shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

北村匠海 映画「十二人の死にたい子どもたち」出演決定!

北村匠海が2019年1月公開の映画「十二人の死にたい子どもたち」に出演することが発表された。

同作は、「天地明察」、「マルドゥック・スクランブル」のベストセラー作家・冲方丁氏による同名小説の映画化で、集団安楽死をするため廃病院に集まった未成年12人による密室サスペンス。
メガホンをとるのはドラマ「池袋ウエストゲートパーク」「SPEC」シリーズで数々の若手俳優を発掘し続けてきた堤幸彦監督。巧妙なトリックと心理描写、独自の映像センスで数々の大ヒットサスペンス映画を手掛けてきた堤監督の元、12人のキャスト陣が全く新しい「新感触・密室サスペンス」を繰り広げる。

集団安楽死をするために集結した12人の未成年。
彼らの目的を阻むのは、ルール違反の13人目の死体だった。
剥き出しになる12人の死にたい理由と、同時進行する犯人捜し。
新感覚のリアルタイム型・密室ゲームがスタートする。

北村は安楽志願者12人の1人で、18歳・高校3年生、爽やかな青年で学校の人気者・ノブオを演じる。

映画「十二人の死にたい子どもたち」は2019年1月25日(金)公開。
ぜひご期待ください!

■北村匠海コメント
―台本を読んだときに感じた感情とその理由
「タイトルのインパクトから入り、この物語をこのメンバーでやれることがとても嬉しかったです。選択することの自由みたいなものを改めて考えました。」

―もし、自分がこの集団安楽死というミッションに参加することになったら、どうなると思うか(集団安楽死を全うする / 殺されてしまうかも / 生きのびる)
「僕は全うしたい。自分の選択した意思には、負けたくないから。」

  • はてなブックマーク

pagetop

page top