題提起をしているので、シンプルですが、とても考えさせられる作品だなという印象を持っていました。」とコメント。

同作出演のお話を聞いたときの気持ちについて、「ドラマは映画よりも現代風に描かれているのですが、時が経っても、現代でも起こりうることを作品にすること自体に意味があるというか、差別されている側(加害者家族)からの視点のストーリーをプライムタイムで放送するというのは、かなり挑戦的だなと思いました。でも自分が原作を読んだ時に考えさせられたように、この作品はきっと視聴者の皆さんにとって自分の価値観をもう一度見つめなおすきっかけになると思うので、このような作品に参加できて嬉しかったです。」と語った。

自身から見て、由実子はどんな人物ですか?という質問には、「辛い過去はあるけど、それを絶対周りに悟らせない女の子。過去を認めつつ、そのうえで自分らしくしっかり生きている女の子だなと思いました。直貴に対しては、闇を抱えて自分と同じような経験をした彼を、初めはただ助けたかった。その一方で、一目惚れに近い恋愛感情も持っていたんだと思います。直貴と一緒に生きていくと決意するのも本当に大きな決断だと思います。迫害を受けることも覚悟のうえで、それでもこの人と生きていきたいという強い気持ちを持っている。意思が強く、生き様がかっこいいですよね。言い方を変えれば頑固とも言えるかもしれませんが…私にも似た部分はあるかもしれないです。」と明かした。

また、由実子役を演じるうえで心がけていたことは?という質問に、「今回、初めて母親役を演じさせていただいたのですが、そこが一番の悩みどころでした。娘がケガをするシーンでは、6 歳くらいの子どもの母親はどう対応するんだろう、もっと焦ったりするのかなと自分なりに考えて演じたのですが、本当に難しかったですね、想像するしかなかったので。だからまずは娘役の織音ちゃんにお母さんと思ってもらえるよう信頼関係を築きたいと思い、現場にいる時はできるだけ一緒に過ごすようにしました。でも私、子どもは好きなのですが、今まであまり絡む機会がなく、知り合いに小さい子がいないので、遊んだこともほとんどなかったんです。だから実際遊ぶとなるとどうしていいか…改めて母は強いな、母に感謝!と思いました。」と語った。

主演を務める亀梨和也さんとの共演については、「初共演だったのですが、夫婦としてどう演じようかとか、夫婦はこんなふうに話すのかなとか想像しながら会話する中で、無邪気な部分が垣間見えたり、あと合い間で新聞を読んでいらっしゃったりしていたので、私がそれまで抱いていたイメージとは違いました。」と話した。

最後に視聴者の皆様へ、「いろんな情報がたくさん拡散している時代に、何かを考えるきっかけだったり、1 つのことに対して深く考えさせてくれる作品だと思うので、ぜひドラマを観ていただき、共に考えてもらえたらと思います。」とメッセージを送った。

ドラマスペシャル「東野圭吾 手紙」は、テレビ東京系で12/19(水)21:00~放送!
ぜひご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top